スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラット

Posted by みら on   7  0



おかげさまで息子のスタマック・バグ風フルーは、快方に向かいつつあります。
…と思ったら、案の定今度は私が喉をやられ、夫も発熱の兆し。
困ったな。

で、今回の風邪で聴きたくなったのが「ラット(RATT)」。
なぜだかわかりませんが、スティーヴン・パーシーの潰れた声が喉の痛みにちょうど良かったんでしょうかね(違)。
当時はさほどファンではなかったんですが、やはり懐かしい曲は単純に懐かしい(曲も単純だけど…)。
たとえば、「You're In Love」とか「Body Talk」(YouTube) とか。ほらね。(…誰に同意を求めているんだか)。

WarrenDM.jpgRATT」と言えばウォーレン。
Warren de Martini。
いまだに美形で長髪で見目麗しゅうございます。
そういえば去年の夏ごろは、LAでうちの義兄と一緒になにかやってましたっけね。

RATTはいまだに健在で、スティーヴン・パーシー(Stephen Pearcy)が抜けた後に新Vo.(Jizzy Pearl)を入れて活動してましたけど、そのJizzyも脱退して、今後はスティーヴン復活で再結成ツアーをするとかしないとか。
ジョン・コラビ(John Corabi)も、ギター(ぇ?)としてまだRATT在籍中なんですよね(ほお)。
ジョン・コラビといえば、ヴィンス・ニール脱退後に「モトリー・クルー」の新Vo.になった人で、あまりパッとしなくてかわいそうだったなぁ…という印象しか残ってませんけど、その後、ドイツの野菜売場で頻繁に彼のことを思い出しました。
ドイツのポピュラーな野菜に「kohlrabi」っていうのがあるんですけど、(日本名は、「蕪キャベツ」とか「蕪甘藍」とか)、これ、名前に「Kohl」(コール)が入っていてキャベツ科とわかるのですが形状は蕪。味も蕪に近くて、よくお漬物を作ってました。
ググると、カタカナ名が「コールラビ」でヒットしますが、現地で北ドイツ発音で聞くと、サウンド的には「コーラビ」…と聞こえます。
…で、この野菜を見るたびに「ジョン・コラビ」を思い出していた…んですが、同じような体験された方いらっしゃいませんか?(いないよ…。orz)

スポンサーサイト

Sunflower & Sesame Roast

Posted by みら on   6  0

今回のオスカー・ファッション。個人的に直感で「美しい!」と思った女優さん3人は、Nicole KidmanCate BlanchettRachel Weisz
逆に、メディアでの評判はかなり良かったのだけど、「なんだかな…」と思ったのが、Kate WinsletGwyneth Paltrow、それからHelen Mirren…。クイーンにはもはや誰も何も言えない…んだろうな。きっと
そういえば、凛子さんも今回は正統派のハリウッドの黒で、米でも英でも「ベスト・ドレッサー」のカテゴリーの中に入ってましたね。よかったよかった。
(*リンク先は、Sky Shoebizのオスカー・ギャラリーです。)

以前も書きましたが、「The Queen」はイマイチだったし、うちでは「The Departed」を観ることもないだろうし、オスカーは「そうだったのね」ぐらいの感想でした。アメリカで現地でTVを見ながらだったら、おそらく感想は違っているかもしれないですけど…(笑)。

…というわけで、カラフルなオスカーから一転して、今日の夕食は無色の地味なベジ用ロースト。
「Sunflower&Sesame Roast」…です。

Sunflower & Sesame Roast

オーヴン型付きの簡単ミックスで、水を加えてオーヴンに放り込むだけ…というシロモノ。VeganにもOK。
こういうナッツ・ロースト系は、イギリスのベジタリアンの間ではポピュラーで、レストランのメニューにも多いです。とりわけ好物でもないのですが、おかずが足りないときにはちょうどいいです。
…というかさ、もう少し工夫しようよ。>自分



