スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シア・バター

Posted by みら on   2  0



昔からシアバター(Shea Butter)好きです。この名前を見ると、ビビビで、試さずにはいられなくなるのですが、このブランドのリップバームは失敗に終わりました。orz
やわ過ぎ。
やはりリップバームは「Burt's Bees」のこやつが一番。↓

BBees09a.jpg

これからの季節、「もの言えば唇切れる…」状態になりますんで(←前にも書いたな、これ…)、リップバームは必需品でございます。

WSB09b.jpg

でも同じ系列の、シアバター「フェイス&ボディクリーム」は、たっぷりリッチで、使用後のさらり感も悪くなく◎。

WSB09a.jpgさて、シアバターっていうのは、シアの木(Shea Tree)の実から抽出されるオイルで、「ロクシタン」によれば「女性の宝」と言われているそうです。詳しくはこちらをどぞ。>> 真実の話 シアバター
…と同時に「Sheaちゃん(Sheaくん)」と言えばアイリッシュ系のファーストネームでもあり、これが、スコティッシュの男性名「Seaghdh」(スコティッシュ・ゲーリック語で、「すばらしい!」の意だとか…)から来ているらしく、英国語って地下で複雑に絡み合っているものですよね。
というわけで、英国にいると、時々ストレートに発音できない名前にもよく遭遇します。

スポンサーサイト

水羊羹

Posted by みら on   8  0

水羊羹

先々週、誕生日プレゼントをぴよ姐さん(野菜好き♪レシピ)に送っていただきました(感謝)。
前から読みたかった本を送っていただき、書きたいことがあるのですけど、それはもう少しここが落ち着くまで待ちますわ(笑)。

…で、ぴよ♪姐といえば、美味しいもの!
一番感動したのは、むらせライスさんの「炊くだけ簡単、手間いらずで本格派」な「お赤飯」。簡単なのに(…水を入れて炊飯器で炊くだけ)、美味しいところがすごい。海外在住者には救いの神のようですわよ。

そして、やっぱり「お手軽簡単」な(←ぴよ姐さん、私の性格、よく知ってはるわ…笑)「水羊羹」の粉。
水で溶いて火にかけて冷やして固めるだけなんですが、甘すぎず、小豆の味もそのままで、大変美味しゅうございました。

水羊羹

せっかくなので、2層にして、寒天と小豆寒のふた味を楽しませていただきました。

…ウソです。orz

おそらく幼稚園児でもできるんじゃないか…ってくらいお手軽にできているんですが、失敗しました。ががん(涙)。
見事くっきり2層に分かれました。あぁ。
でも美味しかったからいいの。

ぴよ姐!ありがとうございました。ごちそうさまでした。

お知らせ

Posted by みら on   55  0

FC2では、2005年1月から続けてきた「アンモナイト -Ammonite-」ですが、今回のことで、子どもにもここまでの悪意を持って見られて(読まれて)いたのか…と今ごろ気がつきました。
子どもの写真や個人情報等は極力載せないようにしていたものの、でもやはり親の視点ですし、文章そのものを不快に思われていた方もいらしたのでしょう。残念ですが、しかし自分の中でも「ブログ」を覚書代わりにしていたこともあり、不注意な点もあったのかもしれない…と反省しております。

…というわけで、「子ども(Child)」と「多言語:マルチリンガル(Polyglot)」関連のエントリーは、一通り削除しました。

が、せっかく記録として書き綴っていたものを、ヘイトコメントごときで全削するほど純心でもないので、過去ログ含めて、これからは「子育て」に関しては、別ブログに綴っていきまする。
海外での子育てやドラマスクール、マルチリンガル実況記録(笑)に興味のある方は、メールか鍵コメかミクシいただければパスワードをお知らせいたします。

それから、おそらくこれがある種の「オブセッション」となっていたかもな…と思った「ランキング」をすべて取っ払いました。これまでどうもありがとうございました!

