スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとも苦情の多かったコマーシャル

Posted by みら on   6  2

イギリスのコマーシャル。
Tacky、Wacky、Dopey...(←言いたい放題)なものが多くて、あまり記憶に残らない反面、(悪い意味で)グラフィックで、目を背けたくなるものもあるかと思えば、キャドバリーのゴリラのように、「おお」と唸るものもある…ということで、ま、各国似たようなものかな…と感じますが、英国の特色として、実は、見たら一生忘れられなくなりそうな過激なものも多いんですよね。(特に政府キャンペーン関係の広告。)

というわけで、苦情が多くて打ち止めになるような広告を作ることに意味がある…という広告業界の裏の定説もありますが、2008年、もっとも苦情の多かった広告ベスト10が発表になりました。

ASAと呼ばれる、「The Advertising Standards Authority」に寄せられた苦情件数は、2008年はこれまでを上回る26,433件。苦情対象となった広告数は、15,556広告だったそうです。

で、1位は、チャリティ団体「Barnado's」の作った「子供の虐待防止」のための広告。苦情件数840件。
これは私もはじめてTVで見たとき(子供もまだ起きていたので、そんなに遅い時間ではなかったような…)、文字通り目が点。「え!?」と、固まってしまったコマーシャルでした。頭を叩かれる音が、骨のほうにまで響いてきて、「なぜここまで...」と思ったのですが、やはり苦情数もダントツ。
あまりにも衝撃的なので、のちほどご紹介します。(一応、13歳以下のお子様は、親の承諾なしに見ないように…との但し書き付です。)

2位は、Volkswagen Poloの歌うお犬様。
フォルクスワーゲンの助手席に座っていることから、「highway code」にひっかかるのでは?とか、撮影中に虐待されていたんじゃないか?とかいう苦情が寄せられたそうですが、これは反応が過剰過ぎ?
ほんとの、「Polo Confidence」ということで…。って、愛犬家のみなさま、いかがでしょうか?
苦情件数734。



3位は、女性蔑視のOrangina!(笑)
いや、笑ってる場合じゃなくて、やっぱり不快かも。特に、"Orangina... Life is juicy"なんて括られちゃうとねえ。
とはいえ、動物を擬人化すれば確かにこうなるだろうし、この動物本能をそのまま具現化しちゃっているのが現代社会でもありますし(TVをつければ、こんなおねえちゃんばっかりだし...)、そこまで噛付かなくとも…という気もしますが。
苦情件数286。



そして4位は、去年かなり話題になった、男同士のキスのハインツ(Heinz)の「デリ・マヨ(Deli Mayo)」。
苦情は215件。
ゲイの多い国の割には、なぜここまでの苦情?って気もしますが、ま、確かにTVではあまり見たくないですかね。でも、結構おもしろい気も…。すみません。



そして5位が、政府のキャンペーン広告。Department of Healthの「おお、なるほどな」的な、親の喫煙告発広告。
タグラインは、"If you smoke, your children are more likely to smoke. Smoking. Don't keep it in the family."です。
親の真似をしてしまう子供の姿をうまく捉えていると思うのですが、(で、実際こうやって、タバコを吸う真似をする子どもって多いような気もするのですが…)、やはりショッキングな映像でもあったようで、苦情数は204件。
ここ(BBC)で見られます。

というわけで、1位の「Barnado's」の「Break the Cycle」ですが、これ、トラウマになる可能性もありますので、クリックする方は心してください。(とはいえ、これ、テレビのコマーシャルなんですがね…泣)。
家での虐待、暴力、ドラッグ、犯罪という「vicious cycle」を描いたものですが、あまりにも衝撃的なため、実際に家庭内暴力の被害者の方からも苦情が寄せられたそうです。


スポンサーサイト

豚インフルエンザ 2

Posted by みら on   2  0

昨日の報道では、「名前は公表できません」てことだったのだけど、今朝のタブロイド紙では実名報道。や~ね~、タブロイド…と思いながら、普通の新聞を見たら、全部いっせいに実名報道。写真付。TVのニュースでも実名、写真、詳細付…ということで、「あ?なんで?」という感覚になりました。

