スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Public Enemies

Posted by みら on   4  0



Public Enemies (2009)

Michael Mann

#From award-winning director Michael Mann (Heat, Collateral) comes the film inspired by one of the country's most captivating and infamous outlaws ― John Dillinger.

Johnny Depp stars as the charismatic and elusive bank robber marked by the FBI as America’s first "Public Enemy Number One." Academy Award® winner Marion Cotillard plays Billie Frechette, the only woman capable of capturing his heart. Hunted relentlessly by top FBI agent Melvin Purvis (Christian Bale), Dillinger engages in an escalating game of outrunning and outgunning the FBI, culminating in an explosive, legendary showdown. [Public Enemies]


というわけで、「パブリック・エネミーズ(Public Enemies)」。
私の日本でのシネコン・デビューともなりました。

英国を離れてから、(TV以外では)しばらく映画を観ていなかったので、禁断症状がどどんと発生(*映画観てないとだめな人。>あたし)。そういう意味では、救いの「Public Enemies」(←なんだか違う気もするが…笑)でした。
なので、映画自体には酷評も多いみたいだけれど、個人的には「観られてうれしい~」という砂漠の中のオアシス的な感覚で楽しめました。(←だから、それは違うんだってば…笑)。

…で、映画。
140分は、全然長く感じられませんでした。これはやっぱり、ジョニー・デップの演技の抜群さのおかげなんじゃないか…と。
ただ、全体として見ると、なんかこう「こんぶだしが足りない!」みたいな…。「見た目も器も麺の感じもすごく好きで、かなり美味しいラーメンだったのだけど、あぁ、これでもっとだしに深みがあったらなぁ…」という後味でございました。(なんだか変なたとえですが。)

自分としては、ジョニー・デップ(Johnny Depp)よりも、やはりクリスチャン・ベール(Christian Bale)目当てで行ったところが大きく、ただ、役柄(Melvin Purvis)と言ってしまえばそれまでなのだろうけど、クリスチャン・ベールはあまりにも一面的で、少々面白みに欠けました。残念。んと、ベール様は見ているだけでも美しいんですがね。でもそれではちと物足りなかったかな…。はい。
意外だったのは、これまでそんなに魅力を感じなかった、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)が、結構良かったこと。最後は、その美しさも強調されて、ぐらっときちゃいますね。

…というわけで、まずまず。

そうそう。日本の映画館でのシネマ・アド(Cinema Advert)は、変な子供っぽさ(甲高いおこちゃま声とか妙なアニメとか)に、こけました。たまたま運が悪かっただけなのかもしれませんが…。
だからって、英国のんが全部良かったってわけでもないのだけれど、でもくだらない中にも「おお、また見たい」って思うAdも多かったし、これも慣れの問題なのでしょうかね。

でも、一番恋しく思ったのが、UKのOrangeのCinema Adですね~。
あれがないと、映画がはじまる気がしないもんなぁ。笑
Orangeシリーズも結構たくさん変わったし、映画観るたびに毎回楽しみにしてきましたが、いまだに印象に残っているのは、このあたりかな?

>> John Cleese
>> Darth Vader
>> Snoop Doggy Dogg
>> Patrick Swayze

スポンサーサイト

Fワードがいかに不謹慎な言葉かの証明

Posted by みら on   2  0

クリスチャン・ベール(Christian Bale)の暴言事件(>> クリスチャン・ベール怒る)、その後メディアが勝手にいじって、多方面に発展しているようですが(>> Christian Bale rant: Best of the mash-ups and spoofs)、今日、クリスチャン本人の謝罪のニュースが流れました。
米Los Angelesベースのラジオ、KROQ内の番組での電話インタビューにおいて、本人が正式に謝罪したそうです。

やはり、役(ジョン・コナー)に入れ込みすぎていたことと、邪魔されたそのシーンが、映画の中でも重要なシーンであったことが、怒りの理由だったそうです。
やっぱりね。

"I completely mixed up fact and fiction, I'm half John Connor, I'm half Christian there."
>> Actor Bale speaks out over rant (BBC)


ほんと、こういう役者さんなのだから(>クリスチャン)、こんな内部のテープを流しちゃうスタッフ(だか誰だか)のほうが卑劣なんじゃないか…と。はい。

ところで。
この暴言のニュースは、BBCの朝番組、「BBC Breakfast」でも取り上げられましたが、ここで大失態が…。
生番組なんですが、編集ミスで、クリスチャンの暴言のうちの「Fワード」がそのまま放送されてしまったんですね。しかも時間は、朝の7時!(正確には、6:55am)。
実はこの番組、うちでも通学・出勤前にいつもつけておくものなので気になったのですが、このシーンがYouTubeにもアップされてました。「Fxxxxxx」とそのまま流れてしまったときの、スタジオ内の悲鳴のようなものも入っていて、慌てぶりが目に浮かびます。
司会のチャーリーとスザンナの謝罪も念入りです。
>> BBC says sorry over Bale's unedited swearing (The Independent)

