スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりなき食欲 - Endless Appetite

Posted by みら on   1  0

(*いまだに...という感ありですが、ドイツ記をもう少しだけ。)
食欲が底なし(笑)だった今回のドイツ。
思えば英国時代からシュパーゲル(Spargel=ホワイトアスパラガス)をはじめドイツ食を懐かしんで時々Lidlで買い物をしたりしていたわけで、約10年ぶりにドイツに降り立って「きゃあ~、悔いの残らないように食べておこう!」となるのも自然の摂理...と。笑

加えて数か月の日本生活で「なんでチーズがこんなに高いわけ?!」と涙目になっていたところで改めて実感したのが、ドイツでのチーズ(+ビール)の豊富さと安さ。初日からチーズ三昧となりました。

で、着いた日の翌日、仕事が終わってからハノーファー駅の「馬」の前で待合わせしたのがこの方。ウェールズ時代は同じ町の"すぐそこの角"(笑)のご近所同士で、そして2年前の彼女のご転勤先となったのが、まさに私の住んでいたハノーファー。
子どもの年も同じでそして「おお!」ってな共通点もあり(ふふふ)、素敵なご縁は今回もハノーファーだけにとどまらず、ハンブルグでもお世話になったのでした。(ありがとうございました!)

ふたりで行った先は、Paulaner
もともとヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)大好きだし、ここは肩も凝らないし...ってことで、久しぶりに盛り上がりましたん。飲むだけでも十分だったけれど、つまみはやはり「Käsebrett mit Gewürzgurke und Brotkorb」。



食べ切れないくらい美味でございました。(もちろん、生玉ねぎはよけましたが)。そして"話"が特に美味しかったです~。Sさま、また近いうちお会いしましょう。

----------
Paulaner am Thielenplatz
Prinzenstraße 1,
30159 Hannover
----------

それから今回は、Good Old Friendsたちとの再会(...とはいえ、昨年秋と今年のはじめに既に東京でも会っているのだけれど...w)も満喫。もう20年近い付き合いになるので、彼らといると心の故郷に帰る...ってな感じになりまする。
ICE(..."In case of emergency"ではなく"Inter-City-Express"ね...って、わかるってば。笑)でベルリンから来てくれた友とはハノーファー駅で待合わせ。「朝ごはん食べようぜ」ってことで駅構内を移動していたら、なんと偶然にも知った顔に遭遇!
彼はちょうどこの日からはじまったUFOのヨーロッパツアーで、初日のハノーファーにちょうど着いたところ...という偶然。3人合流で朝食ということになり、「それなら、ハノーファーで一番美味しいと評判の寿司屋に」と、朝から寿司。w

行った先は、駅構内の「Tokio Sushi」。



駅構内とはいえ、ここは在ハノーファー人からもよく名前を聞く寿司屋で、「新鮮で美味」と評判。寿司だけでなく、うどんや天ぷらや韓国料理もある、ミックス・アジアン系。後日テイク・アウトでも利用しましたが、相棒にも評判良し。確かにドイツで食べるお寿司としては結構美味かも。

----------
TOKIO SUSHI
Niki-de-Saint-Phalle Promenade 73
30159 Hannover
----------

その後、場所を移して、「居心地の良いカフェ」としても有名なCafé Mezzoへ。

----------
Café Mezzo
ListerMeile 4
30161 Hannover
----------

ここでベルリン友とふたりで、ちょっと込み入った話をしてそのあとは郊外の親友宅へ電車(S-Bahn)でごとごとごと。
最近必要に迫られて(ま、クレイマー・クレイマーだな)「男の料理」を研究している親友が、ランチにと用意しておいてくれたのが、スパイスの調合から手作りの、男のカレー。



レシピ元はまったく違うけれど、ジェイミー・オリヴァーをふと思い起こさせるようなインディアン。(きっとスパイス配合が似ていたんだな。)大変美味しゅうございました。
で、こういう親友たちとは何年距離があろうとも、結局あうんの呼吸になるわけで、あとで合流した"もう一人"の親友と4人で、笑みの絶えない一日となりました。こういう関係って、私くらいの年になるとほんとに貴重なんですよね。彼らの存在に感謝。

