スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beachy Head suicide

Posted by みら on   4  0

最初のニュースは月曜日だったでしょうか?
イーストボーン(Eastbourne)はビーチーヘッド(Beachy Head)の、120m(400フィート)の高さの崖から身を投げたと思われるカップルの遺体が見つかった…という報道でしたが、社会を震撼とさせたのは、このカップルの傍にジッパーの閉まったふたつのリュックサックが落ちており、ひとつはおもちゃが詰められていて、もうひとつには、5歳の男の子が入っていた…という記事。
>> Three bodies found at Beachy Head (BBC)

早とちりした人からは、「子供をリュックに詰めて、無理心中?」と非難の声も上がりましたが、その後詳細が明らかになり、実は子供は既に死亡していたという内容が報じられ、「なぜ?」となった今日(火曜日)の午前中。

白亜の断崖絶壁で知られるセブンシスターズ(Seven Sisters)とともに、赤と白の灯台でも知られるビーチーヘッドは、シーフォード(Seaford)からイーストボーン(Eastbourne)までの海沿いウォーキングコース中の絶景地点としても知られていると同時に自殺の名所としても有名で、時々ニュースになることはありますが、しかし、死んだ子を背負ってのダイブという悲劇は、やはり異様でした。

そして今日の夕方。
亡くなったご夫婦と5歳のお子さんと、その事情が顔写真とともに公開され、声を失いました。
お子さんの写真のみをBBCのサイトでちらっと見たときに、「あら、アジア人のような…」と思いましたが、家族写真を見て、絶句してしまいました。
お母様、日本人の方でした。(ご主人はイギリス人。)

そして、ご家族の辿ったこれまでの道が、あまりにも悲惨で哀しく、心が潰される思いでした。
なんでこんな仕打ちを、このご家族が受けなければならなかったのか、そして、なぜこのような結末を選ばなければならなかったのか、言葉がありません。
天国で、家族3人安らかに過ごされるよう祈るのみです。
May they all rest in peace.

>> Suicide jump boy had died at home (BBC)
>> Beachy Head suicide couple jumped after son died of meningitis (Times)
>> Beachy Head family: Tragic Sam, 5, and the devoted parents who simply couldn't live without him (Daily Mail)

日英カップル、パティック(Puttick)さんの一人息子のサムくんは、1歳のときに自動車事故に遭い、首から下が麻痺。人工呼吸器が欠かせず、ケア体制も24時間必要な状態で、ご両親は仕事を辞めて家も改造し、付きっ切りで介護されてきたそうです。
サム君基金も開設され(>> Stuff4Sam)、口を使ってゲームやレゴで遊んだり、そして何より、笑顔がとびきり素敵な男の子に成長したそうですが、先週の火曜日に、メナンジャイティス(Meningitis)=髄膜炎(→pneumococcal meningitis:肺炎球菌性髄膜炎)を発症し入院。
回復の見込みがないと判断したドクターは、金曜日にご両親の希望通り自宅に帰ることを許可。その晩、サム君は、自宅で亡くなったそうです。
ご子息の死のショックが引き金になり、ウィルトシャー州の自宅からイーストボーンまで走行し、土曜日にビーチーヘッドから家族3人でダイブした…という報道になっています。

あまりにも悲しい事件でした。
ご家族のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

Roxana Saberi

Posted by みら on   2  0



このエントリー(>>焼きフィデウア)のときにちょっと触れましたが、ロクサナ・サベリ(Roxana Saberi)さん、釈放とのこと、ほんとに良かったです。
>> Freed Saberi thanks supporters (BBC)

で、ことの成り行きは、結局はこういうわけだったんですね。なるほど。
>> Jailed US journalist Roxana Saberi 'had secret document on war in Iraq' (Times)

そして、アメリカとイランの関係ということにおいては、やはりこれなんでしょうね。
>> Saberi free but thaw no nearer (BBC)
>> Roxana Saberi's release may shift hurdle to rapprochement with White House (Guardian)

ま、しかし。同様に不当に(アメリカ含む)政府に拘束されている人々が(そしてまだ釈放されていない人たちが)、この世の中にはもっといる…と思うと、いろいろ考えさせられる事件でもありました。

彼女の釈放のニュースは、月曜日に知っていなければならなかったのが、私が知ったのは今日(火曜日)。仕事場から、夫に「解放されたんだって?」と間抜けに電話をしたら、「何を今頃…」と呆れられました。orz
いや、なんだかんだと忙しくてね。(言い訳)

