スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wroclaw

Posted by みら on   8  0



友人のTとKは、ポーランド、Wrocław(ヴロツワフ / ドイツ語では、ブレスラウ(Breslau))出身。
他のポーランド人とシェアしている街なかの(勾配のきつい)築150年の一軒家(←つまり床ごと家が傾いて建っているのです。時々船酔いのようになります。w)に、時々お邪魔しているのだけど、一昨夜Kが作ってくれたのが、ゴウォンプキ(Gołąbki)。

白キャベツ(ザワークラウトや長時間煮込み用の固いキャベツ。ドイツ語ではヴァイス・コール)の芯をくり抜いてさっと湯がいて葉を一枚ずつはがしたら、米と牛ひき肉とハーブを炒めたものを包んで、耐熱皿に並べ、少量の水とともに1時間ほどオーヴンへ。
ソースはトマトソース。
チキンストックとハーブと塩、スパイスを合わせたスープにパサータを加えて、最後に小麦粉でとろみをつけて出来上がり…なのだけど、これがめちゃくちゃ美味しかった!



Kのお母様のレシピだそうです。
「次は、日本風のロールキャベツをごちそうするわ」…とは約束したものの、私、ロールキャベツ苦手なんだった。どうしましょ(汗)。

そして今日の午後、ごちそうしてくれたのが、ロスウ(Rosół)。
ポーランド風クリア・チキンスープ。



チキンを半日煮込んでお出しをとって、そこににんじん等野菜とハーブ類を加えて、ヌードルにかけていただくそうです。
今日は、お米にかけていただきました。
(*私の玉ねぎアレルギーを知っているので、いずれも玉ねぎ不使用。でも伝統的には玉ねぎはポーランド料理の基本だそうです。すみません。)

-----

そして、私が家庭で、想像力を駆使して作った一品。
Pyzy(ピズィ)。



私がドイツで真っ先に覚えた家庭料理は、クネーデル。いまだに好物なので時々作りますが、これはそのポーランド・バージョンと考えればいいのかしら?…と思っていたら、食感がまるで違う。ピズィのほうがぐんと美味しい。(ような気がする。)

sarasaさん(ベジタリアンの厨房)とchickpeaさん(北へ行く猫)家を参考にさせていただきましたが(特に、chickpeaさんの「三都市物語~その3~・オポレ」)、秘訣はやはり、マッシュドポテトとすりおろした生のじゃがいもを半々に使うこと。

今回は、茹でたマッシュとすりおろし生に加えて、グレイテッドしゃきしゃき削り芋の三本立てにしてみました。お団子の中に詰めたのは、マッシュルーム(生)のみじん切り。
これをお湯で茹でて、最後に溶かしバターをかけていただいてみましたが、文句なく美味しい!(手前味噌)。

やるなぁ、ポーランド。ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

ポーランド祭り -2-

Posted by みら on   8  0



引き続き、ポーランド祭りです(笑)。>> ポーランド祭り -1-
今回は、無難にザワークラウトとフレンチ・マスタード(←夫いわく、まさに、バヴァーリア(Bavaria)の味だったらしい...)のポーランド版。ドイツでは、瓶入りのザワークラウトは、炒めたベーコンなどと一緒に煮込んでさらに味をつけて、じゃがいもやソーセージと一緒にいただくのが普通。
ポーランド産は、ドイツんのと比べると、薄味で上品な味(日本の昆布味のような上品さ)に仕上がっていたので、鍋での味付けは夫に任せる。彼は最近、家庭内で失点が多いので(冷笑)、キッチン労働決定。自業自得。





↑これがそのマスタード。美味しい。

…で、これで終わるはずもなく(笑)、ジャンクにも挑戦。↓
まずは、息子にせがまれて作ったゼリー(↑)とムース。
お湯にとかしておしまい。…な、簡単おやつ。





ゼリーは、お鍋でかきまぜて冷やすだけ。ムースは、半量のミルクを温めた鍋に、半量の冷たいミルクで溶いたミックス粉を入れてまぜておしまい。あまり甘くないので、ここに砂糖やはちみつを加えても良いのだとか。(←お店のおねえさんが説明してくれはりました。)

そして、ラーメン!(笑)





3種類トライしてみたのだけど、「Barszcz biały」味っていうのんが、かなり美味。
これ、なんのスープなんだろう?sarasaさん、どうぞよろしくお願いいたします。(他力本願)
「GROCHOWA」っていうのは、お肉の香りが強過ぎて、ちと無理でした。本当はすごく美味しいスープなのかもしれないけれど…。

さらに、どう使ったらよいのかわからないキューブ。↓





パセリ・キューブっぽいのだけど、スープに入れたり、パスタに混ぜちゃったりしてもいいのんかしら?(謎)
のちほど実験してみます。ふふふ。

そして、極めつけはこれ!