スコットランドで感染が確認された豚インフルエンザ(スワイン・フルー:Swine flu)の話です。

>> British swine flu victims were on honeymoon in Mexico (Times)

おふたりは、新婚カップルでハネムーンでメキシコに行かれていたそうで、帰国後体調を崩したために検査、感染確認(英国初)、いまは隔離病棟で順調に回復されているとのことです。
ご主人と一緒に飲みに行かれたご友人やご両親が念のために検査中で投薬も受けた…とのことですが、しかし勤務先から趣味のフットボールのメンバーへの感染懸念の話まで、「そこまで?」という報道に、驚きました。

英国っていうのは、年齢や、被害者、加害者、事情、背景、etc.に関わらず、なんでも実名報道(時に住所付)でびっくりすることがあるのですが、これも同じでした。

そんな英国。ウェールズではメキシコ帰りの8人が、「豚フルー感染疑い」で検査を受けているということで(英国全体では21人が感染疑いケース)、今後もニュースは長く続きそうです。
>> Swine flu: the affected nations (Guardian)

豚インフルエンザ(Swine flu)英国上陸

Posted by みら on   0  0

今日の午後までは、「疑い」の見出しだったのが、夕方以降は、「感染確認」ということで大きなニュースになっております。>イギリスでの豚インフルエンザ(Swine flu)。
>> Swine flu confirmed in UK (Guardian)
>> Swine flu cases confirmed in UK (BBC)

先週の火曜日に、メキシコの休暇から帰ってきたスコットランド在住のお二方に、英国時間の今夜(4月27日)、豚インフルエンザ感染が確認されたそうです。お二人に近い家族、友人、合わせて7人も軽いインフルエンザ様の症状が出たことから、タミフル(Tamiflu)で治療を受けたとのこと。
感染が確認されたお二人は、回復に向かわれているそうで、一般へのアウトブレイクの可能性は低い...と発表されています。

でも、今日はスペインでも欧州初の豚インフルエンザ感染が確認されており、なんだか穏やかではないですよね。

現在までの感染マップはBBCのこのページでも見られますが、ほかに、日々のニュースのアップデートとも呼応した、「HealthMap(Swine flu)」なるサイトもあります。世界規模でニュースを確認するには便利です。

さらに、Twitterでは、こちら(http://twitter.com/healthmap)で速報をキャッチできます。

>> Pandemic fear as swine flu reaches UK (Times)

Timesのヘッドラインでも「パンデミック(Pandemic)」という言葉が使われていますが、今日、一番良く聞いた言葉が、パンデミック。「世界的感染(流行)」(ギリシャ語で、pan[=all]+demos[=people])。

というわけで、WHOも、警戒レベルを「4」(世界的大流行の兆し)まで引き上げた…というのが、今の速報で出てました。今後のニュースに注意ですね。
>> Swine flu - global threat raised (Guardian)


曇り空

Posted by みら on   6  0



町の電気工の信じられない行動に、腸が煮えくり返る思いで(←と言うと、つい「死霊のはらわた」を思い出してしまう方、いらっしゃいます?いませんかね。笑)抗議レターを書き終えたのが月曜日。

んが、文書を数日寝かせたら、「でもさ、サービスなんてもともと存在しない国だし、存在しないものに怒ってしょうがないか」というのと、その電気工がすさまじいウェルシュ至上主義で、外国人嫌いだったのも思い出して、「しょせん我、蔑まされるアジア人やん」と、なんだかアホらしくなり、「やーめた」と、結局不当な請求書を呑み込むことにしました。数年前(やや若い頃)には考えられないことだけど、ここにいると諦めが先行する…っていうのもあるのよね。
早々に忘れるが勝ち…という、ウェールズで生きる知恵第379項(違)。