でもうれしいニュースには変わりないので、記念にアボカドを鉢に植え替え。(←理由付けが変ですが…)。



ようやく、水栽培から土栽培へ。
この鉢は、夏まで大事に育てて、ベルリンへ行く予定です。(義母と義兄がグリーン・サムの方々なので、お任せしよう…と。日本には持って帰れないですし。泣)
もう一鉢は、ポーリッシュ友に里親に出すことになりました。
芽生えのやたら遅いもう一種が(根はかなりしっかりしてきたのですが…)、いまだにグラスの水に浮かんでいますが、これも育ってくれたらいいのだけどなぁ。

イギリスの味

Posted by みら on   8  0

ちょっと前の記事で、クリスプス(ポテチ)のウォーカーズ(Walkers)の新味企画についてご紹介しましたが(>> クリスプス新味投票企画)、その投票結果が発表になりました。

投票数1位で、正規発売されることになった味は、ジャジャーン、「ビルダーズ・ブレックファースト(Builder's Breakfast)」。
「ソーセージ、卵、ベーコン、バタートースト」が混じった味です。
正当なまでの英吉利。

で、ウォーカーズのサイトの記事がこれ。↓
まさに、現在の英吉利。



少女の頃(遠い昔)、「イギリス(大英帝国)」というと、霧と紳士と淑女とバーバリー(←なぜに突然?)のイメージがあったのですが、この国に住んで9年。イギリスのイメージは、やっぱりこんな(↑)もんに落ち着きました。笑
紳士と淑女からは程遠いSwearing Cultureと、移民含めた逞しいビルダーのおっちゃんたちと、Bossyで横幅も広いおねえちゃんたちの住む国。えげれす。
サービスも存在しないしなんでもいい加減な国なのだけど、でも愛着だけは、たんまり湧く国ですよねえ。離れると、やっぱり懐かしくなるんだろうなぁ。

"Veggie schadenfreude"!??

Posted by みら on   0  0

スワイン・フルー(Swine flu)=豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)=H1N1。
英国での感染者数が16人に増えたものの、先週に比べれば騒ぎはいったん落ち着いたような印象を受けます。
このインフルエンザがすぐに死に結びつくものではないという印象を得たからなのか、タミフルが十分にいきわたることを確認したからなのか、マスクかティッシュを確保したからなのか、ま、そういうものなのか、よくわかりませんが。

…とはいえ、カナダでの「人から豚への」感染例、なんてニュースを読むと、これからも何が起こるかわからない…とも思うのですが。
>> Man infects pigs with swine flu on farm in Canada (Times)

そういえば、日本のGW混乱もすごそうですよね。

そんな中、Guardian紙から拾ったふたつの記事。
まずは、「確かに...」と頷いた、Ben Goldacreの「Swine flu and hype – a media illness」。

because not only have the public lost all faith in the media; not only do so many people assume, now, that they are being misled; but more than that, the media themselves have lost all confidence in their own ability to give us the facts.



そして、「So!?」と思わずため息ついてしまった、Barbara Ellenの「We veggies can learn from meat eaters like Hugh」。
なんでベジタリアンて、こうやって境界線引くのが好きなんでしょうね?「菜食」と「肉食」という不要なグループ分けに加えて、さらにベジタリアンにも、活動家かそうでないかの区分けをする。
しかも、「でも私も"生き物"は食べない("do not eat living things")けど、アクティヴィストじゃないし...」と、高みに立ちながら謙虚な素振りをする。
だぁぁぁーーーーっ!なんだか昔の自分を見ているようでいやだわ(笑)。

だいたい、豚インフルエンザで、「ほらね、やっぱりあなたたち肉なんて食べるから」とかほくそ笑む、ベジー・シャーデンフロイデ(Veggie Schadenfreude)なんてほんとにいるんですか?(いるんだろうけど。)
(シャーデンフロイデの意味は、この過去記事からどうぞ。)

菜食は続けてきたけれど、ここに来て、野菜(玉ねぎ、ねぎ、にんにく...etc.)アレルギーがひどくなって、なんだか納得いかないので、こういう記事にも「なによ」と思うひねた私。
いずれにしても、パンデミックに近いインフルエンザに、菜食も肉食も関係ないですよ、ええ。

2009年5月2日 訃報

Posted by みら on   6  0

キヨシロー、逝くなー!ってずっと思っていたので、今は何も言葉が出てきません。
こんなに心が空洞になったのは久しぶりです。
忌野清志郎、ありがとう。
RCサクセション、ありがとう。
テープが擦り切れるまで聴いた「RHAPSODY」思い出して泣きます。
悲しいよ。


もっとも苦情の多かったコマーシャル

Posted by みら on   6  2

イギリスのコマーシャル。
Tacky、Wacky、Dopey...(←言いたい放題)なものが多くて、あまり記憶に残らない反面、(悪い意味で)グラフィックで、目を背けたくなるものもあるかと思えば、キャドバリーのゴリラのように、「おお」と唸るものもある…ということで、ま、各国似たようなものかな…と感じますが、英国の特色として、実は、見たら一生忘れられなくなりそうな過激なものも多いんですよね。(特に政府キャンペーン関係の広告。)

