スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さつま芋スティック

Posted by みら on   4  0



今朝、ナオコさんち(デジデジ日記)で拝見して、あまりにも美味しそうで、速攻で作ってしまった、さつまいもスティック。

切って塩水にさらして、小麦粉まぶして油で揚げて、グラニュー糖まぶして、新聞紙を折って作ったレトロ袋に入れてみたら、結構好評でした。:)



新年ついたち、アメリカ友と何気なくはじめた会話が、神と宗教と言語の話に発展し、(ちなみに彼はかなり敬虔なカソリック。でも、わりとオープンで、dogmaticじゃないタイプ)、それが、文章びっしりな長文メール交換の延長戦となり、結局、本居宣長を読み返し、さらに今日は、新渡戸稲造先生に進みました。苦笑
ついでなので夫も巻き込んで、仕事にも新年にも関係のないことを、よく喋り続けた三が日。(まだ続きそうなんだけど。)

神といえば、一神教の神をあらわす場合は「God」と大文字で、ギリシャ神話なんかの多神教の神を表現するのは小文字の「god(s)」なんですよね。
しかしつくづく思うけど、神道の「神々」や、日本人が日常的に使う「神」という言葉は、[gods]と英訳したら、結構な誤解を生みますよね。これは「Kami」とそのまま訳すか、何か別の表現を使う方が説明しやすい。
日本はやはり奥深いです。

スポンサーサイト

聞きまつがい

Posted by みら on   6  0

口唇ヘルペス(熱の華)持ちらしい息子。

「これ、コールスロー(Coleslaw)って言うんだよね」…と。
「え?違うよ~。コールスローはサラダのことじゃない。えぇ?」と聞き返したら、
「でも、そう言うんだよ。」とクールな返事。

もしや、新種のスラングかリンゴ(Lingo)なのか?と、半ば信じかけましたが、
「あ!そうか」…と納得。

「それ、やっぱり違うわ。コールスローじゃなくて、コールドソー(Cold Sore)だし…。」

息子の立派な「聞きまつがい」でした(笑)。


日本だと口内炎は一般的でも、口唇ヘルペスは、名前を聞く機会が少なかったような気がするのですが、英国では「Cold Sore」は結構一般的で、その薬も多いですよね。
コマーシャルもよく見るし…。

とはいえ、同じ系列のウィルスの帯状疱疹は、私も経験しているんですけどね。
出産後の心身ストレス絶頂期にこれにやられ、死ぬ思いをしました。(いま思い出しても痛い。泣)
口唇ヘルペスの単純疱疹(単純ヘルペス)もストレスが影響するそうで、やっぱり息子も引越しストレスかなぁ。

ちなみに、チョコラBBが効く(笑)口内炎は、「Canker Sores」とか「Stomatitis」。(*コメントで、「Mouth Ulcers」もいただきました。)
ドイツ語では、アフテン(Aphten)と言うんだそうですが、そういえば、「アフタ性口内炎」っていうのもありましたね。

Pipe Dream

Posted by みら on   12  0



あり得ない「うたかたの夢」のことを、パイプ・ドリーム(Pipe Dream)と言います。
パイ・イン・ザ・スカイ(Pie in the Sky)も同様の意味で使われますね。

…で、この「パイプ」とはオピウム・パイプ(Opium Pipe)のことで、オピウムを吸って幻想を見ることにひっかけて、「パイプ・ドリーム」となったという説がありますが、イメージ的になるほどな…と。

-----
以下、ちとプライベート・ネタです。
-----

Meh

Posted by みら on   15  0

私が今年、かなり多く目にした「ことば」。
Meh

聞くというより、「見ました」ね。ええ。Meh...

息子に聞いたら、友達との間でも(12歳児)、結構使うそうです。Meh.

…と思ったら、今年の11月17日の各紙の記事によれば、コリンズ英語辞典(Collins English Dictionary)にも加えられることが決まったんだそうですね。Meh.
>> Bothered Much? 'Meh' Is A Word (Sky News)

Meh.

これ、カタカナ読みでだいじょうぶです。
「メ」と発音してください。
元気に「メ」じゃなくて、やや下がり気味に呟くように「メ」がよろしいです。
Meh.