ぽめたんちで見て以来(>> Mojito - モヒト)、ほしくてずっと騒いでいた「ピナコラーダ」ジュースのラム抜き。
UKでは、Sainsbury's で購入可能なのですが、この近辺には存在しないため(> Sainsbury's)、いつも指をくわえて見てました。(あまりに物ほしそうにしてたので、みかねて、あすとるちゃんが買って来てくれたこともあったのですが(笑)。あすとるちゃん、ありがとう!!)
しかし、ポーリッシュ・デリにて発見。うき。
すばらしきかな、ポーランド。感謝。

ポーランド祭り

Posted by みら on   10  0



ひとり、ポーランド祭り。
sarasaさん(>> ピエロギ)やchickpeaさん(>> ピエロギ作り)が、きちんと手作りされているのを尊敬(+憧憬)しつつ、私は冷凍品。ふ。
ポーランドの餃子、ピエロギ(Pierogi)でございます。
「Kapusta」と「Grzybami」ってことなので、「キャベツ」と「マッシュルーム」入りというのはわかったのだけど、ザワークラウトだといいな。今夜、食卓に上る予定。



夫の好物、「Knoppers」。
「Knoppers」と「Hanuta」の違いはなに?(笑)
いずれにしても、ヘーゼルナッツ好きにはたまりません。



不思議とイギリスのスーパーマーケットではなかなかお目にかかれない「ハイビスカス・ティー」。
ドイツ時代からファンだったので、とりあえずゲット。ビタミンC補給には最高です。



6ポンド近くする大袋を買おうかどうしようかしばらく迷ったのち、結局、つつましく小さな袋を購入。
昨日ご紹介した、「KRÓWKA MLECZNA」です。

最近、ポーランドの学生や移民をよく目にするなぁ...と思っていましたが、しっかり、ポーリッシュ・デリカテッセンができていたとは驚きでした。
同様にアジア人(特に中国人、韓国人)の数も多いのに、アジアン・ショップが全然できない(もしくは長続きしない)っていうのはどうしてなんだろう?そういえばうちの町には、インディアン食材店もないんですのよ。ううむ。
でも、しばらくはこのポーリッシュ・デリカテッセンで楽しめそうです。うき。
ちなみに、ソルト・スティックと酢漬けガーキン(Gherkin)の大瓶も購入。

-----
(追 記)
「ピエロギ」は、冷凍のんを茹でてバターで炒めてみました。
皮はもっちもち。中身は、ザワークラウトとマッシュルームで酸っぱ美味しい仕上がりに。(sarasaさん、コメントありがとう~♪)
サラダと合わせただけで、十分な夕食に。
ごちそうさまでした。



KRÓWKA MLECZNA

Posted by みら on   16  0



今年のオスカーは、ただひと言、「おめでとう~!!」>ハビさん(Javier Bardem)、それから「No Country for Old Men
とは言え、「There Will Be Blood」は、これから(帰国前、ぎっりぎりに)観る予定なので、まだ偏った祝福↑なのですが。特に、こんな記事を読んだあとでは…。>> Times
>> Shockingly lopsided fight as No Country pummels There Will Be Blood (Times Online)

そして自分的に地団太踏んだのが、「La Vie En Rose」を見逃したこと。DVDだな…。
これから、帰国前に観ておきたい映画が、「Blood」含めて3本控えているので、(>> 「The Diving Bell and the Butterfly」「In the Valley of Elah」「There Will Be Blood」)、うまく、準備と仕事と(家事はもういいや...笑)やりくりせねばっ。
もうひとつ、「Before the Devil Knows You're Dead」は、チェックしたらフライト中に見られそうなので(ほくほく)、残しておこーっと。

-----
さて、話変わって。
日本には、「霜ばしら」という名の、すばらしく繊細で極度に美味な銘菓があるそうですね。(あなたの住んでいるところには、なぜかくも美味しい和菓子が多いのだ!? うらやましいぞっ。>ふっ
一度味わってみたいものだと、日々想像力のみを膨らませておりますが、先日遭遇したお菓子は、まさに、ヨーロッパの「霜ばしら」!! (勝手に命名)



Krówka mleczna」という、ポーランドのトフィーなのですが、口の中に入れると、"くしゃらん"とほどけて、軽めのトフィーの甘さがお口いっぱいにじゅわじゅわじゅわ~。(←もう少しまともな表現はないのか?? >自分)



包み紙があまりにもふざけていたので期待しないで口に放り込んだのですが、しかし「激旨」にて、とまらなくなりました(笑)。
「Krówka Mleczna」は、ファッジ・ミルクとかミルキー・ファッジとか訳せばいいのでしょうか?(>sarasaさまっ
↑...と思っていたのですが、
今日、ポーリッシュのEちゃんに聞いてみたら、「Mleczna」はミルクでいいのだけど、「Krówka」は、ちっこい牛(Little Cow)...と訳すのだそうです。ついでに、ポーリッシュ・デリカテッセンの場所も教えてくれたので、仕事帰りに行ってみよう。

ほんとに美味しかったーっ!(嬉)

さて実は、日曜の夜からしばらく、再びタマネギ・アレルギーにてへろへろになっていました。しかも今回、「生タマネギ」じゃなくて、ただの「オニオンパウダー」。orz
数ヶ月前から、玉ねぎは、売り場の横を通り過ぎるのもいやになってしまい、家でもまったく料理していないのですが、加工されたごく少量ならだいじょうぶだろう…と甘く見たのが怪我のもと。
重症になってます。
困ったなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。