スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ginkgo biloba -銀杏-

Posted by みら on   2  0



思い入れもあったので、2005年から"定点観測"的に記録を残してきた、うちの庭のイチョウの木。
種から80センチまでに成長しました。
引越し前に株分けして、ドイツの義兄宅とここの友人宅に残す予定です。
2005年 - 2006年 - 2007年 - 2009年(←なんか過去記事は、当時の自分の暗さが浮き彫りになってますね…汗)。

ウェルシュの友人(男性)は、A keen gardenerで、銀杏の木は前から育ててみたかった…とのこと。(良き家(庭?)が見つかってよかった)。最近は近所のガーデンセンターにも鉢植えのイチョウの木が置いてあるそうですが、でもうちの庭のイチョウたちはかなり立派だとの"お墨付き"もいただきました(!) Yay!

定点観測…といえば、(これを"定点"と呼んでいいのかどうかは置いておいて…)、アボカドも伸びています。
2月 - 3月 - 4月 - 5月)(*種の水栽培をはじめた日は、2008年10月30日)



種は成長の違いこそあれ、結局3つとも芽を出しました(拍手)。
3番目のおチビは、根が付いた時点で鉢植えにしてしまったのですが、でもこの通り。



日本には持って帰れないので、手放さなければならないのが悲しいところですが、でも友人たち宅での今後の成長に期待です。がんばれ、アボカド!

そうそう。うれしい発見がもうひとつ。
去年いただいて、その後枯らしてしまった(orz)オレンジの木
なんと、枝の下方から新芽が顔を出しました(!)





枯れ木に緑で、こう見ると合成写真のようですが(笑)、いえいえほんとに新葉です。すごいな命は…。
というわけで、オレンジの木も嫁入り先を探さなければ。
以上、6月末のガーデンニュースでした。笑

スポンサーサイト

Hedgehog Returns

Posted by みら on   8  0



去年は、その気配もなかったので、もう戻ってこないかと思っていたら、今夜うれしい客人がありました。
深夜、2階の窓を開けたら、外に野生の音。
野良猫のたてる音とは微妙に違うので、「もしや」と思ったら、やっぱりハリネズミ(Hedgehog)さんでした。Yay!

なんと、日付的には2年前とほぼ同じ。(2年前は、6月9日。)
カテゴリーはこちらです。

芝は夜露でだいぶ湿っているので、今夜はキャットフードだけ置いておきました。
また明日も来てくれるかしら?
これから夜の楽しみがひとつ増えました。^^

Harbinger

Posted by みら on   2  0



ここ数日の陽射しは、まさに「Harbinger Of Spring」(春の前触れ)って感じで、庭の新芽を見るのも楽しくなります。



2月の初旬に、芽が出た…と喜んでいたアボカドも、ここまで成長。

毎春、枯れ枝から新芽を息吹かせてくれる「イチョウ」は、今年もこの通り。



ところで。
去年の5月、庭でカタツムリを見つけて、それが(英国では)珍しかったので息子が水槽に入れて飼い始め(>> ウサギいろいろ)、こんな風に成長していたのですが(>> バジル食むもの)、晩夏、思うところがあって、庭に放ち、自然に帰しました。
それから数週間、姿を見なかったので、元気に生き延びていてくれるといいな…と願っていましたが、晩秋、うちの庭の片隅で冬眠をはじめていました。しかも、ちびカタツムリつき。笑
それが親子なのか、ただの友人関係なのか定かではありませんが、でも嬉しい驚き。うちの庭がテリトリーだったんでしょうね。しかし、野鳥やカモメから逃れて、よく生きていてくれました。
そのカタツムリは、いまだ元気に(?)冬眠中。
こんな感じです。↓↓


アボカドの芽

Posted by みら on   6  0



これまで何度かトライしたものの、忍耐力不足で途中断念したもののひとつ。それがアボカドの水栽培。
今度は途中で投げないで、じっくり待つぞ…と、爪楊枝に刺して水に浮かべたのが、実は去年の10月30日。用意した種は三つ。

それから7週間後の12月21日に、うち一つから根が出てきて、「やった!」と喜んだものの、待てど暮らせど芽が出ない。
もしや、根だけか…orz と諦めかけた節分の日。

040209a.jpg


ようやく芽が顔を出しましたー!(祝)
15週目っ。
(根は既に20cm以上になってます。汗)

