スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heavily Snowy

Posted by みら on   4  0



30℃のドバイから移動した私たちを迎えてくれたのは、豪雪。

...えと、体調を崩すにはもってこいの変化でした。笑

スポンサーサイト

ドバイの休日

Posted by みら on   8  0



ちょっとした手違いで、ドバイにおります。(UAE:United Arab Emirates / Dubai
いわゆる中東、「ミドル・イースト」とはこれまでまったく無縁で、今後も訪れることはないだろう…と思っていましたが、しかし瓢箪から駒が出ることもあるわけで...。
いずれにしても、この「バージュ・アル・アラブ(Burj Al Arab)」は圧巻。夕日の沈む様など、既にこの世のものとは思えないです。
さらに、フェデラーとアガシがプレイしたコートも下から眺められたので、個人的に興奮度上昇(笑)。
>> The Helipad Open photos (BBC Photo Gallery)



この7星ホテルの浮ぶ海の名前は、自分の中では徹底的に「ペルシャ湾(Persian Gulf)」でしたが、ここドバイにて、それが決してPCではないことも習得。こちらでは、「アラビア海(Arabian Gulf)」ですね。ううむ。やはり中東って場所は難しい。

それにしても、なんでも税金が高いくせに、恩恵があまり伴わない英国のような国からくると、「税金?それなに?」ってな国はもうほんとにうらやましい。ふつうのスーパーでも英国ものは多いですが、やはり割安。いいなぁ。



あ。そうそう。これまで写真等で見て、話にも聞いてはいましたが、しかしドバイ空港のゴージャスさは、本気ですごい。しかも夜中になってなお煌びやか。(↑上の写真とは何の関係もありません。すみません。)
「ゴールド」が好きな人にはたまらないだろうなぁ(笑)。私はシルバーのほうが好きなので、なんだったんですけど、この光景はいつまでも頭に残りそうです。しかしオイルってほんとにすごいのね(ため息)。

Lawry's タバスコソルト

Posted by みら on   0  0



イギリスの片田舎では、ほとんど見かけることのない「Lawry's」。
が、昨日、町のヘルスショップでいきなりこの方を発見(↑)。
正式名称は、「Lawry's Red Pepper Seasoned Salt / Made with Tabasco Dry Seasoning」(長っ)。



早速今日は、ポテトの重ね焼き(じゃがいもとトマトとキャベツとチーズを重ねて蒸し焼きにしたもの)と、ブロッコリーのスパゲッティで使ってみました。
辛~~(嬉)、しょっぱ~~(使い過ぎです!)。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

マーモットのような睡眠

Posted by みら on   4  0



半ば強引に「休み」を掴み取り、夕方海辺で一羽のカモメをながめていたら、ようやく「休んだ」気になりました。しかし既に日の終わり。遅いよっ!>自分(笑)。



この数週間、仕事場では精神的に参ることばかりなり…でした。
たとえて言うなら、20年以上も地道に部署を築き上げてきた、五十歳目前の部長のところに、トップが若い愛人を送り込み、その愛人に好き勝手させる…みたいなもん。しかもこの愛人の頭もテイストも、極めて最悪。周りからも嫌われているのに、本人は愛人の立場を利用して、なんでもやりたい放題、言いたい放題。
こうなると、職場の雰囲気は極端に悪くなるわけです。…で、こういう「フラストレーション」系の疲れって、睡眠だけじゃ取れないってことになるわけですよ。ふう。



そんなストレス過多の部長が、退社間際に(*私は残業居残り)差し入れてくれたものが、カフェー・ミット・ルム(schwarzer Kaffee mit Rum)。
これじゃ仕事中に酔うっつーの!(爆)
「イースターには会えないから、早いけどハッピー・イースター!」とのメッセージ付。
どもども。

…というわけで「休日」。
私は休みでも、息子は学校。夫に至っては、早朝6時から仕事…などという変なスケジュールで、朝は休んだ気がしませんでしたが、午後からは「リーテイル・セラピー(Retail Therapy)」。つまりお買い物で憂さ晴らし(笑)。
私の場合、Retail Therapyは、ほとんどコスメか洋服か...なのだけど、今回は気分に任せて「ヘアダイ」(漆黒ブラック)購入。(意味不明)
去年日本の美容院で、「いまの時代、真っ黒に染めるのって、ダサいですよ」と忠告されたのだけど、ここにいる限り、別にダサくはないので(おそらく...)、決行。
あ、いけね。もうすぐ日本に帰るんだった。汗
私は、服も黒で髪も黒で、その上腹も黒いので、白馬童子と出会うチャンスはないだろうなぁ。(←再び意味不明)

