スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cross

Posted by みら on   2  0

これは既にポピュラーか?とも思いますが、こっちに来ている日本人で知らない方もいたので念のため。

Cross

イギリスで、「I am cross.」と言われたら、「わたし、怒ってるのよっ!」っていう意味です。幼稚園児から既によく使います。
クロス!です。どぞ覚えておいてくださいませ。

Cross違いですが、子どもがよく使うイディオム。
cross my heart and hope to die

「誓うわ!」「約束する」という意味で、「ウソついたら針千本飲ーますっ!」と同じ感じです。

スポンサーサイト

TaとTa-ta

Posted by みら on   11  1

あなたが結構優等生で、高校の試験の成績もかなり良くて、それで「英語試し!」と思ってイギリスに来て、まず「はぁ?」となるのは、TaTaTaじゃないかと思う。

Ta(ター)は、「ありがとう」
Ta-ta(タター or タラー)は、「さよなら。(バイバイ)」

である。
しかも、この「Ta-ta」は、「タター」と発音されることは少なく、たいてい「タラー」となる。
加えて、タータラーの使用頻度は極めて高い。「ブラインド・デート」という番組の司会をしていた、シラ・ブラック(Cilla Black)も、いつも番組の終わりに、「タラー!エブリワン」と言っていた。

お店で買い物をするとき、お金を払うと、ぶっきらぼうに「ター」と言ってくれる店員さんも多いし、バスを降りるときも、「ター」と言う。
ターとタラー。イギリスでぜひ使ってみてください。

Patron Saint of Wales

Posted by みら on   0  0

20050131010555.jpg

町の中では、女の子用の民族衣装が目につくようになりました。
ウェールズの守護聖人(Patron Saint)は、セント・ディヴィッド(St. David)と言って、お祝いをする日は3月1日です。Walesでは、この日はなぜか祝日になっていないので、学校には、ウェルシュの伝統衣装に身を包んだ学生や教師が多くなります。民族衣装に欠かせないのは、Walesの国花のダフォディル(黄水仙)。結構かわいいです。
ちなみに、他3国の守護聖人と祝日は、イングランドがセント・ジョージ(St.George / 4月23日)、スコットランドがセント・アンドリュー(St.Andrew / 11月30日)、アイルランドがセント・パトリック(St. Patrick / 3月17日)。英国は一国ではなくて、四国の連合国なのだ…と実感するときです。

50年不眠

Posted by みら on   6  0

Ananovaより
Man hasn't slept in 50 years
71歳の中国人。20際の頃から夜寝たことがないそうです。それ以前には、夜、1~2時間寝るくらいだったのが、ある日、数分のお昼寝(nap)で十分なことに気付いて、それからそのままの人生だそうです。
病院でも、彼の不眠症(insomnia)を治すのは不可能で、でもお元気でいらっしゃるそうです。

私も時々、夜、まったく眠れないことがあります。眠剤も効かず安定剤も効果なし。そのときは、「寝れ!!」という強迫観念に襲われるのですが、ほんとはそんなもの要らないのかも。眠れないなら起きてしまって、昼間とか夕方、悪夢もAnxietyも強迫観念もない30分~1時間のお昼寝(うんと深いやつ)が一番心と身体を休められるような、そんな気もします。

学食風ランチ

Posted by みら on   2  0

20050131000157.jpg一番下には「チャンキーサラダ」という、シャキシャキと歯ごたえのある葉っぱばかりをそろえたサラダで、その真ん中に、スパゲッティ(ブロッコリーとラディッシュのオイル系)。さらにスクランブルドエッグを乗せたら、野菜入りの豆腐のフライ。
かなりボリュームがあったようで、最後はウィル、半泣きで食べてました。(うちは「お残し×」なのです(笑)。)

20050131001837.jpg

一昨日のブランチ

Posted by みら on   0  0

20050130181540.jpg

自分では食べないけれど、家人のために作るランチ。一昨日は、バスマティが大量に残っていたので、半分はケチャップで炒めて、ウィルのオムライスに。その半分で、ライスサラダを作りました。
バスマティをレモンとオリーヴオイルでさらさらにして、そこにトマト、きゅうり、4種類くらいのレタス、ゴマを加えてサラダに…。その上に、フライド・マッシュルーム(天ぷらの衣とパン粉を半々)をトッピングして、軽いお食事です。

シリアル

Posted by みら on   6  0

20050128202340.jpg息子が時々食べる、Jordansのシリアル(breakfast cereal)。
先週後半は体調が優れず、鬱の波も来ていたので、そんなときは、悪いと思いつつ、「シリアル」で朝食をすませてもらっちゃいます。ボールに入れて、ミルクを注ぐだけ。はぁ~。便利なのだけど、「朝ごはん」じゃないですよね。
この習慣を見るたび、私は日本の朝ごはんを誇りにしちゃいます。炊き立てのごはんにお味噌汁。漬物に焼き魚、卵焼き。時間のないときでも、佃煮や海苔、明太子やたらこ、高菜や卵(生)は常備してあって、インスタントのお味噌汁でも十分に美味しい。日本の子どもは幸せだなぁ~。

この時期、私の一番好きだった「朝ごはん」は、ふきのとうの味噌炒め。砂糖を控えめにして、ふきのうまみだけをさっと炒めたおかずは、ご飯にとっても合いました。食べたひ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。