スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*Nightmare*

Posted by みら on   0  0



Avenged Sevenfold

スポンサーサイト

and the winner of the Britain's Got Talent 2009 is...

Posted by みら on   12  0

昨日のセミファイナル(No.5)では、10歳の女の子(ホリー)が本番の途中で(緊張からか)泣き崩れて歌えなくなってしまう…というドラマがあったりして(...「あ?」って感じでもあったんですが…)、騒然となったBGT(Britain's Got Talent)でしたが、今夜(30日)がファイナルでした。

妥当な最終10人だったんじゃないか…と思ったものの、マスコミも大衆も、スーザン・ボイル(Susan Boyle)一色だったし、もともとスーザンをTwitterで広めたデミ・ムーア(Twitter/mrskutcher)が、ジャッジのアマンダ・ホールデン(Twitter/Amanda_Holden)とTweetしながら、スーザンの応援に夫のアシュトンくんを連れてファイナルの会場まで来る…とかいう駄プロモまであって、「ま、優勝はスーザンさんなんでしょうけど、正直うんざりだわ」って声も多かったファイナル前の数日。(結局、デミ&アシュトンは来ないことになりましたが…。)
>> Demi Moore to support Susan Boyle (BBC)

で、ファイナル。

前半は、グリーク父子のコメディ・ダンス、スタヴロス・フラットリー(Stavros Flatley)が、ダントツの人気。
「また、泣き崩れるのか?」と、はらはらしながら見ることになった、ホリー(Hollie Steel)でしたが、今夜は事件なし。
スーザン(SuBo←と短縮形ができたらし…笑)も、セミ・ファイナルよりは安定していて、「そうか、やっぱりSuBoおばさんに落ち着くのね…」と思っていたところで、9番目に登場したストリート・ダンサーの「ダイヴァーシティ(Diversity)」に、ジャッジ含めて(おそらく)全英がBlown away!

リーダーでコリオグラファー(振り付け担当)のアシュリー(Ashley Banjo)の力量もすごいのだけれど、(年齢差も身長差もある)メンバーの統合具合とかタイミングとかがパーフェクト。遊び心もたっぷりだし、息も合ってるし、2分だか3分の完璧な寸劇を見ているとしか思えないような技。「ストリート・ダンス」の粋を超えてますよ、ほんとに。
アフロでメガネの13歳のペリーくん(Perri Luc Kiely)も、かわいい上に抜群の技で、大衆ノックアウト状態でした。
オーディションのときから私は「ビビビ」だったので(笑)、ここでも既に何度か紹介しましたが(「BGT 3週目」「Diversity」)、このファイナルの演技がベスト中のベスト。



(ピアス以外の)ジャッジからも絶賛されて、「2位につけるかな?」「でもタレントを評価するなら、SuBo以上だったんでないのか?」と気にしつつ、結果発表。

...and the winner of the Britain's Got Talent 2009 is..;

Diversity.



もう、すっごいうれしい番狂わせ。
さすが、世界に動かされない英国民っ。(←ほめ方がどこか違うような気もするが)。

しかし、Diverisity、ほんとにWell deserved winnerでございました。おめでとう!
今年は、「Royal Variety Performance」まではここにはいないような気がするので、彼らのこれからは日本からチェックってことになりそうです。活躍してくれそうですよね。うん。

Dancers beat Boyle in talent show (BBC)

もらい泣き

Posted by みら on   2  0

BGTのセミファイナル3回目。
以前もご紹介した、12歳のシャヒーン・ジャファゴリ(Shaheen Jafargholi)くんが出るっていうことで、楽しみにはしていたのですが、でもBGTもここまで連夜になると、熱も中だるみ。
シャヒーンくん、上手でしたが、でもトリに登場したギリシャ人親子のコメディ・ダンスに完全に食われてしまいました。

そうだそうだ、予選(YouTube)でも大笑いさせてくれたんだっけなぁ…と、思い出しました。>スタヴロス・フラットリー(Stavros Flatley)

アガシを太らせたような、ギリシャ人父さんと12歳の息子のダンス・デュオなんですが、もう、笑える、笑える。で、最後の父さんの言葉がほろり…で、(アマンダも目頭押さえてましたけど)、バンクホリデー明けの殺伐とした職場で受けたげんなりした気持ちが癒されちゃいましたよ。この父子の姿に思わず投票してしまった人も多かったに違いない。
…で、一位抜けでした。すごい!