そういえば昨日、「泥のように疲れた」と思って、ふと考え直したら、「泥のように眠る」が正しい使い方ですね。
「泥」は「ドロ(mud)」じゃなくて、想像上の生き物の「泥 -デイ-」。

英語には、「Sleep like a log」という言い方があります。→丸太のように眠る。
熟睡する。ぐっすり眠る。…の意味です。
英語では、「log」(↑)とか「top」(Sleep like a top)(←この場合の「top」はコマ(回す独楽))が一般的ですが、大陸に行くと、ほとんどが「マーモットのようにぐっすり眠る」となります。

ドイツ語:Schlafen wie ein Murmeltier
フランス語:Dormir comme une marmotte
スペイン語:Dormir como una marmota
イタリア語:Dormire come una marmotta


丸太や独楽より、マーモットのように眠りたいなぁ~。
いずれにしても外国語表現は、「泥のように(疲れて)眠る」…とは、ちょっと違うかなといった印象があります。私には。(それはきっと私が、疲れ過ぎると熟睡できなくなるからでしょうかね…。)



夜になって、精神疲れも回復してきたので、家族を誘って海辺で食事。
こういう形で出てくるカレーは、なんだかうれしい。(ちなみに、これにナンがついてきました。)

Swearing an oath

Posted by みら on   2  0

今朝真っ先に目に付いたニュースといったら、これ。

>> Pupils 'to take allegiance oath' (BBC)
>> Pupils to 'swear oath of allegiance to the Queen' under new British citizenship plans (Daily Mail)
>> Children’s oath to Queen (Times)

英国市民権(/英国人であるということ):British Citizenship:の自覚を促すために、義務教育終了時に、子どもたちに「女王への忠誠を誓わせる(swear an oath of allegiance to the Queen)」のはどうか…という法案が提案されたらしいです。

英国で永住権を取るために受けなければならない、「British citizenship test」(Life in the UK Test)が話題になっているときなので、これはもしかしたら、テストにパスした外国人が、女王への忠誠をも誓わせられるのか!?? と、最初ぞぞぞーっとしましたが、法案は、「既に英国人である」の子どもたちに向けられたものらしいですね。(それもある意味こわいのだけど…。)

スコットランドでは、この法案は支持しない...と表明しているそうですが、ウェールズもそれに続きそうですね。^^

「時代が逆行してるよなぁ、この国...」とよく思いますが、これもまた…。

Category : UK
Tag : UK

台風

Posted by みら on   0  0


Porthcawl, Wales. Photograph: David Jones/PA (Guardian)


>> Flood alert in West Country as 80mph winds batter Britain (Guardian)
>> Power failures and transport chaos as 80mph storms batter Britain (Times)
>> Rain and high winds battering UK (BBC)

怒りを抱えているのに、それを癒したり解き放ったりすることなく、心の中で「諦め」に変えてしまうのは、もしかしたら自分のインナーチャイルドなのかもしれないぞ…と、ふと考えた深夜。

台風は、英国をなぎ倒しながら進んでいるようです。
春はまだ遠いですね。

Category : UK
Tag : UK

最大の嵐、迫る

Posted by みら on   0  0

洪水対策の「Floodline Warnings Direct」へ登録するための手紙を環境庁から受け取ったばかりですが(>> Official Warning)、現在、かなりの規模の嵐(台風)が、英国の南~西側に近付いて来ています。
日曜(9日)の深夜から月曜日にかけては、ウェールズ南部~西部もかなりの暴風域に入るそうで、明日の朝が気になるところです。(ただいまこちらは日曜の夜)。

>> Warning of evacuation over storms (BBC)
>> Britain Battens Down The Hatches (Sky News)

ニュースでも、「この冬、最大の嵐」という表現になっているので、前回の嵐(>> Winter Storm)よりひどいのかと思うと、気が滅入ります。(風の音で眠れないし...。orz)
英国での風速をあらわす「mph」については、前回説明しましたので(>> Winter Storm)、そちらを参考にしていただくとして、今回の嵐も予測では「80mph(時速80マイル)」となっているようです。
このあたりは今回は、「35mph」(=風速15メートル)。ということは、前回と同じような感じですね。(予報では…)。
ただ、この風と雨が水曜日あたりまで続くようで、痛いところです。
海沿いのみなさま、どうぞご注意くださいませ。

わたくし個人的には、この日曜日までの1週間は、精神的にも肉体的にも最大級の仕事量で、日曜の残業がようやく終わって、もうへとへと、ばてばてでございますわ。
あまりの疲労に、口元に不気味な笑いが浮かんでいたようで(爆)、「こういう状況で笑えるやつの心境が知れない」と煙たがられましたが、ふん、ほっといてください。

Category : UK
Tag : UK
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。