その晩は、UFOの楽屋に遊びに行って、昔の仕事仲間に再会。こちらもほぼ15年ぶりくらいで、しかし音楽業界って、みんな年の取り方が遅いので、経た年月、まったく感じず。笑

...と、ここまで読み返すと、「自分史の旅」みたいな回顧番組系になりそうですが(...)、今回はそれだけでなく、新しい友たち(1.5世代下...笑)と一緒の時間が多かったんですの。
で、彼らとの仕事後、深夜過ぎに全員くったくたになりながら入ったレストランで私が白ワインとともにオーダーしたのが、「ドイツっていったらこれよね」(←私の場合)の「Kartoffelpuffer mit Apfelmus」。



「深夜に食べるか?!」ってな感じの量とカロリーでしたが、もちろん完食。で、帰りは相棒の車の中で熟睡。爆
...そんなわけで、「ドイツで食べたものの5%記」(わはは)でした。

【余談】
この文章を書きあげるのに実際2週間以上かかり、さらに先ほど書いたものの半分が消えてしまって書き直し。あぁぁ。140字に慣れ過ぎか!?(笑)というのもありますが、でも日本にいるとやっぱり時間に「追われる」感があるんですね。同じ24時間でもUKでは、その中に「時々止まったりゆっくり動く」時間っていうのが確実にあって、気持ちの余裕も違っていたように思います。
今回のドイツでも、仕事を離れてただ「ぼぉーーーーっ」とできた時間があったんだよなぁ…と、しみじみです。

スポンサーサイト

クリタラキ -Kritharaki-

Posted by みら on   1  0



ところで、私たちが住んでいた郊外の小さなヴィレッジ
小さいながらも、何軒か馴染みのあるレストランもありまして、良く通ったイタリアンは隣の町に引っ越してしまったものの、グリーク・レストラン(ギリシャ料理)は、名前もオーナーも変わっていたけれど健在!!外観も内装も(!)昔のままでした。
友達を引っ張って行って、いただいたのは懐かしい「サガナキ(Saganaki / σαγανάκι)」。



無知ゆえ知りませんでしたが、「サガナキ」というのは「両手付きの小さなフライパン」という意味だそうですが、でも単に「サガナキ」と言えば、チーズに小麦粉をまぶして焼いたもののこと。
ここではいつもフェタのサガナキ。
すごく美味しいけれど、さすがにお腹に重い!(笑)

...とか言いつつ、もう一品。
これも好んでよく注文していた「クリタラキ(Kritharaki / κριθαράκι)」(お米の形をしたパスタ)。



で、出てきてから「あ、違った!」と(笑)。
いや、クリタラキは正しいのですが、注文の際には「ohne Fleisch」(肉抜き)で「mit Käse überbacken」(チーズ乗せてオーヴン焼き)にしてもらうのが常でした。そういえば…。忘れてしまった。
今回はラム肉たっぷりでチーズ焼きなしの、メニュー通りな正統クリタラキ。
さすがに全部は食べ切れず、半分は「お持ち帰り」になりました~。

しかし、女ふたりだと喋ることが多くて、しかもここに来る前にたっぷりゼクト(赤)を1本いただいているゆえ(私のみ)、饒舌さに拍車がかかる…と(笑)。
そんなわけで時間はどんどん過ぎ、結局零時を回って、本当は電車で帰るはずだったのに、飲んでいない彼女の車でハノーファーまで送ってもらったのでした。今回ドイツの高速(アウトバーン)も久しぶりに乗りましたが、快適ですよね、やはり。びゅんびゅん飛ばせるしタダだし。

というわけで、危険なまでに食べ物が美味しかった今回のドイツ滞在でした。

塩の力

Posted by みら on   2  0



去年の秋、日本に来て間もない頃、"塩フェチ"な私のために、スタッフ(…2b neway)M氏が買っておいてくれた、日本の塩。



八丈島の天然自然海塩、「黒山海(くろさんかい)」。
これが、非常に美味しゅうございました。感謝。
トマトをオリーヴオイルで炒めながら、この塩をふると、フライパン上でトマトの旨味がぎゅっと凝縮されるのが見えるほどの美味しさ。