地球はまるい

Posted by みら on   13  0



あすとるちゃん(英国生活日記)(日本に着いたかな?長旅お疲れさま!)の里芋の新芽に、毎朝、朝露がきれいな球体になって乗るようになりました。気温も低くなったので葉の成長は遅いのだけど、その代わりの水の曲線。自然は美しい。

「修学旅行」というのは、私たちの時代、6年生の思い出の旅(…実はあまりよく覚えていないのだけれど…笑)でもあったけど、息子の学校でも2泊3日の旅が学年末(7月)に予定されています。
…が、これ先着30名のみ。
費用が結構かかるのでそれを考慮してなのか、はたまた宿泊先の都合なのか、全員行けないんですよね。不思議だ。
…というわけで、ボーっとして出遅れた私たち(毎度)、「30番目」で修学旅行、ゲットしました!(ほっ)

昨日、「驚愕するようなことが起こりつつあり」…と書きましたが、結局白紙になりそうですわ。期待もあっただけに残念だったな…。けどこれが本来の進むべき道なんだろう、きっと。(実は暗い。orz)

そうそう。とっても陰湿な無記名のヘイトコメントをありがとう。
最近は(昔からか…笑)無駄な文章の羅列が続いているし、確かにこういうブログは存在自体が不快ですね。はい。

またしても…

Posted by みら on   6  0



出かける前は、「よし!これも、あれも」…と夢は大きいのだけれど、出先では仕事が長引いたり予定が狂ったり…と、結局なにも果たせないまま家路につくことが多い。ふ。
というわけで、今日は最後の「たったかたー」で相棒に急かされながら、「Marks & Spencer」でいつもの寿司パックを買っておしまい。orz
なんでいつもこればっかりなんだよおー!



確かこの前は、ロンドンはユーストン駅で、この寿司パックだったよなぁ。
しかも、今回のごはんがぼろぼろかさっかさで、ひどく不味うございました(泣)。こんなんで£3.50ですもん。(ま、最近は£1=100円としか計算してないんで、いいんですけど…)。ツナの太巻きふたつになんだかよくわからない細巻ふたつ、スモークトマカレル(鯖の燻製)と海老とスモークサーモンの握り。以上。

ここに来て、なんだかカタカタ忙しいざんすよ。
本職のほうでは、「え?」と驚愕するようなことが起こりつつあり、もしほんとになったらすごいなぁ…と、暗闇の中で考えてみたりする。
ほんと。予期せぬこととはいつ起こるかわからない。

ウォーカーズ・マーマイト

Posted by みら on   10  0

Walkers Marmite

先週は「マーマイト」で検索されて来られる方が多かったんですけど、もしかして日本でもマーマイト・ブーム?(違)

…だからというわけじゃないんですが、今日仕事中に息子に「クリスプス買ってきて!!」と頼んだら、「マーマイト味」を持って帰ってきました(笑)。
私はマーマイト好き(Love)だからいいんですけど、嫌い(Hate)なひとには嫌がらせになりますね。んふ。(キャッチコピーは、Love it or hate it?
とは言っても、クリスプスの場合、そんなにマーマイト味はしません。お薦め。
>> Marmite

明日はヤボ用でカマーゼン(Carmarthen)まで南下してきます。
ウェールズの場合、南に下りると都会に行く!って感じになります。…って、カマーゼンは別に都会でもなんでもないんですが、でも「Tesco」あるし(あぁ、程度の低い喜び…。orz)、少しは買い物もできるかな。

変な意地 -20面ダイス-

Posted by みら on   0  0



買いたいものは多々あれど、「お小遣いの中でやりくりしなさい」と言われているために、掘り出し物探しがうまくなってきた息子。
この20面ダイス↑も、25p(55円)で見つけてきましたが、これはなかなか綺麗な買い物でした。うちに遊びにくる男たち(中年男子)が、子どものように喜んでダイスを降る光景が見られる…というおまけ付。

男なんて、いくつになっても子どもよね。

息子のダンススクールの先輩たち(ユースシアター組)の中には、「このまま映画に出してもいいんじゃないか」ってくらいの美貌の少年たちが多いっす。
…で、一度息子の連れてきた友達(13歳)のTくんのことを、「へぇ。すごいかっこいいねえ」と本気で言ってしまってから(←言うなよバカ!>自分)、最近の息子のルックス上のライバルはTくん。orz
Tくんはブロンドのサラッサラの美しい髪の持ち主なので、一度は「ブロンドに染めたい!」と言われ、私たちに即刻却下され(笑)。
…が、昔ブロンドの夫が「ストリーク(blonde streak)入れればいいじゃない」…と妥協案提出。
「げっ!」っと思ったのは私ですが、この案に乗り気の息子。
ブロンドのハイライトが入る日が近いかもしれません。(失敗しないといいけどねえええ…。)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。