言い訳しますと、昨日から息子がスタマック・バグにやられてまして、(インフルエンザがお腹にくるやつですね)、高熱出して胃腸をガタガタにしちゃってます。…で、夜は1時間ごとに起こされ、それで仕事もあるので、私もくたくた。働いていて何がつらいって、子どもが病気したときですよね。ふぅ。
プラス、こわいのは、「きっと次は私だ」ってことです。orz
なんかとんでもなく症状が重いので、自分でも今から覚悟してます。出張もあって、帰国も近いのに、困ったな。

りんごとポテトの重ね焼き

Posted by みら on   3  0



昔のエキブロ時代(「英国西海岸から」)をご存知の方にはおなじみの、みら風怪奇創作料理。(なんせ、巻き寿司入れた寿司パンとか使ってますし…汗。)
しかし改めて見ると、当時の写真は非常に拙いですね。>自分 orz

夫のランチだったので、どうでもいいや、もとい、手早く簡単に…というわけで、万能鉄鍋に入れていったのが、薄切りじゃがいも+バター+りんごの薄切り+バター+オートミール(プレイン)+ゴーダチーズ。



これで蓋をして数分。
香ばしい香りが蓋を取る合図。

りんごがどう転ぶか…と思いましたが、意外と合いました。
オートミールが味の決め手でした。この場合。
何層かに重ねても良かったかな。
ソーセージとかベーコンを入れても合うかもしれないです。

Dorset Cereals

Posted by みら on   0  0

Dorset Cereals

在英の方にはおなじみな「Dorset Cereals」シリーズ。
うちは、アンチ・ケロッグ派で(…とは言いつつも、おまけの誘惑に負けて時々買っちゃいますけど。>> ケロッグのやり口 orz)、巷では美味しいと評判の「Jordans」のシリアルも、どうも甘過ぎてうちではパスなので、英国シリアル・ジプシーしています。

私の場合、牛乳嫌いなので(笑)、シリアル(ミューズリー)にはもっぱらヨーグルト(無糖に限ります)。
…で、この「ドーセット」は、ヨーグルトに最高です。オーツのパリパリ感がほどよくて、ナッツの歯ごたえとドライフルーツのもちもち感が一緒についてくる…って感じですね。

Dorset Cereals

で、さらにこのパッケージが、食卓にもおっしゃれ~。
そして、いまオフィシャル・サイトでやっている、「母の日プレゼント」用の「The breakfast in bed set」(シリアル・ボウル、ミルク・ジャグ、マグ付き)が自分用にほしいのであります(笑)。
ちなみに、イギリスの母の日、2007年は3月18日です。

Dougray Scott -イアン-

Posted by みら on   3  0

ますます目が離せない「Desperate Housewives」。寂しい私…。orz(ほっといてください。)
ツイン・ピークス(Twin Peaks)のカイル・マクラクラン(Kyle MacLachlan)に懐かしく目を細めていましたが、もう一人、忘れてはいけないスコッツもレギュラー出演されてました。
最初は、「げっ」と思わないでもなかったんですけど(なぜか…)、見ているうちに馴染んできました。
スーザン(テリー・ハッチャー:Teri Hatcher)の新しい"イギリス人"の恋人役、イアン演じる、ダグレイ・スコット(Dougray Scott)。

Enigma1965年11月、スコットランドはファイフ(Fife)生まれ。
…で、カーディフの「The Royal Welsh College of Music & Drama」卒。
そうか、ウェールズにも関係あるのね。(←こじつけ)

少し前は、新ボンドの噂も出ていた、セクスィ~系でも人気の男優さん。
個人的には、彼の演じるウェールズの詩人「ディラン・トーマス(Dylan Thomas)」も観てみたかったんですけど、この映画は予算の関係でぽしゃった模様(残念)。

ちなみにご存知の方も多いと思いますけど、「ボブ・ディラン(Bob Dylan)」の「ディラン」は、この「ディラン・トーマス」から取られています。(本名はツィンマーマン -Robert Allen Zimmerman-)。

