スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Public Enemies

Posted by みら on   4  0



Public Enemies (2009)

Michael Mann

#From award-winning director Michael Mann (Heat, Collateral) comes the film inspired by one of the country's most captivating and infamous outlaws ― John Dillinger.

Johnny Depp stars as the charismatic and elusive bank robber marked by the FBI as America’s first "Public Enemy Number One." Academy Award® winner Marion Cotillard plays Billie Frechette, the only woman capable of capturing his heart. Hunted relentlessly by top FBI agent Melvin Purvis (Christian Bale), Dillinger engages in an escalating game of outrunning and outgunning the FBI, culminating in an explosive, legendary showdown. [Public Enemies]


というわけで、「パブリック・エネミーズ(Public Enemies)」。
私の日本でのシネコン・デビューともなりました。

英国を離れてから、(TV以外では)しばらく映画を観ていなかったので、禁断症状がどどんと発生(*映画観てないとだめな人。>あたし)。そういう意味では、救いの「Public Enemies」(←なんだか違う気もするが…笑)でした。
なので、映画自体には酷評も多いみたいだけれど、個人的には「観られてうれしい~」という砂漠の中のオアシス的な感覚で楽しめました。(←だから、それは違うんだってば…笑)。

…で、映画。
140分は、全然長く感じられませんでした。これはやっぱり、ジョニー・デップの演技の抜群さのおかげなんじゃないか…と。
ただ、全体として見ると、なんかこう「こんぶだしが足りない!」みたいな…。「見た目も器も麺の感じもすごく好きで、かなり美味しいラーメンだったのだけど、あぁ、これでもっとだしに深みがあったらなぁ…」という後味でございました。(なんだか変なたとえですが。)

自分としては、ジョニー・デップ(Johnny Depp)よりも、やはりクリスチャン・ベール(Christian Bale)目当てで行ったところが大きく、ただ、役柄(Melvin Purvis)と言ってしまえばそれまでなのだろうけど、クリスチャン・ベールはあまりにも一面的で、少々面白みに欠けました。残念。んと、ベール様は見ているだけでも美しいんですがね。でもそれではちと物足りなかったかな…。はい。
意外だったのは、これまでそんなに魅力を感じなかった、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)が、結構良かったこと。最後は、その美しさも強調されて、ぐらっときちゃいますね。

…というわけで、まずまず。

そうそう。日本の映画館でのシネマ・アド(Cinema Advert)は、変な子供っぽさ(甲高いおこちゃま声とか妙なアニメとか)に、こけました。たまたま運が悪かっただけなのかもしれませんが…。
だからって、英国のんが全部良かったってわけでもないのだけれど、でもくだらない中にも「おお、また見たい」って思うAdも多かったし、これも慣れの問題なのでしょうかね。

でも、一番恋しく思ったのが、UKのOrangeのCinema Adですね~。
あれがないと、映画がはじまる気がしないもんなぁ。笑
Orangeシリーズも結構たくさん変わったし、映画観るたびに毎回楽しみにしてきましたが、いまだに印象に残っているのは、このあたりかな?

>> John Cleese
>> Darth Vader
>> Snoop Doggy Dogg
>> Patrick Swayze

スポンサーサイト

37°2 le matin

Posted by みら on   0  0

Jean-Hugues Angladeについて語る(ドイツ語の)ページに誘ってくれたドイツ人からのメールを、しばらく開かずにいた別inboxで発見し(遅過ぎ)、思い出したのが、「Betty Blue(37°2 le matin)」。
これもフランス語にのめり込んでいたときに観たものですが、(当時はフレンチ映画が9割、他、1割の生活でした。)もしかしたらいまだに一番好きかも。
Jean-Hugues Angladeにも、一気に傾きました。笑

このエンディング・シーン(↓)は何度見てもすばらしい。
Gabriel Yaredの曲も合っていました。彼は、「Das Leben der Anderen」でもサウンドトラック担当でしたね。




Les Parapluies de Cherbourg

Posted by みら on   10  0

「女が30を過ぎて、若さを保とうと思ったら、顔か下半身か選ばないと」…と言ったのは、カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)だそうですが、やはり頬が(無理なダイエット等で)こけているより、ふっくらしていたほうが若く見られる…という統計結果が出たそうです。
>> The secret of ageing beautifully (Telegraph)

