スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポン土産

Posted by みら on   8  0



今回の里帰りでの最高の土産は、多くの友人たちとの出会い、再会、のんびり流れる時間と楽しい会話。
「日本語で家族や旧友と話せるっていう、ただそれだけで、こんなにも心が緩やかになるとは…」と実感。

実際ね、飛行機がバーミンガムに近付くにつれ、神経の一部が「パキっ」と薄い鎧をかぶったようになるわけですよ。それは英国に着いてしまえば、着けていることさえ感じなくなる鎧なのだけど、でも、不思議なものを背負って生きているんだなぁ…と、自分を客観的に眺めてしまいましたわ(笑)。

-----
さて。日本滞在中にいただいた美味しいものの数々を、感謝の意も込めて、順不同にご紹介。
実は、食事に関しては、今回は「ニッポン」を十分に堪能できませんでした。
疲れが残ったまま到着したせいで、食欲もなかなか回復せず、「白いご飯と梅干とお茶」で満足な日々。(…年ともいうのか!?? orz)
さらに、帰国早々行ってみた、行列のできる有名なラーメン屋さんでいただいたラーメンの醤油スープが濃厚過ぎて、弱った胃を直撃し、それ以来「醤油味こわい」…ってことに(悲)。お豆腐にしょうゆをかけるのでさえ躊躇するほどだったんですわ。あぁぁ。
が、そんななかでも堪能してきましたよ、美味しいものを少しずつ(笑)。

まずは、どうしても一度食べてみたかったので、四半世紀友のSっちゃんに泣きついてお願いして買って来ていただいた「モチクリーム」。美味しかった~~!(新幹線の中で一気に食べてしまったので、写真はなし。…ってか日本では既にブームは終わっているそうで…。わはは。orz)
そして、前回アップした、「ねんりん家」さんのバームクーヘン。激旨でした。日本にいたら、絶対列に並ぶと思います。
それから、同じく、行列のすごさで有名な(Sっちゃんが並んでくれはりました)、「日本橋錦豊琳」のかりんとう。「七味」も美味しかったのだけど、「十穀」が特にお気に入り。
ごちそうさまでした。そして、Sっちゃん、ありがとう!
グランスタ」では、新幹線の中でのお弁当用に、「串揚げ 門左衛門」の「3本串セット」も、ビールとともに購入。これは普通だったかな。

いつも美味しいものを送ってくださるじゃんさん(Cafe de Hubert)にいただいて感動してしまったのが、「れんと」。ストレートで飲むための、アルコール度数の低いタイプをいただきましたが、これがもう美味しいーーっ!!一気に(おいっ)いかせていただきました。



そして、北の国から、ぽめしゃん(Love-hate ろんどん)にいただいて、唸ってしまったのが「花畑牧場 生キャラメル」。うっ、うまーーっ!
ぽめしゃん、貴重な体験させていただきました。ごちそうさまでした。



毎朝欠かさなかったのが(特に息子)、地元産のいちご。
えと、某いちごが有名な場所なんですが(笑)、その朝摘みいちご。毎朝、マーケットにて購入。
イギリス苺はかなり酸っぱくて、ほとんどを加熱用にしちゃいますが、ニッポンのいちごはとろけるように甘い(感動)。しかも安い。
思わず、ふっちゃん(…というよりルナちゃん)に送ろうかと思いましたが、「地方発送はしてません」(当たり前か…)とのことで、ごめんよう。

そんなふっちゃんとは、帰国翌日に感動の(違)再会。出張中のふっちゃんを強引に途中下車させて、居酒屋直行。非常に楽しい数時間でございました。感謝。



そして、この記事(>> KRÓWKA MLECZNA)で拝み倒して強奪したのが、「霜ばしら」。噂には聞いていたものの、まさかここまで美味とは思いませんでした。思いっ切り濃いお抹茶とともにいただきたい…との願望を抱きながら、普通の緑茶とともに、縁側で至極の時を過ごしました。はぁ~。
ふっちゃん、どうもありがとう。



そのほかにも、ミニストップで念願の「塩キャラメルソフト」を手にしてみたり、
(期待していたほどではなかったっす。塩キャラメルが好きな息子は、「これは信用できないから」という先見の明により、バニラを購入。息子よ、君は正しかった。orz)



父の行きつけのすし屋でお寿司をごちそうになったり、



同じく、父の行きつけのカフェでまったりしたり、(↑カフェの奥様の手作りの陶芸品なのだけど、気に入ったので、購入して帰ってきました。)
楽しんでまいりました。

そうそう、そして。今回、空港で大変お世話になったfoxryoさん(ありがとうございました!)にいただいた「味噌煮込み」を、こちらに帰ってきてから作ってみましたが、美味しい~~!!!
本当は名古屋駅で味噌煮込みを堪能するつもりが、結局時間がなくなり(orz)、今回は断念しただけに、この美味しさに地団太踏みました。あぁぁ、次は食べるぞー!
foxryoさんがいてくださらなかったら、私たちはいまだに「ミュースカイ」に乗れずにいると思います(爆)。*名古屋駅ホーム、難し過ぎる。わはは。
お世話になりました。