というわけで、苦情が多くて打ち止めになるような広告を作ることに意味がある…という広告業界の裏の定説もありますが、2008年、もっとも苦情の多かった広告ベスト10が発表になりました。

ASAと呼ばれる、「The Advertising Standards Authority」に寄せられた苦情件数は、2008年はこれまでを上回る26,433件。苦情対象となった広告数は、15,556広告だったそうです。

で、1位は、チャリティ団体「Barnado's」の作った「子供の虐待防止」のための広告。苦情件数840件。
これは私もはじめてTVで見たとき(子供もまだ起きていたので、そんなに遅い時間ではなかったような…)、文字通り目が点。「え!?」と、固まってしまったコマーシャルでした。頭を叩かれる音が、骨のほうにまで響いてきて、「なぜここまで...」と思ったのですが、やはり苦情数もダントツ。
あまりにも衝撃的なので、のちほどご紹介します。(一応、13歳以下のお子様は、親の承諾なしに見ないように…との但し書き付です。)

2位は、Volkswagen Poloの歌うお犬様。
フォルクスワーゲンの助手席に座っていることから、「highway code」にひっかかるのでは?とか、撮影中に虐待されていたんじゃないか?とかいう苦情が寄せられたそうですが、これは反応が過剰過ぎ?
ほんとの、「Polo Confidence」ということで…。って、愛犬家のみなさま、いかがでしょうか?
苦情件数734。



3位は、女性蔑視のOrangina!(笑)
いや、笑ってる場合じゃなくて、やっぱり不快かも。特に、"Orangina... Life is juicy"なんて括られちゃうとねえ。
とはいえ、動物を擬人化すれば確かにこうなるだろうし、この動物本能をそのまま具現化しちゃっているのが現代社会でもありますし(TVをつければ、こんなおねえちゃんばっかりだし...)、そこまで噛付かなくとも…という気もしますが。
苦情件数286。



そして4位は、去年かなり話題になった、男同士のキスのハインツ(Heinz)の「デリ・マヨ(Deli Mayo)」。
苦情は215件。
ゲイの多い国の割には、なぜここまでの苦情?って気もしますが、ま、確かにTVではあまり見たくないですかね。でも、結構おもしろい気も…。すみません。



そして5位が、政府のキャンペーン広告。Department of Healthの「おお、なるほどな」的な、親の喫煙告発広告。
タグラインは、"If you smoke, your children are more likely to smoke. Smoking. Don't keep it in the family."です。
親の真似をしてしまう子供の姿をうまく捉えていると思うのですが、(で、実際こうやって、タバコを吸う真似をする子どもって多いような気もするのですが…)、やはりショッキングな映像でもあったようで、苦情数は204件。
ここ(BBC)で見られます。

というわけで、1位の「Barnado's」の「Break the Cycle」ですが、これ、トラウマになる可能性もありますので、クリックする方は心してください。(とはいえ、これ、テレビのコマーシャルなんですがね…泣)。
家での虐待、暴力、ドラッグ、犯罪という「vicious cycle」を描いたものですが、あまりにも衝撃的なため、実際に家庭内暴力の被害者の方からも苦情が寄せられたそうです。


豚インフルエンザ 2

Posted by みら on   2  0

昨日の報道では、「名前は公表できません」てことだったのだけど、今朝のタブロイド紙では実名報道。や~ね~、タブロイド…と思いながら、普通の新聞を見たら、全部いっせいに実名報道。写真付。TVのニュースでも実名、写真、詳細付…ということで、「あ?なんで?」という感覚になりました。

スコットランドで感染が確認された豚インフルエンザ(スワイン・フルー:Swine flu)の話です。

>> British swine flu victims were on honeymoon in Mexico (Times)

おふたりは、新婚カップルでハネムーンでメキシコに行かれていたそうで、帰国後体調を崩したために検査、感染確認(英国初)、いまは隔離病棟で順調に回復されているとのことです。
ご主人と一緒に飲みに行かれたご友人やご両親が念のために検査中で投薬も受けた…とのことですが、しかし勤務先から趣味のフットボールのメンバーへの感染懸念の話まで、「そこまで?」という報道に、驚きました。

英国っていうのは、年齢や、被害者、加害者、事情、背景、etc.に関わらず、なんでも実名報道(時に住所付)でびっくりすることがあるのですが、これも同じでした。

そんな英国。ウェールズではメキシコ帰りの8人が、「豚フルー感染疑い」で検査を受けているということで(英国全体では21人が感染疑いケース)、今後もニュースは長く続きそうです。
>> Swine flu: the affected nations (Guardian)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。