スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルーマッチ ミネラルズ

Posted by みら on   10  0



去年出会って、手放せなくなってしまったもののひとつが、ミネラル・ファンデーション。
>> ミネラル・ファンデーション
>> bareMinerals

メイベリンで開眼して、ベア・ミネラルズでとりこに。
ベア・ミネラルズがあまりにも気に入ったものの、毎回、eBayで探すのは面倒で(笑)、次は Lily Lolo のオンライン・オーダーにしようと狙っていたものの、「でもその前に」…と、市販のロレアルを試すことに…。

True Match -Minerals- (トゥルー マッチ ミネラル ファンデーション)
色はさんざん悩んで、W3/Naturel Doré.
メイベリンの「Dune」が自分にはちょっと濃過ぎたので、それよりやや白めのカラー。
ただいまセール中で、お値段£9.99(1230円)。(ポンド、安すぎ。orz)

200109a.jpg


結果。非常に気に入りました。
特にブラシは、メイベリンのんより好きかも。

きめの細かさ、密着、長持ち具合は、やっぱりベア・ミネラルズよりやや劣るのだけど、しかしさすがに実力派。おそれいりました。

もう普通のファンデには戻れません(笑)。

スポンサーサイト

アクエアス・クリーム

Posted by みら on   0  0



敏感肌なくせに保湿剤ジプシーで、「いいらしい」というものには飛びつきます(笑)。
少し前に記事が出ていた、アクエアス・クリーム(Aqueous Cream B.P.)。



保湿クリームとしてはもちろん、水と合わせるとせっけんにもなるしリップバームにもなる...ということで、とりあえずひとつ置いてあるのですが...。んと、私にはイマイチでした。

今はだいぶ良くなったものの、もともとアトピーっ子の息子ならどうだろう?と思っていたものの、こんな記事を見つけて撃沈。
>> Warning over child eczema cream (BBC)

主原料が、白色ワセリンと流動パラフィンです。ほかにたいしたもんが入ってないのでいいのかもしれないけど、でもなんかすごく普通っぽいですよね。ううむう。

ただし、爪には非常に効果的でした。
軽く磨いたあとに、このクリームを塗りこむと、かなりつやつや。
…というわけで、爪専用クリームとして使っております。(500gもあるので一生使えそうだわ。orz)

-----



最近の食事。
フェトチーネとレタスの千切りを、すりゴマ+ハニーマスタード+しょうゆ+オリーヴオイルで和えてみたり、



ベジ用クウォーン(Quorn)のペッパー・ステーキ(全植物性)に、キャベツサラダとにんじんサラダ、新じゃがローストを添えてみたり…。

なんだか忙し過ぎて、いつも以上に疲弊してます。
仕事から帰ってきて、ごはんを作るのは楽しいのだけど、作り終えるととたんに食欲がなくなったり、ね。どうしよう、クリスマス。

Eye Jewellery

Posted by みら on   6  0

フローティング・ライト(Floating Light)でも有名なオランダのイケメン・デザイナー、エリック・クラーレンベーク(Eric Klarenbeek)。


プロジェクトとしては以前からあったものの、今回、商品化されるとのことで話題(←半ばゲテモノ的意味で…)になっているジュエリーが、コンタクトレンズにつけて、目から吊り下げるタイプのアイ・ジュエリー。


14mm X 33m程度のクリスタルや花などのアクセサリーを、医療用ワイヤーでコンタクトレンズに装着したものを身につける(眼につける)んだそうですが、これ、自分よりも相手(見る側)に苦痛を与えそう(汗)。





価格は£200(約4万円)程度だそうです。
しかしこれも、人を選びそうだなぁ。昔のジュリーがつけたら、すごくおしゃれっぽいけど…(古?)。


もっと見る?


bareMinerals

Posted by みら on   6  0



ベアミネラル(bareMinerals)に浮気してみました。
まだ、メイベリンのピュアミネラル(Pure Foundation Mineral)もたっぷり残っていますが(>> ミネラル・ファンデーション)、試してみたい!となると、試さずにはいられなくなる性格。orz


ベアミネラルは、ちっこい新品をeBayにて競り落としました(笑)。
£7(1400円)也。





カラーは、ミディアム・ベージュ(Medium Beige)。
メイベリンのんは、73のデューン(Dune)を選びましたが、それより色味がやや明るくて、使い分けできそうです。


こうなると、アイシャドーもミネラルかなぁ…と、今度は地元英国のLily Loloにも手を出してみたいわ…とひそかに計画中。値段もとっても魅力的だし…。


出遅れたけど、ミネラルの旅、謳歌中。わはは。

洗顔クリーム

Posted by みら on   2  0

ミネラル・ファンデの調子があまりに良くて、朝に夕にほくほくのみら子でございます。こんにちは。
もともと厚付きが嫌いでリキッドもあまり好きでなく、パウダー派なものの午後の化粧直しが面倒(おいっ)という性格の私には、軽いのにしっかり装着(さらに時間が経つごとになじむなじむ...)、朝の化粧も午後の化粧直しもパパッとお手軽…なミネラル・ファンデーションは、まさにぴたし。
うう~ん、素敵。
今使っているのは、ミネラル・ファンデの中でも一番評価の低いメイベリンの「ピュアミネラル」なのに(だから?笑)、この爽快感。
次はL'Oréalの「True Match Minerals」か!(ちょうどいまセール中で、メイベリンと同じ価格になってるし…)と思いつつも、でもやはり王道を行かねば…と、「ベアミネラルズ(bareMinerals)」に進むことに決定。
異様に乾燥する英国冬の肌にも最適ならば、もうミネラルさまさまですわ。




ところで。
落とす側の洗顔クリーム。
実は英国に来てから、クレンジング+洗顔クリーム・ジプシー(除:クラランス)だったんですが、クラランス以外でのここ数年のヒットは、これ。
ロレアル(L'Oréal)の、クレンジング・ムース(Visible Results Cleansing Mousse)。
「Anti-ageing cleansing」なんですがね。^^


これはもう、ずっと手放せずにダース買い(←嘘です)。
乾燥が気になるけれど、洗顔後のツッパリ感はいや。けれど、しっかり落としたい…って場合には最適です。

バンデージドレス

Posted by みら on   0  0

Herve Legerのバンデージドレス(Bandage Dress)。
Herv醇P L醇Pger(エルベ・レジェ)と言えば、デザイナーはMax Azria
Max Azria(マックス・アズリア)と言えば、BCBG


…と、ひとり連想ゲーム。


80年代のボディコン(懐っ)をよく知るわれわれ世代には、むしろほほえましくも映る(か?)バンデージ・ドレス。
ボディにものすごく自信のある方にしか着てほしくないですけど…。笑




ミネラル・ファンデーション

Posted by みら on   0  0



フリークとまではいかないまでも、結構コスメ好きなので、試し買い、衝動買いをすること、多しです。
最近使い始めて、「あら、いいじゃない」と思ったのが、流行りのMMU(Mineral Makeup)。
とはいえ、一番お手軽に買えた、メイベリン(Maybelline)の「ピュアミネラル パウダー ファンデーション(Pure Mineral Foundation)」ですが。Kabuki Brush(歌舞伎ブラシ)付で、£9.99。





これが、かなりのヒット。
軽いのにしっかり定着。しかも化粧持ち抜群。コンパクトなカブキブラシも悪くない。
お勧めです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。