再び、自己責任でどうぞ(↓)。



この「Fワード」は、もっとも"offensive"な、スウェア・ワード(Swear Word)のひとつに入り、テレビ番組でも、夜9時前は使用禁止か、ピー音入りになります。日常会話でも、品性を疑われるだけでなく、相手を非常に不快にする言葉ともなるので、要注意です。(本気で喧嘩を売りたい場合は別ですが。)

「スウェア・ワード(Swear Word)」というと、日本語では、「罵り語」とか「汚い言葉」「下品な言葉」と解される場合が多いですが、それ以上に強い意味があることを、どうぞお忘れなく…です。
映画では普通に出てくるし、ヒュー様(笑)も映画内ではしょっちゅう使ってるし、日常の「強調語」と勘違いされてしまう方もいらっしゃるようですが、いえいえ、絶対に使うべきではない言葉です。

では、もっとも無礼で不愉快で最悪と言われる「Swear Word」はなんでしょう?
(…って、私も、何書いているんだか…。w)

クリスチャン・ベール怒る

Posted by みら on   4  0

彼がどんな人間であろうと、やはり役者として好きなんでね(←危ないファン心理)、今日かなり大きくニュースになっていた「これ」もチェックしてきてしまいました。
>> Star Bale 'taped in angry rant' (BBC)

えっと、YouTubeを貼ろうかと思ったのですが、未成年の方もいらっしゃるでしょうし、やはり汚いものは汚い(>言葉)ので、興味のある方は自己判断でこちらへどぞ。
>> Christian Bale goes ballastic (YouTube)

スクリプト付(笑)がよろしい場合ははこちらへ。
>> Christian Bale rant: Full transcript (Telegraph)


(*写真は、「The Independent」より)



というわけで。
今春公開の「ターミネーター・サルヴェーション(Terminator: Salvation)(T4)」の撮影現場での出来事。(去年の7月、ニュー・メキシコにて)
ジョン・コナー(John Connor)役のクリスチャン・ベール(Christian Bale)と妻ケイト役のブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)(←*ロン・ハワード(Ron Howard)監督のお嬢様ですわなぁ…)の一シーンを撮影中に、シネマトグラファー/Director of Photography(撮影監督)のシェーン・ハールバット(Shane Hurlbut)さんが、背景に入り込んでしまったことに大激怒したクリスチャンが、怒りのFワードを連発して氏を罵倒。
この、異様な怒りを発している音声テープが、ゴシップ・サイトのTMZにリークされ、一気に世界を駆け巡り、ニュースになってしまった…というわけです。

しかもこの出来事は、去年のロンドンでの逮捕劇(>> クリスチャン・ベール逮捕 !?)の数日前だった…ということで、「ベール、何様?」って批判の意見多しでした。

…で、問題発言(↑)聞きましたけど、私としては、「So!?」な感じでした。なんだか台詞を読み上げているような単調なスウェア・ワード連発で、「誰か止めたってよ」って具合。
クリスチャン・ベールは、ウェールズ出身のイギリス人ですが(でもウェルシュではない)、罵倒のアクセントにイングリッシュ・アクセントとアメリカン・アクセントが入り混じっているのが、おもしろいなぁ…と思ったりして。
こういった現場で、クリスチャンも役入れし過ぎてたら、こんなことが起こっても不思議じゃないよなぁと淡々と聞いちゃいましたが、ひとつ、おもしろい記事発見。

ガーディアン(Guardian)ですが、「これで監督が、バットマン(Batman Begins/The Dark Knight)のクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)だったり、レスキュー・ドーン(Rescue Dawn)の、ヴェルナー・ヘルツォーク(Werner Herzog)だったりしたら、(怒りも事態も)ここまでは加速しなかっただろうし、明らかに、(今回のターミネーターの監督の)McGがなめられているってことなんじゃないか」…と。
なるほど、なるほど。
もともと出演を渋っていたベール。
この一件で、「今度のターミネーターは、結局は"Charlie's Angels"(←McGの代表作)風駄作に終わるんじゃないのか?」って意見もあるそうですが…。
さもありなん。
>> Christian Bale's rant is more embarrassing for McG (Guardian)

>> Director defends Bale over four-letter tirade (The Independent)


ええーっと。
クリスチャン・ベールでも、まさか「ターミネーター」までは観ません。私も(笑)。
T2で卒業しました。

…T2といえば、懐かしいもの、見つけてしまいました。



Why so serious?

