スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Black Dress

Posted by みら on   6  0

BlackDress.jpg結局、徹夜になってしまいました。ま、楽しい仕事だったのでいいのですが…。そういえば日本は連休なんですよね。いいなぁ~。イギリスは夏休みとかイースター休みが長いせいか、一般の休日(バンク・ホリデー)って少ないですよね。それでも来週の月曜日は、こっちもバンクホリデーなのだとか。(息子に教わりました。わはは。)(…「Early May Bank Holiday」…と言うらしい。)

ところで。
Daily Mailの有名人写真特集に「Stars and their little black dresses」というのがあったのでふと思い出したのですが、私の洋服ダンスの中は90%が黒です。なんだかこういうのも情けないのですが(泣)でも黒でいっぱい。赤や白も数着はあるのだけど、でもほんとに数えるほど。あぁぁ、芸がないなあぁ。
でもね、純粋に黒い服が好きなんですよね。特にリトル・ブラック・ドレスは、何着コレクションしても飽きないくらい好き。ははは。(はよ痩せよーっと。)

スポンサーサイト

ああ、MGローバー

Posted by みら on   2  0

MG Rover.gif



フ、古イネタでスミマセン…。アア、MGローバー。

Category : UK
Tag : UK

Copycat Celebs

Posted by みら on   5  0

Copycat.jpgこれだけデザイナーや服が氾濫している昨今、やはり有名人といえども、誰かと同じ服を着てパーティーに出席してしまうことがあるようです。
そんな、偶然にも同じ服を選んでしまったセレブたち…の写真特集! >> Copycat celebs

(くだらなくてすみません…。)

真似をすることをCopycatって言うんですが、なんで猫なんだろう?

あと、あと、Pear-shapedって言うと、洋ナシ型?ん?って思いますが、これ、「事態が悪いほうに行っちゃう」ってことなんですよね。「go pear-shaped」ってカタチでよく使われます。(“It's all gone pear-shaped”とかね。)
私は洋ナシが好きで、アクセサリーなんかの洋ナシ形も好きなんで、なんでこの形が「悪くなる!」になるのか、頭で理解しても心が理解しないんです(笑)。わはは。

愛称 -Pet Names-

Posted by みら on   11  1

夫が非日本人だから…ってな理由で、「ねえねえ、いつもだんな様のこと、ハニーとかスウィーティーとか呼んでるの??」と聞かれることがありますが、

「あり得ませんっ!」(断言)

「ダーリン」と呼んだことさえありませんっ(笑)。(考えただけでもキモチワルイ…。がははは)。うちは通常、「ねえ」とか「おっ」とか「…」(←何も言わずいきなり話し始める…)…です。
とは書きつつも、でもよそ様ご夫婦や映画の中での呼びかけあい(?)を聞くのは嫌いではありません。普通にさらっと「ハロー、Sweetheart」とか「Pumpkin」とかっていうのは、聞いてて「うひひひひ」と思うわけです。(うひ)

こういう愛称(Pet Names)っていうのは、もちろん恋人同士や夫婦間だけではなく、親子や同僚、友人、知人、上司・部下、先生と生徒、道端での会話…なんかでもよく使われていて、これはこれで結構おもしろいもんです。
英国に来たての頃、仕事上の電話の向こうで「Thank you, Love.」と言われ、「なんじゃそりゃああ!」と叫びそうになりましたが、LoveとかDarlingとかは、日常的によく耳にします。小学校の先生が子どもと話をするときも、「なあに?ダーリン」とか言うし、怒って「You silly sausage!」とか言ってるのも聞いたことあります。("ソーセージ(sausage)"って、へ?とか思うけど、でもよく出てきますよね。)