ほかにも、「日焼け(極端なアウトドア派)」「タバコ」「飲酒」は、年を取ってから顔に覿面に表れて、それから「離婚」と「抗欝薬」(anti-depressant medication)の常用も、顔を老けさせる要因になる…ということだそうで、「ま、別に統計とらんでも…」と思わなくもないですが、ストレスが一番の大敵なわけですね。

とはいえ、上に記事中でも締めくくってありますが、ストレスにのまれてそれを「老い」として顔に出すか、ストレス越えて、その苦難を美と年輪に変えていくかで道が分かれる…ってことになりますよね。

私は、国籍、年齢、性別、ストレスの有無問わず、口角が上がっているか下がっているかで決まりかなぁ…と思うのですが、いかがでしょう。

ところで、カトリーヌ・ドヌーヴといえば、私は「シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)です。この世にこんなに美しい人が存在するのか…と、大学時代にはじめて見て驚愕。
当時、フランス語の教材用に様々なフランス映画を見ていたのですが、これはわかりやすいフランス語で、見たまま(聞いたまま?)頭に入ってくるので、思い出に残っています。非常に切なくて美しい映画でしたよね。

…で、YouTubeで探してみたのですが、20年前に感動したエンディングを改めて見て、「変わらず美しいけど、でもやっぱりいきなり歌い出されると、なんだか困る」と違和感(笑)。
日本で、製作45周年記念特別企画でデジタルリマスター版が上映されているそうですが、ネタバレでもOKな方は、どぞ。



ドヌーヴは、その後「8 femmes」と「Les Temps qui changent」を観て、なんとなくもういいかなぁ…と。美しいことには変わりないのだけれど、やはり昔の感動はそのままラップして保存しておきたい…という変な心理です。

Sliding Doors

Posted by みら on   0  0

Sliding Doors (スライディング・ドア)
Director:Peter Howitt
Release Date: 1 May 1998 (UK)
Tagline: There are two sides to every story. Helen is about to live both of them ... at the same time.
Plot: A London woman's love life and career both hinge, unknown to her, on whether or not she catches a train. We see it both ways, in parallel.

地下鉄に飛び乗れた場合と逃した場合。ドア一枚で分けられた、ある女性の運命2種類を、if形式で同時進行で描く。舞台はロンドン。
サスペンスとかホラーだったら、もっとおもしろかっただろうなぁ…と思いつつ、しかしこれは、ラブコメ。映画にするより、TVの2時間枠かなんかで軽く見るほうが妥当なんじゃないか…ってな作品です。
①恋人の浮気現場に出くわして、すぐにそこを去り新しい恋人を見つけるか、②出くわさず、恋人の嘘を疑いながら関係を続けていくか…っていう同時進行形式。

98年で、グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)がまだ初々しくてすごくかわいいのね。ただ彼女と関係する男性側が不甲斐なくて、見ていてイライラ(笑)。主要な3女性は、活きが良くてそれぞれに素敵なのだけど。
ジョン・ハンナ(John Hannah)は、「Four Weddings and a Funeral」で、W.H. Audenの詩を読んだあの方ですよね。スコティッシュ・アクセントがきつくて、毎回「うわっ」っと思うものの、聞いているうちに耳が心地よく馴染んでしまう不思議な魅力があります。>グラスゴー・アクセント=Glaswegian

作品としては完全にB級。
ファッションは、カルヴァン・クライン vs DKNYで、それなりに楽しめますが、でもそれも別に映画にはなんのスパイスにもなってないし。とりあえず、時間つぶしには良いかもです。
ただ、「はぁ?」な不自然な描写場面が多くて、TVにもの投げつけたくなったりもします(笑)。


Bafta

Posted by みら on   6  0

イギリスのアカデミー賞と言われる、バフタ(Bafta=The British Academy of Film and Television Arts)
予想通り、最優秀主演女優賞はケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)のもとに行き、作品賞、監督賞は「Slumdog Millionaire」。7冠です。
>> Slumdog sweeps to Bafta success (BBC)

ダニー・ボイルのスピーチでのこの引用(↓)も印象深かったなぁ。

"There's nowhere to go in the end, but where you came from,"


最優秀助演女優賞の、美しい、美しい、ペネロペ嬢(Penelope Cruz)も「おめでとう!」なのだけれど、やはり感極まったのが、最優秀助演男優賞をとった、ヒース・レジャー(Heath Ledger)。プレゼンターのゴールディ・ホーン(Goldie Hawn)も声を詰まらせていたけど、ううう、泣けました。このままオスカーもぜひ彼にお願いします。

ベスト・プレゼンターは、ミック・ジャガーでしたかね(笑)。
逆に、「なにこの人?」だったのが、シャロン・ストーン。boo...