ついでに、「死んでしまたかも…」と思っていた、他二つからも根が出始めて、まさに春。
まだ寒いし、どこまで伸びるかわからないのですが、キッチンの窓辺で、また楽しみが増えました。

Posted by みら on   12  0






我が家のスプラウトたち。(「スプラウト!」「収穫祭」より続く。)


実験も兼ねて、スーパーで売っている「exotic bean mix」一袋(料理用乾燥豆ミックス)(*写真下)と、健康食品店で売っている「ORGANIC SPROUTING MIX」一箱(*写真上)、合計11種類の豆でスプラウト。


オーガニック豆のほうが芽が出やすいんだろうな…と思っていたけど、いや、そうでもない。どちらも同じような具合でスプラウティング。
大きなバター・ビーンズ(白花豆)から芽が出てきたときには感動さえしましたわ。(←これは結構時間がかかってます。やはり。)


というわけで成長中です。
*上の和名、もしかしたら違っているのもあるかもしれません(すみません。豆の名前、複雑過ぎるわっ)。そのときは訂正してくださいませ。
こちらのサイトで勉強させていただきました。
>> 豆知識
>> 豆百科一覧


ついでに発芽玄米も作ってみましたよ~。
こんなにしっかり発芽してくれるとは驚き。(こっちで売っている普通の玄米です。)





この発芽の様子を見るために、プロ用ルーペを持ってきて観察しているのは、うちの男子ふたり(笑)。
食べ時は逃がしてしまったような気がするので、こうなったら稲にしてみたいわっ(・・・!?)。


それから、うちのスプラウト棟の初期住人だったグリーンピーズ。
半分は熱湯にくぐらせてサラダにして美味しくいただきましたが、残り半分は、グリーニング(太陽当て)。


081108e.jpg



見た目も味もステキング。
窓辺でヒーリング。


息子のあひるの卵のクレスも伸び盛り。





こうやって育ててしまうと、なかなか食べられなくなるのよねえ…(笑)。

スプラウト!

Posted by みら on   4  0




暗い冬。日照時間の少ない英国。最悪のクレジット・クランチ。ポンド安(140円台なんていったい誰が想像した!?)。


そんな時代を乗り切るのに、ぴったりなのがスプラウト(Sprouts)!(笑)
種から豆から、日陰ですくすく。低コスト。楽しい上に栄養価もばっちり。
お道具もあったらさらに素敵(←アホ)。
というわけで、スプラウター(Sprouter)もゲットして、楽しいキッチン実験室。





3日目で、ムング豆(Mung bean)*訂正!→グリーンピーズも成長中。
ムング・ビーン・スプラウトは大好物なのだけど、結構高い。自分で育てれば安全で低価格…っと。
さらに、「ムング・ビーン・スプラウトとそば粉のドーサ(Dosa)」(*ドーサ:インドのクレープのようなもん)なんていう格好のレシピも発見。>> Buckwheat Dosa with Bean Sprouts!
作るの、楽しみ~。

ムング(グリーンピーズ)の上段は、アルファルファ。Boysは、自家製アルファルファでサンドイッチを持って行くのを楽しみにしている…らしい(笑)。


わたしがこんなことをしていると息子も真似る。うふふ。





彼は好物のクレスを、あひるの卵の殻の中で培養育成中。





こういうときって、柄付のキッチンタオルは使うもんじゃないよなぁ…と反省。笑
クレスもすくすく成長中です。

Hostas -うるい-

Posted by みら on   2  0




仕事にかかっていた雑誌のページの中に、いきなり「ギボウシ」というカタカナを見つけて、吸い寄せられました(笑)。
ギボウシ…と言われても、実はわからなかったのですが(恥)、そのあとで出てきた「Urui」で、そうか…と。


日本の「うるい」。
こちらでは「Hosta(ホスタ)」です。
日陰で育ち低温にも強いため、庭でも鉢植え(Shade-loving pots)でも、結構栽培が盛ん…とのこと。もちろん観賞用ですが…(笑)。


そんなわけで、鑑賞だけでなく実は「Hostas」は食べられる!…ということで、料理例として「うるいの海苔巻き」が紹介されてました。わー、食べたことないけど、美味しそうかも。
(*その他にも、うるいの天ぷら、油揚げとの炒め物、しゃぶしゃぶ(ほんと!?)など。)


今が植え時らしいので(初秋か晩春)、うるいの天ぷらに向けて育ててみようかな。
お薦めは、'Elegans'っていう葉が大きめのものらしいです。

(*写真は、stock.xchng より)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。