Posted by みら on   7  0

実は誕生日でございました。(9月14日)
…で、息子が贈ってくれたのが、このチケット(↓)と、観る時間。





ここ数週間、仕事で忙しい日が続いてしまい、もしかしたら劇場では無理か?と、ひとり嘆き悲しんでいたので、気の利いた息子に感謝。
行ってまいりました。>The Dark Knight





レビューは、上手な方が既にたくさん書いてらっしゃるので割愛。
観終わって、しばらく椅子から立ち上がれず、身体も心もブラックホールにぶっ飛ばされたような状態。
壮大。圧巻。


もちろん目当てはクリスチャン・ベール(Christian Bale)でしたが、前作「Batman Begins」を胸に抱えていくと、これは見事に裏切られ、「Batman Begins」なんて、ただの伏線に過ぎず…じゃん。ということに。
「The Dark Knight」を「ダークナイト」に仕上げているのが、やはりヒース・レジャー(Heath Ledger)。
ここまでThe Jokerになり切ったら、やっぱり死に引き込まれるか…と、スクリーンを見ながら悲しいまでに納得してしまい、それがダブルにブラックホール。
The Jokerも自身で言っているでないか。


Y'see, madness, as you know, is like gravity. All it takes is a little...push.




しかしこの映画、おそろしいのは、これがスケールこそ違え、現実社会でも起こり得る「悪」なんだってことでしょうかね。
正義?悪?その境界はどこなんだ?っていうのは、隣を見ればすぐそこで起こっているわけで、さらにブラックホール感倍増。


イギリスでのこの映画のレーティングは「12A」ですが、12歳に見せるにはあまりにも暴力的過ぎる…と、若者のナイフ犯罪が多発するこの国で、かなり強く批判されたのは記憶に新しい。
それもやはりわかるぞ…と。だって、誰でもジョーカーになれる国だもん。特にこんな台詞のあとでは、ね。(とか言って、DCじゃなくてMarvelファンの12歳の息子と一緒にいったのは私です。すみません。)


Do you wanna know why I use a knife? Guns are too quick. You can't savor all the... little... emotions. In... you see, in their last moments, people show you who they really are.




しかし、興行成績を最大の正義と感じる配給会社には、今後ナイフ犯罪の予備軍となり得るかもしれない子供たちの心理や問題を、考慮する時間などないわけですわ。(これは、過剰なまでの暴力的ゲームを子供向けに発売し続ける会社とも似通ってますけど...。)

そこに、善とか悪とか、因果関係とかを定義するのは間違いでしょう。
結局、判断は子どもたちひとりひとりに委ねられるわけですもんね。


ところで。
世間に過小評価されている俳優ふたり(by みら)といえば、クリスチャン・ベールとアシュレイ・ジャッド。
どうだろう?

クリスチャン・ベール逮捕 !?

Posted by みら on   2  0

この夏の最大の楽しみといえば、「The Dark Knight」.
私など、2005年の「Batman Begins」以来、ずっと待ってたくらいだし(笑)、またまたポスターももらってきちゃったし(感謝!> G)、この町に来るのはかなり遅いけど(orz)、これさえあれば、寒い夏もこわくない(嘘)。
>> Batman Begins


米での興行成績もかなりのものだそうで、最近はレビューチェックに余念がありませんが、やはりこの映画、話題になっているのは、亡き(号泣)ヒース・レジャー [Heath Ledger] と、名優、マイケル・ケイン [Sir Michael Caine]。
うちの息子にしても、この映画に付き合ってくれるのは、「The Joker、最高!」だから......とのこと。orz


でも、いいのさ、いいのさ。腐っても主役。いずれ、クリスチャン・ベール [Christian Bale] の話題にもなるだろう…と思っていたところへ飛び込んできた見出し。

*クリスチャン・ベール逮捕!
なぬっ!??