こうなったら、やっぱり焼き立ての厚切り(厚く切り過ぎ...)パンでサンドイッチにしたくなる。



こういう美味しい塩に合わせたくなるのが、酸味と辛味。
…となれば、アジアには私の大好物のこれがある。
トム・ヤム・クン。





美味しいトムヤムクン・ラーメンのお店があるから…と誘われてランチに伺ったのですが、「ほんとに美味しい!」。
私には辛さが若干足りず(笑)、プリッキーヌーを足していただいたりして、至極満足いたしました。
ごちそうさまでした。

そして、「塩」と言えば、お汁粉。(味覚が支離滅裂に飛びますが…笑)





MOSのお汁粉の噂を聞いて出かけたものの、ぜんざい嫌い(こしあん以外の小豆はダメなんです)の私には、「ううむ」という感じ。残念。
しかしUKでは、こういう選択自体なかったわけで、やっぱりニッポンはえらい。笑

そして今日(1月7日)の「塩」は、七草がゆ。





パックになってセットで売ってるんだ~!と、日本では当たり前のことに感激し、去年は英国でこんなことしてたんだなぁ(>七草リゾット)と思い出すと、なんだかしみじみしちゃいますよね。
正式七草粥と、異国のやっつけ七草リゾット。単純比較はできないですが、どっちも良かったなぁ。人生なんて、そんなものですかね。

ごちそうさまでした。

Glühwein

Posted by みら on   2  0



年越し蕎麦もおせちも、特に好きではないため(これは小さい頃から)、一応お重に形だけは用意したものの、元日の午後出かけたSCで見かけたこの方(↓)にぐぐっと心が動かされ(笑)。





これにカマンベールとバゲットで、幸せなお正月が過ごせました。

そうこうするうちに、なんと、こんな方々も北海道からいらっしゃり…。



以上、飲める幸せを満喫した年明けでした。
(ま、でも、そろそろ減らさんとな…。)

柚子の黄金煮

Posted by みら on   0  0



食べることに関しては、好奇心旺盛で貪欲なので(笑)、これまで結構なんでもトライしてきたつもりですが、それでも「はじめて」の味というのは、この広い世の中、まだまだ、まだまだ、まだまだ、あるわけで…。

先日、「自家製の"柚子のデザート"よん」と、お料理得意のおねえさま(前出)に手渡されたこれは、一口食べて「なにこれ!??人生初の味だわっ」と、驚愕。



柚子の主張が激しいのだけれど、ねっとりとした甘味はまるでジャムか羊羹か…。しかしそこにはゼリーのような爽快感もあり、"まさに白砂糖!"的、極度の甘さは、寒さで凍った頭と身体の隅々まで沁み渡るぅぅ。
「なんだろう?なんだろう?どうやって作るのだろう??」としばらく考えていたものの、ギブアップ。
「レシピ教えてください!」と拝んだら、プリントアウトして持ってきてくださいました(感謝)。

柚子の黄金煮

というのだそうです。
おせちの中でも使われることがあるのだとか。なるほど。
"黄金"というネーミングといい、ゴールデンカラーといい、栗きんとんのようなねっとりとした甘さといい、確かにおせち向きよね。

材料は柚子と砂糖のみ。
種を取り除いて皮をむいた柚子を、塩水にしばらくつけてから簡単に湯がいて、そのあと、体積の50%の砂糖と果汁でじっくり煮込む料理らしいです。

おおおおお。
皮を使った後の柚子の使い途に困っていたので、これ、かなりいいかもですね。
ごちそうさまでした。

新しい!といえば、タイ料理屋さんでいただいた、これもまた美味でございました。



トマト丸ごとゼリー。
トマト好きにはたまりませんよね。
ゼリー部分は、酸味と甘みがほどよく調和された、やや固めのゼラチン。
で、湯むきしてほんのり甘い丸ごとトマトの姿煮は、ほどよく崩れて絶好調。
大変美味しゅうございました。また食べたいなぁ。笑