日本の古都では、雛ちゃん(だって英国なんだもん)美人親子と濃厚で楽しいひとときを過ごさせていただきました。「楽しい!楽しい!楽しい!」とずっと思ってましたわよ。
どうもありがとう!次は、こっちでね。

-----
…というわけで、みなさま、本当にお世話になりました。

さて。これまで使ってきたデジカメのフォーカスがどうも甘くなってしまい、日本で新しいものに買い換えました。で、この記事中の写真も、新旧混ざっております(笑)。お見苦しいかもしれませんが、申し訳ありません。

スポンサーサイト

ねんりん家

Posted by みら on   8  0





名古屋に向かう日。東京駅で四半世紀友のSっちゃんが持たせてくれたものが、「ねんりん家」のバームクーヘン。
マウントバーム しっかり芽



あまりの美味しさに、どうしようかと思いました。
やっぱり日本は美味しかった。

というわけで、英国に戻っております。

BOSS

Posted by みら on   4  0

うわさには聞いていましたが、今日はじめて、トミー・リー・ジョーンズ(Tommy Lee Jones)のBOSSのCM見ました。
がんがんがん。
このCMを見慣れてしまうと、やはり「No Country For Old Men」とか「In the Valley of Elah」を観ても、だいぶ印象が違うんじゃないか...と思いますた。orz

というわけで、日本におります。

Heavily Snowy

Posted by みら on   4  0



30℃のドバイから移動した私たちを迎えてくれたのは、豪雪。

...えと、体調を崩すにはもってこいの変化でした。笑

森と湖

Posted by みら on   6  0



そんなわけで、遅れに遅れていた自分メモでもある日本滞在記録を終えましたが、「でもやっぱり、早くウェールズにも慣れないとマズイだろう」と、自らを鼓舞して森と湖の州へ。
「州へ」って、ここはうちから10分も車で走れば着く場所ですが、森の中の山道を抜ける本格的(自転車)ツーリングコースもあって、結構有名な場所。うちの夫や息子にとっては、格好の大自然ウォーキング・コース。



ネイチャー派の人たちにはこたえられないんだろうな…と思いますが、私は数年前に一度歩いて飽きました。orz
というわけでその後は、ノートブックか本を携え、隣接のカフェでコーヒーを片手に待機状態。今回も結局それになりました。(意味ないし…笑)。

風の都

Posted by みら on   2  0



実家から遠いわけではないのに、どういうわけか東北には縁がなく、大学のゼミ合宿(ふるっ…)で訪れた新潟が最後…ってくらい。
昨年ルクセン(Luxemburg)という至近距離(…じゃないだろうよ by ふっまで来てくれたのに(仕事でしたから by ふっ、結局会えなかったふっちゃんsea of tranquility)を、日本で追いかけるぞ…というのが、今回の旅の目的(違)。
なぜか「武田信玄」と「伊達政宗」にはまっている息子にせがまれた…っていう別理由もあったりはしましたが…。

さて。旅疲れやら時差疲れやらで、最終ぎりぎりまで旅のプランが立てられなかった私たち。…で、「行きます!」と最終確認の携帯メールを送ったのが前日の夜…という、非常に失礼極まりないところからスタート。しかも、「これ食べたい!」「あれ飲みたい!」「ここ行きたい!」「あれがしたい!」と、矢継ぎ早にリクエストを送りつける私にも深夜まで付き合ってくれて、ふっちゃん、ほんとに感謝です。



ブログでは、確か私がまだlivedoorにいた頃からのお付き合いで、多才で頭の回転の非常に早いおねえさまって印象があったのだけど、仙台駅でお初にお会いしたふっちゃんは、まさにその通り。いいなぁ、できる女って…と惚れ惚れ。

初仙台となる私と息子。ふっちゃんにすべてをお任せして、伊達さんからずんだから、そして松島まで連れて行っていただきました。ほんとに最高の一日になりましたわ。
>> 2/3
前記事で、タイトルを「2/3」としたのは、これで日本三景のうちのふたつを見終えたことになるから(…)。
4月上旬の仙台は、さすがに風が冷たくて薄着では寒いくらいだったのだけど、しかし松島では風も一瞬止み、見晴台から絶景を楽しみました。日本の美しさには侘び・さびがあるんだよなぁ…と、また里心をくすぐられ。
ここでは私が狂喜乱舞したのは、松島ビールですが、さらにILECAFE(イルカフェ)さんの「いちご生ジュース、ジャージーアイスクリーム添え」も絶品。(←ふっちゃんとうちの息子が注文。私が飲んでいたのは、酒珈琲(美味)!)