前置き長くなりましたが、以下UK(だよね、きっと…)のTop 10 pet names。

Love
Mate
Duck
Babe
Sweetheart
Honey
Pet
Chuck
Darling
Lover

英国人の統計調査によれば、ウェールズ人は最もこれらの愛称を不快に思う国民(「国」ですから一応…。ウェールズは…)だそうで、特に仕事場で、"love"とか"mate"とか"honey"とか呼ばれるのを嫌うらしいです(確かにあまり聞かないかも…)。けれどスコットランド人は、愛称を使うことをあまり不快に思わず、英国全土でも全体的にPet Namesは好まれるとか。
ただタブー語はもちろんあって、"セクシー(Sexy)"と呼ぶと品性を疑われるらしいので要注意デス。(…うんうん)。あと、"ベイブ(Babe)"も嫌われる愛称のひとつだそうでお気をつけくださいませ。ま、確かに下品に響きますね。

'Don't call me babe', says survey (BBC)

Category : UK
Tag : UK

Gosford Park

Posted by みら on   2  0

Gosford Park.jpg先週末、テレビで「ゴスフォード・パーク(Gosford Park)」をやっていたので見たのだけど、また途中で寝てしまいました。_| ̄|○
一度だけでは登場人物の相関関係が把握できなかったので(できなくありませんかっ??)、今度こそ…と思ったのですが、殺人のあとあたりから睡魔がどぼどぼ…。映画は1時15分くらいまでやっていたのですが、「はっ」と目が覚めたときには、既にメアリーが車に乗り込んで、ゴスフォード・パークを後にしてました……(う)。
この映画、すっごく好きで、もう家具から食器からファッションからアクセサリーから髪型から会話から…目が釘付け状態なのですが、でも登場人物多過ぎ…。く。またビデオ、見直そ~っと…。

ニュースより

Posted by みら on   2  0

ドイツのハンブルグでは、ひきがえる(Toads)が爆発死するという奇妙な事件が起こっているらしい。
Exploding Toads Baffle Experts(Local6.com)
身体がいきなり膨らんで、それで自家爆発しちゃうのだそうだ。何千匹もの蛙が犠牲者。近くに来ていた海外のレース用の馬が何かの菌を運んできたのでは…と推測されている。
写真はこちら。(あ。ヒキガエル嫌いなひとは見ないほうがいいです。)>> SLIDESHOW

ミャンマーのHla Htayさんは、自分の子どもだけでなくヤンゴン動物園でベンガル・タイガーにも母乳を与えている(!)とのこと。
TIGERS GET TEAT TREAT(写真付) (SkyNews)
3月半ばにヤンゴン動物園で3匹のベンガル虎が生まれたのだけど、母虎はうち1頭を殺し母親役を拒否。2頭が救出されたのだけど、ボトル・フィーディングは失敗。人間の乳首ならだいじょうぶだったらしく、この方法になったらしい。授乳時間は45分。歯がはえる4月末頃は授乳を中止する予定だそう。すごい…。

Foul-mouthed

Posted by みら on   6  0

「foul-mouthed」というのは、Fワードや不快な言葉を使うひとのことで、日本語でも「口汚い」と訳されてます。
上品ぶるつもりはないのですが、でも「foul-mouthed」な人たちは苦手です。どの言語でもどの国でも、やっぱり苦手。日本人(特に女性)が、アメリカンぶってわざと汚い言葉を使おうとしているのを見るのも苦手。

イギリスでももちろんfoul-mouthedなひとは多いですが、パブリックでそれをやられると、やっぱり痛いです。料理番組が好きでよく見てますが、「foul-mouthedシェフ」は非常に多い。厨房でswearしながら作った料理を、高いお金を出して食べる気には毛頭なれないです。
ITVの「Hell's Kitchen」も「ピー音」だらけ(笑)。元祖Hell's Kitchenシェフの"らむ爺(Gordon Ramsay)"もfoul-mouthedシェフの筆頭。
これに関しては、ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)も同格で、成功を収めたChannel 4の「Jamie's School Dinners」でもかなりかっ飛ばしてしたらしいです。
…が、この言葉の汚さが視聴者に不快に映ったそうで(そりゃ、そうですよね。学校給食がテーマなわけで、子どもや親が見ていたわけですから…)、発売予定のDVDからはスウェア・ワード(汚い言葉)がカットされる…とのこと。

Jamie's Foul Words Cut Out (SkyNews)

やはり料理文化というのは低いのか…。

Category : UK
Tag : UK
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。