ところで涙腺が弱まってしまったのが、もうお一方。
最優秀主演男優賞をゲットした、「The Wrestler」のミッキー・ローク(Mickey Rourke)。
私なんて、「ナイン・ハーフ(Nine 1/2 Weeks)」で彼を知っただけに、その後の「落ち」ぶりやら、整形の失敗だのと笑いものにされてた時期を考えただけでも、この受賞はすごいよなぁ…となんだか感動。「完全に飲んでる(笑)」系のスピーチもまた、いろいろなことを物語っているようで、しみじみ。56歳かぁ。

で、助演は逃しましたが、私が好きなマリサ・トメイ(Marisa Tomei)(↑)が、Baftaの中ではもっとも美しく見えました。(今年は「黒」が多くて、なんだかうれしかったのだけど、「黒じゃない組」の中では一番自然できれいだったわ~。)

マリサ・トメイといえば、実は私は「Untamed Heart(忘れられない人)」が好きだったのだけど、これは泣けるよね。(そういえば、今年のBaftaは、クリスチャン・スレーター(Christian Slater)もプレゼンターで出てました。彼のいまのガールフレンドは、ジミー・チュウのタマラさん。)
「Untamed Heart」を思い出すと、つい口ずさんでしまうのが、スザンヌ・ヴェガの「Tom's Diner」。この前、徹夜仕事をしていたときに、レベッカとともに(爆)歌っていたのは、この曲でした。あはは。

アカデミー賞発表前に観たい映画

Posted by みら on   2  0

(長いな、タイトル。)

オスカーのノミネーション発表が明日…ということで、Guardianの予想記事と照らし合わせつつ、オスカー前に観たい映画メモ。

The Reader
I've Loved You So Long
Frost/Nixon
Milk
Doubt
Revolutionary Road

…そして、最優秀作品賞候補にもなっている「Slumdog Millionaire」。これは、絶対に観ておきたいっ。

ちなみに、助演男優賞は、ぜひ、ヒース・レジャー(Heath Ledger)にお願いします(念)。(The Dark Knight


<<追記>>
22日に発表になったフル・リストはこちら。
>> Full list of Oscar nominations (Times)

吹き替え

Posted by みら on   9  0

最近TVで、DVDボックスセットの宣伝をしていて、思い出が蘇ってしまった「大草原の小さな家」(Little house on the Prairie)。
初回シリーズの放映をNHKで小学生時代に見た方、同年代です!(笑)



インガルス一家は、いまの時代になくなりかけている家族の本当の姿がありました。キャロラインは、いまだに私の理想の妻・母親像です。

…で、懐かしくなって、(ボックスセットじゃなくて)YouTubeで何話か見てみたのだけど、日本語吹き替え版じゃなく、本来の声(英語版)で見ると、印象がやや違ってくるものですね。
私にとって、チャールズは「とうさん」で、キャロラインは「かあさん」なのだけど、「Pa」と「Ma」と言われてしまうと、「なんか違う」って気になります。(勝手ながら…笑)。
チャールズの声も、ご本家のマイケル・ランドン(Michael Landon)じゃなくて、柴田彦さんなんですよ(笑)。同様にキャロラインも、カレン・グラッスル(Karen Grassle)じゃなくて絶対「日色ともゑ」さん。ふふふ。

ところで吹き替えと言えば、日本語版があまりにもしっくりし過ぎて、いまだにオリジナルに馴染めないものがひとつ。
マイアミ・バイス(Miami Vice)です。(最近の映画でなくて、85年か86年ごろのTVシリーズね。私は大学時代に深夜に見ていた覚えがあるのですが、チャンネルはどこだったっけ?)

ソニー・クロケットの顔はドン・ジョンソンでいいのだけど、声は絶対、「隆大介」!!隆さんでなければマイアミ・バイスでないっ!ってくらい(笑)。
だがしかし。
その後、ジョンソンご本人の声を聞いて愕然とした覚えがあります。うっ。違うわ~(そんな勝手な…)。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。