このあと牡蠣を堪能し、島の魚屋さんの味噌汁にも舌鼓を打ちまして、それらのあまりに美味しさに、「松島や ああ松島や 松島や」としか言いようがなかったですよ。ほんと。



「だから日本のケーキはすばらしいのよね」的な"紫芋モンブラン"をふっちゃんの車の中で平らげ(笑)、秘密基地も見せていただき、息子にとっても忘れられない一日に…。(松島の展望台のトイレに置き忘れてきたと思った指輪が、自分のジーンズのポケットから出てきた…っていう、彼の超 embarrassing な思い出とともに…爆)。

さらに、お土産によいぞ!と推薦してくれた「笹かまぼこ」が、涙が出るほど美味しくて、(実は帰りの新幹線の中で、ヱビスとともにいただいてしまったのですが…笑)これにも感動。「しらけん」さんと読むのか…。いまはじめて知りました(爆)。 >> 白謙

kikufuku.jpgそしてふっちゃんが持たせてくれたのが、喜久福。(>> お茶の井ヶ田・喜久水庵
これがまた美しき国ニッポン…なお味で、家に帰ってきてからいただいてほぼ卒倒。自分で独り占めしたい欲求をどうにか押さえ(ええ、大人ですから。ぇ?)、家族と分けて家族も美味しさに悲鳴。
仙台には美味しいものが多過ぎです。ごちそうさまでした。


そうそう。今回の国内旅で、非常に有効だったのが「Japan Rail Pass」。



これも実は取得前に「ひゃ~(真っ青)」ってなことがあったのですが、でも友人Hの暗躍(違)のおかげで無事ゲット。私は国際結婚をしている身の上として、息子は外国籍保持者として、JR全線と新幹線を格安でバシバシ乗り放題の旅を堪能しましたです。
これがなかったら、こんなに自由に飛びまわれませんでした。感謝。

…というわけで、次回は温泉で松島ビール三昧しようね!

::関連記事::
>> 2/3

それは水からはじまった...

Posted by みら on   0  0



ぼちぼち日本滞在記などを…。

今回のフライト。最初の違和感は手荷物の軽さ(笑)。
ミネラルウォーターなしでは機内に入れない…というのが習慣化してしまっているわたくし。多いときには、ボトルを4~5本抱えて乗ることもあって、機内液体持ち込み禁止の昨今、「う。どうしようか…」と青くなったのでした。
…が、習慣は変えるためにある…ってな性格ゆえに、機内でペリエ取り放題をさせていただき(すみません)、ことなきを得ました。

実はフライトの前々日まで、とある手続き上のエラーにより、眠れなくて胃の痛くなる思いをさせられた…ってな不愉快な経緯もあったのですが(航空会社には適切な対処をしていただき感謝)、しかしフライトは映画三昧で快適。



しかし、到着したとたんにそれまでのストレスやら過労のツケやらが一気に回ってきて撃沈。息子はかなりシビアな時差ボケで、昼・夜まるっきり逆さまな日々。…なんて感じになりまして、「まず、ヱビス」とか「まず、一番絞り」とかができなかったのだけが寂しい。(は?)
が、到着翌日には友人を呼び出し(笑)、日本語会話爆撃成功。

しかしなんだかんだいっても、体調は時間と環境で回復するもので、回復してすぐは、蕎麦屋で一杯。食べ歩きが趣味となっている我が父の薦める本格手打ち。
普段は「そば」よりは「うどん」派なのですが、ここでは更科を注文。辛み大根のぶっかけ。これが非常に美味しかった。
麺の上にごちゃごちゃ乗っているのはあまり好きでなく、これも、最初ににんじんときゅうりの千切り(orz)を見たときは、正直落胆しましたが、しかし蕎麦そのものの旨さと大根卸しのビリビリな辛みに大満足。





この店には昼間行きましたが、「蕎麦屋なら当然冷酒でしょ」と地酒を注文した私に、おかみさん、一瞬無口に…。そして、「お車じゃないんですか?」と冷たく質問。(違います!)昼間から呑んでずびばぜん。orz

そして元気全開のまま、京都・大阪へ。
>> 春のない国には、住めないかも 1
>> 春のない国には、住めないかも 2
みなさま、ほんとにお世話になりました。改めて、どうもありがとう!また来年ね♪(ぇ?また来るのかよ? by all)

さらに都内であすとるしゃんに遊んでいただいたあと、
>> なると探し
非常に思い出深い都内某市へ…。くぅぅぅーっ、懐かしさで目が沁みる(違)。あいにくの雨でしたが、ここではsarasaさんと、非常にクールで大人でルックス抜群のご子息に付き合っていただいて長話。参考になる話題がいっぱいで時間の経つのも忘れてしまいました。楽しかった!!ありがとうございます。

そして次に飛んだのは…(続く)。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。