Semi-final performance: Stavros Flatley (ITV)
YouTube

2位を争ったのが、シャヒーンくんと、メッセージ系ダンス・グループの「MD Showgroup」(予選セミファイナル)。
で、2対1で、シャヒーンくんが勝ち進むことになったんですが、このあとの「MDに申し訳ない」っていうシャヒーンくんの涙にもほろり。
あぁぁ、もらい泣きの火曜日の夜。orz

Diversity

Posted by みら on   6  0

「Britain's Got Talent」ですが、昨日の番組で、セミファイナルに進む40人(組)が選考され、今夜から5夜連続で、セミファイナル。
今日がその一日目で、何かと話題のスーザン・ボイル(Susan Boyle)さんを含む8組が登場。
国民投票で最高得票数だった人(組)が一位勝ち抜けで、次がジャッジによる票決(投票順で2位と3位)でもう一人(組)が選考され、その上位2人(組)がファイナルに進むことになっています。

…というわけで、この風潮ですし、スーザンさんの1位抜けは確実としても、もう一組は?ってことで見始めましたが、最初に登場したダンス・グループ「Diversity」に釘付け。
予選のときにも(良い意味で)度肝を抜かされたので、ご紹介しましたが(>> BGT 3週目)、今回のダンスが、まさにモダンシアターを見ているようで、すんばらしい。
アフロくんのキュートさも抜群で、やるなぁ、イギリス…の一言。

Semi-final performance: Diversity (ITV)
YouTube

Diversityの見事さに比べて、世界注目度というか、"Hype"度No.1のスーザン・ボイルさんの「Memory」(Cats)は、感嘆符までは程遠く、それにこのおばちゃん、才能はともかくとして、見ていてかなり痛い(汗)ので、できることならDiversityのような才能を優先させてあげてほしいかな…と。

Semi-final performance: Susan Boyle (ITV)

犬がニャアと鳴くとき

Posted by みら on   0  0

今週はくだらないのがあまりに多過ぎてスルーしようかと思ったのですが、見直していたら、やっぱり通過できなくなってしまったので…。>> Britain's Got Talent

カーディフ予選といえば、2年前の勝者のポール・ポッツ(Paul Potts)氏の感動の「Nessun Dorma」(…やたらに、「の」が多いなぁ)。(これですね。>> Paul sings Nessun Dorma

で、今日のカーディフ予選で沸かせてくれたのが、同じく「Nessun Dorma」を歌った24歳のグレッグ・プリチャード(Greg Pritchard)さん。
彼の風貌も番組の紹介BGMもまるでロックンロールで、あまり期待はしていなかったものの、蓋を開けてみたら、これ(↓)。



細部まで聞いてしまえば、すごく上手い!というわけではないものの、でも好感度がめちゃくちゃ高いし、やっぱりカウンター・テナーは希少価値?
サイモンいわく、「It was like a dog miaowing.」(犬がニャアと鳴いたようだ)…と(笑)。
なんか、ほのぼのしてて、本来の「Britain's Got Talent」って感じで、よかですね~。

もっとも苦情の多かったコマーシャル

Posted by みら on   6  2

イギリスのコマーシャル。
Tacky、Wacky、Dopey...(←言いたい放題)なものが多くて、あまり記憶に残らない反面、(悪い意味で)グラフィックで、目を背けたくなるものもあるかと思えば、キャドバリーのゴリラのように、「おお」と唸るものもある…ということで、ま、各国似たようなものかな…と感じますが、英国の特色として、実は、見たら一生忘れられなくなりそうな過激なものも多いんですよね。(特に政府キャンペーン関係の広告。)

というわけで、苦情が多くて打ち止めになるような広告を作ることに意味がある…という広告業界の裏の定説もありますが、2008年、もっとも苦情の多かった広告ベスト10が発表になりました。

ASAと呼ばれる、「The Advertising Standards Authority」に寄せられた苦情件数は、2008年はこれまでを上回る26,433件。苦情対象となった広告数は、15,556広告だったそうです。