ごちそうさまでした。

Vegetable Burger Mushroom

Posted by みら on   8  0



日本に帰ったら、美味しいものをたくさん食べるぞー!という意気込みが、特に外食部門で長く続かなかった理由のひとつが、タバコ。
UKでの、公共の場所全面禁煙生活に、あまりにも慣れ過ぎて、やはり日本のレストラン(およびカフェ)のタバコの匂いに耐えられず…って場面が多々あって(禁煙席に座っても、喫煙席からの煙がバシバシ状態)、足が遠のいてしまったのも事実。
うちの夫。20代の頃は、ものすごいチェーン・スモーカーだったんですが、その後自分の意思で、禁煙・ベジタリアン生活に変わってから、タバコの匂いに耐性がなくなったんだそうで(そういうものなんですかね?)、いまだに煙はつらいらしいです。

それと、話がまったくそれるのだけど、日本での「エビ」の使用率って結構高いですよね。
「今日はレディ・メイドにしちゃえ!」と思う時も、スーパー等の出来合いのものって、肉とエビ・カニの使用率がわりと多いんですよ(笑)。甲殻類、貝類は絶対無理な夫なんぞ持つと、こういうとき苦労しますです。はい。

そんなこんなで、都内での仕事の移動中で、時間があまりなかった遅い昼食。
目に付いたのが「フレッシュネス・バーガー(Freshness burger)」で、「あ、そういえばここってベジ用のバーガーがあったんだよな」と、飛び込んでみました。

1階の禁煙席があまり居心地よさそうでなかったので、2階の喫煙席隣の禁煙席(全然意味なし)でいただいた、マッシュルーム・バーガー(Vegetable Burger Mushroom)。



ポートベロ・マッシュルーム(Portobello mushroom)!!!懐かしいーっ!
(結構好きで料理しているはずなのに、英国時代でブログにアップしたのは、このくらいだわ。まあ。>> スティルトンマッシュルーム

すごく美味しそうだったのだけれど、私はあまりに巨大な玉ねぎにおののきパスし(笑)、夫は「食べ辛過ぎる」とのことで、お互い、「もうオーダーしないだろうなぁ」と結論。orz
味は良かったらしいですけど。(夫談)

このマッシュルームは、やっぱり名前の通り、その「美しき傘」の中に何か詰めて、チーズ乗せてオーヴン焼きにしたいよね。

手作り大福

Posted by みら on   6  0



「明日、お餅つくのよね~。」
「へぇ~、すごい!誰が?」
「機械が…。」

…とかいう、とぼけた会話(笑)を友人とした翌朝は、その前に焼いたパンを使い切るための一品。
夫のためのアボカド・サンドイッチ。

全粒粉のパンは、出来栄え、普通...。
(塩気がやや足りない…との、夫のコメント。確かにそうだったんだよな。塩分を、"a pinch"減らしてみたの。そうか、塩加減てやっぱり大事なんだな。)

アボカドは、再び種をコップの中へ。
(夫と息子、双方から深いため息つかれましたわ。「また、6か月待つの?」とのこと。ふん。芽が出始めたら、君たちだって喜んでいたじゃないか!>> ウェールズでのアボカド栽培記録

白菜とほうれん草は、我が家の庭のミニミニ菜園より。
地産地消?ちょっと違うか(笑)。



…と、うだうだ言いつつも(笑)、午後は餅つき機で餅つき。
結構昔のもので、しかも全然使っていなくて、マニュアルもなかったので、おそるおそるのトライアル。
つきはじめてからの水加減が微妙だったものの、大昔の"杵搗き"を思い出しつつ(嘘。小さい頃は、手伝うことより食べることのほうが大事だった...笑)、第一弾の5合、完了。
こんなもんかなぁ。
つき過ぎて、やわらかくなり過ぎ、鏡餅にはむかなそうだったけど、大福としては合格。
(その前に、きな粉の安倍川餅とお汁粉も作っているんですけどね。)



Azuki Beansから圧力鍋で煮て餡子を作って、電子レンジで白玉粉をチンして作った(>> 白玉粉.com レシピ 【白玉求肥餅】)、海外でのなんちゃって大福も懐かしいけど、やっぱり何でも簡単に手に入ってしまう日本はありがたし。

日曜日の出来事でした。
ごちそうさまでした。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。