彼(ボブ・ディラン)の自伝「Chronicles (2004)」によれば、最初は「ロバート・アレン(Robert Allen)」をアーティスト名にしようと思ったものの、その後ディラン・トーマスを知り、結局「ロバート・ディラン→ボブ・ディラン」となったそうです。

ウェールズにいると、岩手の宮沢賢治のごとく、かなりディラン・トーマスの名前を目にすることになります。ついでなので、彼ゆかりのパブにも行ったことありますけど、暗かった~~。もう行かない。


おっと、話が反れましたが、そのダグレイ・スコットが、私の好きなクレア・フォラーニ(Claire Forlani)と婚約したそうですね。(←「Meet Joe Black」の綺麗な女優さん。イギリス人。)
おめでとうございますぅ!

ブロイゲル

Posted by みら on   6  0

下からの続き(>> 「Babel」の発音)になりますが、ドイツ語では「Babel」は「バ-ベル」だそうで、それからブリューゲル(Pieter Bruegel)の話をしようとして、どうも話が噛み合わない。>夫と

「バベルの塔のブリューゲルだよ」…と言ってみたら、

「なんだ、ブロイゲルのことか…」と、夫(←嫌味なことに苦笑付き。ふん)。

というわけで、Pieter Bruegelは、ドイツ語読みだと、「ピーター・ブロイゲル」。
オランダ語で「ピーター(Peter)」は「Pieter」と綴られる場合も多く、オランダの影響が強いサウスアフリカ出身の人の名前にも、時々「ピーター(Pieter)」さんがいらっしゃいますね。
オリジナルの「Peter」は、ドイツ語読みだと、ハイジでおなじみの「ペーター」。

「Babel」の発音

Posted by みら on   2  0

Pieter Bruegel / The

「バベルの塔」と言えば、まず思いつく絵が、ブリューゲル(Pieter Bruegel -about1525-69)の「The Tower of Babel」(1563年)。ウィーン美術史美術館(Kunsthistorisches Museum Wien)にあります。
…で、ちょっとひねくれて、WebMuseumさまより画像をお借りしてきたのが、同じくブリューゲルで同じ年の作品の「The "Little" Tower of Babel」(↑)(小さいバージョンですね。60 x 74.5cm)。オランダはロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン博物館(Museum Boymans-van Beuningen)所蔵です。
実はブリューゲルはこの他にも一点、合計3点の「バベル」を描いていたそうです。

…という前振りのもと、今日の話題は「絵画」でなくて「映画」。
オスカーを直前に、凛子さん熱気で日本でも盛り上がっているオスカー。その凛子さんが助演女優賞候補になっている作品が「Babel」。

BABEL

日本語カタカナ表記なら話は早い。
バベル

…が、海外では「発音」がなかなか統一できなかったようで…。
たとえば「イギリス英語(British English)」では、「ベイブル」(...'Bay-ble' 風)。
「アメリカ英語(American English)」では、同じく「ベイブル」か「バブル」(...'Babble'風 )。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro Gonzalez Inarritu)監督とガエル・ガルシア・ベルナル(Gael García Bernal)くんのネイティヴであるスペイン語(Spanish)では「バーベル」(... 'Bah-bell'風)。

…というわけで、主演のブラピも授賞式で、

"Thank you for honouring our film "バブル", or "ベイブル" or "バーベル", we're still arguing how to pronounce it."
…と言ったそうです(笑)。

ちなみに英国では、先日の「バフタ授賞式」はじめ、すべて「Babel=ベイブル」で統一されております。

*「バベル(Babel)」とは、ヘブライ語で「Babhel」で、語源はアッカド語(Akkadian)の「bab-ilu」(="Gate of God")になるのだそうです。

いずれにしてもオスカーは、ファッションも楽しみな、凛子さんのご健闘をお祈りいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。