で、1位は、チャリティ団体「Barnado's」の作った「子供の虐待防止」のための広告。苦情件数840件。
これは私もはじめてTVで見たとき(子供もまだ起きていたので、そんなに遅い時間ではなかったような…)、文字通り目が点。「え!?」と、固まってしまったコマーシャルでした。頭を叩かれる音が、骨のほうにまで響いてきて、「なぜここまで...」と思ったのですが、やはり苦情数もダントツ。
あまりにも衝撃的なので、のちほどご紹介します。(一応、13歳以下のお子様は、親の承諾なしに見ないように…との但し書き付です。)

2位は、Volkswagen Poloの歌うお犬様。
フォルクスワーゲンの助手席に座っていることから、「highway code」にひっかかるのでは?とか、撮影中に虐待されていたんじゃないか?とかいう苦情が寄せられたそうですが、これは反応が過剰過ぎ?
ほんとの、「Polo Confidence」ということで…。って、愛犬家のみなさま、いかがでしょうか?
苦情件数734。



3位は、女性蔑視のOrangina!(笑)
いや、笑ってる場合じゃなくて、やっぱり不快かも。特に、"Orangina... Life is juicy"なんて括られちゃうとねえ。
とはいえ、動物を擬人化すれば確かにこうなるだろうし、この動物本能をそのまま具現化しちゃっているのが現代社会でもありますし(TVをつければ、こんなおねえちゃんばっかりだし...)、そこまで噛付かなくとも…という気もしますが。
苦情件数286。



そして4位は、去年かなり話題になった、男同士のキスのハインツ(Heinz)の「デリ・マヨ(Deli Mayo)」。
苦情は215件。
ゲイの多い国の割には、なぜここまでの苦情?って気もしますが、ま、確かにTVではあまり見たくないですかね。でも、結構おもしろい気も…。すみません。



そして5位が、政府のキャンペーン広告。Department of Healthの「おお、なるほどな」的な、親の喫煙告発広告。
タグラインは、"If you smoke, your children are more likely to smoke. Smoking. Don't keep it in the family."です。
親の真似をしてしまう子供の姿をうまく捉えていると思うのですが、(で、実際こうやって、タバコを吸う真似をする子どもって多いような気もするのですが…)、やはりショッキングな映像でもあったようで、苦情数は204件。
ここ(BBC)で見られます。

というわけで、1位の「Barnado's」の「Break the Cycle」ですが、これ、トラウマになる可能性もありますので、クリックする方は心してください。(とはいえ、これ、テレビのコマーシャルなんですがね…泣)。
家での虐待、暴力、ドラッグ、犯罪という「vicious cycle」を描いたものですが、あまりにも衝撃的なため、実際に家庭内暴力の被害者の方からも苦情が寄せられたそうです。


Shaheen Jafargholiくん

Posted by みら on   18  0

今年の「Britain's Got Talent」(←音、出ます)は、予選第1週目にして、スコティッシュのスーザン・ボイル(Susan Boyle)さんがYouTubeヒットになって、デビューも決まってしまう…とかいう展開で、なんだか「ふうん」て感じなんですが、(ポール・ポッツ(Paul Potts)ほどのインパクトはなかったような気がするんですよね。確かに外見とのギャップとか、それなりに上手いとかいうのはありましたが…。)
>> Susan Boyle debut song uncovered (BBC)

本日2週目にして、「おお」っと唸る12歳の少年登場。


(いつの間にか、Embedding不可になってました。あらら。リンク貼っておきます。>> http://www.youtube.com/watch?v=3e5z8evjMmE


ウェールズ地区予選で登場した、シャヒーン(Shaheen Jafargholi)くん。
Amy Winehouseを歌おうとしてサイモンに止められて、セカンド・チョイスのマイケル・ジャクソンを歌いだして、一同「ざわざわざわ~~」。
12歳にして、この歌唱力はいったいなんなんだー!!って感じでございました。
私には、先週のボイルさんよりインパクトありました。(ま、しょせん母親目線ですし。すみません。)
で、お母様もキュートで好感度最高。

というわけで、一昨年、昨年に引き続き、今年もちゃんと見てますです(笑)。なんだか好きなんだよなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。