とはいえ、4時間の事情聴取のみで釈放されたそうですが、逮捕理由の「殴りかかった(...のかなんなのかは謎)」相手が母と姉っていうのは、なんだか事情ありげ。

>> Batman actor Christian Bale released after assault allegation arrest (Telegraph)
>> Batman star bailed over 'assault' (BBC)

「The Dark Knight」のロンドン・プレミエのため滞在していたドーチェスター(Dorchester Hotel)にて、日曜日に"事件"は起こったそうで、かなりの家庭的事情な模様。「被害者」の母と妹は口を閉ざしているし、クリスチャン自身も、暴行(?)を否定しているらしいです。

そんなわけなので、出てくるのは、彼の生い立ちを追ったこんな記事。
>> Christian Bale: Boy from the circus who was a star at 13 (Daily Mail)

ふううむ。ほしかったのはこういうプライベートな話題じゃなかったんだけどなぁ。

I'm Not There

Posted by みら on   0  0

...というわけで、話題になっていた「I'm Not There」を観てまいりました。
ボブ・ディラン(Bob Dylan)とケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)が好きな夫をだまして連れて観に行きましたが、私の目的はただひとつ。クリスチャン・ベール(Christian Bale)。単純ですね、ええ。

で、こういう単純な目的で行ってしまうと、135分がジゴクになります。
下調べもボブ・ディランの予習もせずに行ったので、クリスチャン・ベール(Jack Rollins役)との絡みで出てきたジュリアン・ムーア(Julianne Moore)も、隣で夫が、「ジョーン・バエズ(Joan Baez)か...」と呟かなかったら、おそらくわからんかったんでないか...と。情けない。orz (このあたりの時代とこの手の音楽は、ほんと、全然だめなんですよ、あたし。←一応、言い訳)

ボブ・ディランと、こういったタイプの映画が好きな方にはたまらない作品ではないかと思います。彼のバイオや楽曲との伏線もバリバリだそうなので...。
実際に評価も高いですしね。
ただ、夫のようなディラン好きでも、「怠惰!監督はディランをほんとにはわかってないんじゃないのか?勘違いも甚だしい。つまらん!」と斬って捨てるのもいるので、ま、好みの問題でもあるのでしょうけど。

あまりにも退屈だったので(笑)、途中からは、「このシャーロット・ゲーンズブール(Charlotte Gainsbourg)を見てると、"21 Grams"を思い出すよなぁ」とか、「ひょ~、ブルース・グリーンウッド(Bruce Greenwood)と、こんなところで会えるとは~」とか、全然違うほうばかり見ていましたが、当初の目的のクリスチャン・ベールにはまったく納得いきませんでした。ブランシェットには脱帽しましたが、でもそれでもどうしても違和感。
6方面からディランをとらえる...というのは、非常に興味深い描き方ではありますが、しかしこんな風に表面的には描写できないのが、ディランのディランたるゆえんか...って感じがしましたです。

そうそう。私だけかもしれませんが(笑)、ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)(←Coco Rivington役)が、ついついシエナ・ミラー(Sienna Miller)にかぶってしまったのは、ふたりとも同じ女性を演じていたからですかね。

(日本未公開なので、一応隠しますが...↓)

Rescue Dawn

Posted by みら on   2  0

Rescue Dawnクリスチャン・ベール(Christian Bale)の「Rescue Dawn」プレス・キットを友人にもらって、うはうはで家に帰って来て(←バカ)ブログを開いてみたら、不思議な検索ワードが突然に増加してました。
「ラクチュコピコリン」

そういえば去年、書いてましたっけ。>> 禁酒とラクチュコピクリン(5/29)
あくまでものどかな(そして全然関係ない)牛とともに…。orz

…と同時に、Luigi様より、非常に興味深いリンクもいただいたので、改めてアップさせていただきます。
>> レタスと睡眠(長村洋一氏)
おおっ、そういうわけだったのですね。
ニュースにもなってました。
>> あるある大事典、98年「レタスで快眠」も改ざん(読売新聞

いぎりすせいかつ」のchichiさんが書いてらっしゃいますが、「納豆問題(?)」はこちらでも記事になったんですよね。
>> 納豆騒動イギリスでも新聞記事に

確かに、納豆で痩せられたら肥満はなくなるだろうし、レタスで眠れたらハルシオンも要らなくなるわけですよ。
…というわけで、軽い風邪から癌まで、「これが効く!」っていう情報にはあまり頼らなくなっていますが、(…というか私の場合、「うひょ!」っと飛び付いても1週間くらいで飽きるんですけどね。ええ、B型ですから、はい)、それにしてもすごかったみたいですね。>納豆
私は逆に、納豆が必要以上に食べたくなってしまって(号泣)、しばらくうらみましたよ。ええ。別の意味で…。笑

…というわけで、またしても何の脈絡もないタイトルと写真にて失礼いたしました。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。