意味は、


kk

Posted by みら on   10  0



息子は太っ腹というか無邪気というか、携帯のテキスト・メッセージも時々見せてくれます。
…で、「愕然」とするわけです。わたし。笑

ment」って何よ?スペル違ってるじゃないっ!? 「meant」でしょ!…と本気で言うと、「テキストでは、mentと書くんですよ」と冷静な答えが返ってきたり。orz

DY」が、「Do You」なのは解読できたけれど、「TMB」ってなに?なに?ってことになったり。

最強なのが、「KK」。
「株式会社か!??」って感じですが、まさかそんなはずはなく(笑)......


Never mind

Posted by みら on   4  0

英語の決まり文句の中で、紙面でもっとも濫用され、そして英国人が一番「イラッ」とくるのは「at the end of the day」なんだそうですが、そのほかにも、「あ、やだな」と感じる常套句(クリーシェ=cliché)は多いようです。
BBCのサイトで先日特集されてましたので、これはあとでご紹介するとして、私の一番嫌いな「ことば」は、実は「Never mind」です。

教科書的解釈の「気にしないで」「だいじょうぶ、だいじょうぶ」っていう使い方はどちらかと言えば使用頻度は少なくて、たとえば子どもが、わけわからない"ティーン"の冗談を話し出して、「え?なにそれ?」って聞き返した私に、《ったく、頭の固い大人に説明してもしょうがないか》…という気持ちを表すのに、「ネッヴァー、マイーン~」と人を小ばかにしたように言って会話をやめる…っていうのが一般的な「Never mind.」かもしれません。

ま、これは別にいいんですが(↑)、イギリスにいると、もうひとつ「は?」って思う「Never mind.」使いがあります。

言っている相手に他意があるわけでなく、受ける側の私が、この表現になじめない…っていう問題なのですが、この私の「いらいら」を見事に表現してくれはっているブログを発見。イギリスに住むアメリカ人が感じる「Never mind」不快感ですが、思わずひざを打つっていうのは、このことですね(笑)。

>> never mind (separated by a common language)


「Never mind.」だけでなく、「Oh well.」や「Well, there you are.」でも同様なんですが、これ、ほんとに(相手が悪いわけではないけれど)死ぬほどいや(笑)。
夫に聞いたら、夫も嫌いだそうで、イギリス人でない私たちがこの言い回しになじむことはなさそうです。

アメリカ人のブログでも言及されてますが、たとえば、(自分からでも相手からでも)ちょっと深刻な話をはじめるとしますよね。で、「うんうん」と話が続いていきますが、いったん会話が途切れたところでいきなりイギリス人の言うのが「Never mind.」。これで会話が切れる。
これがね、私には「しゃあないじゃん」に聞こえてしょうがないんですよ。
「え?そんなんで終わる会話なわけ?」と拍子抜けする思いもあるけれど、特に相手がはじめた深刻な会話な場合、こちらは(なんてアドバイスするべきか…)と考え始めたりもするわけで、それがいきなり「Never mind」(ちゃんちゃん)と終わってしまうと、「えーー」ってなるわけですわ。

イギリスでの「Never mind.」は、「問題に煩わされないで前向いて行こうぜ」(←すごい意訳)的な意味合いが含まれていて、別に相手を突き放そうとしているわけではないのですが、でも溶け込めないと「むっ」とします。ほんと。



ところで、嫌いな20の常套句。
>> 20 of your most hated cliches (BBC)

嫌いって言うことは結局使用頻度も高いってことになるわけで、逆に言えば日本人が覚えておいても損はない英語の決まり文句ってことにもなりますよね。

"Basically" / "To be fair" / "To be honest" / "Going forward" / "The fact of the matter is" / "Let's face it"/ "Touch base" / "110%"/ "in the pipeline" / "The reason being" / "I'm not being funny but..." / "Can't get my head round it" / "Lessons will be learned"



頭の片隅にでもどぞ。

口腔

Posted by みら on   2  0




縦半分にしたバゲットの上にとろっとろに溶けたチーズを乗せて、「失礼!」と言いつつ、片手で立ち食い。これは最高に美味なんですが、時に、口の中を火傷します(笑)。
…と、そんな火傷をした昨日。


「きゃああ、口蓋、火傷したわっ」…と日本語で言ってもわかってもらえないので、(息子は「公害」かと思うんだそうで…笑)、「なんだっけ?パレート(Palate)でええのん?」とか考えていると、痛みも忘れる…と(嘘)。


そういえば昔、「ユービュラ」は記事にしたことあるよなぁ。(見つからないけど、ジンジヴァイティスもアップした気がするんだけどなぁ…)、と思い出し、忘れがちな「口腔」用語総まとめ。


上(↑)の口腔イメージ内の英語を日本語にすると…。↓↓

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。