とはいえ、ここ数日の日差しは春。
久しぶりに海岸線を走ったものの、その頃にはいつもの重い曇り空。
どんより。
そして、いつも見るものを虚しくさせる「マリーナ」。



ナイジェル・スレーター(Nigel Slater)の「Asparagus and lemon risotto」は美味しそうよね。玉ねぎの代わりに何を使おうかしら…と、頭の中で空想しつつも、先週はやる気がまったく起こらず週でした。あぁ。
だめだわ、私。

BGT 3週目

Posted by みら on   8  0

ニュースでもTwitterでも、「BGT」が定着しているので、私もこれで…。BGT=Britain's Got Talent 3週目。

前評判が一番高くて、スーザン・ボイルのライバル出現か!? …と今週ずーっと報道されてきたのが、アクリントン(Accrington)在住のホリー・スティール(Hollie Steele)ちゃん(10歳)。
…んが、ピンクのチュチュ(tutu)で登場して、まずバレエ風のたどたどしいダンス…ってところでどん引き。いや、すごくかわいいとは思うんですが…。
が、サイモンが右手を挙げかけたところで(笑)、すごい美声!
驚きましたです。「Sound of Music」かと思ってまいましたよ。(いえ、歌ったのは「My Fair Lady」から「I Could Have Danced All Night」だったんですが。)
でも、涙腺までは緩まず。

今週の「Big thing!!」と言われ続けるのも良し悪しですよねえ。

で、今週のトップは、(おそらく誰もがそう思ったに違いない)、ダンス・アクトの「ダイヴァーシティ(Diversity)」。
これは、ストリート・ダンスというよりは、モダン・シアター。演出の勝利ですね。すばらしい。
BGTって、ストリート・ダンス系が結構多いのだけど、(去年は、ジョージ・サンプソンが優勝しましたし…)、今年はアベレージがさらに上がっているような気がします。
(息子と同い年くらいの)少年二人もキュート。



http://www.youtube.com/watch?v=MPcGy77Gru8
せっかくなので、10歳のホリーちゃんの映像も。



http://www.youtube.com/watch?v=Gw_I5rS6Ph4

ところで。
今週、マンチェスター会場(のみ)でジャッジに加わった、ケリー・ブルック(Kelly Brook)。
ホリーちゃんのとき(↑)も、アマンダとピアスの間に座ってますが、このひと、写真を目にすることは多くても、喋っているのを見るのは、実は私、はじめてでございました。

…で、おバカなんですね、やっぱり。なるほど。
女性に嫌われる度の高いタレントさんなので、「なんでかな?」と思ってましたが、やっぱり身体がセクスィ~でも、ねえ。

英国定番家庭料理

Posted by みら on   19  0

UKTV Foodが、イギリス人3000人にアンケートをとったところ、レシピを見ないで、家庭でささっと作れる料理の1番は、スパゲッティ・ボロネーズだったそうです。なんと65%。
「Fish & Chips」かと思いきや、確かに、これを家で手作りする人っていうのは少ないか…。

で、以下の10位までの結果ですが、(もうレシピが必要ないほど、食卓に頻繁に登場する)英国定番家庭料理が反映されているのではないか…と。

1. Spaghetti bolognese (65%)
2. Roast dinner (54%)
3. Chilli con carne (42%)
4. Lasagne (41%)
5. Cottage or shepherd's pie (38%)
6. Meat or fish stir fry (38%)
7. Beef casserole (34%)
8. Macaroni cheese (32%)
9. Toad in the hole (30%)
10. Meat, fish or vegetable curry (26%)



ロースト・ディナーっていっても、これは家庭によって手法も材料も様々だろうけど、でも英国の日曜日といえば、「サンデー・ロースト」ですよね。(英国生活9年ですが、うちでは一度も登場したことがありません。肉、食べないし…。ロースト・ポテトとロースト野菜は時々作りますが。)
ラザニアなんて、本格的に作ったら難しいだろうなぁ…と思うものの、でもラザニアの赤瓶と白瓶とかも売ってるしな。(本当にホワイトソースから手作りしてるのかしらん?と疑う。笑)

ちなみに、「トード・イン・ザ・ホール(Toad in the hole)=穴の中のヒキガエル」っていうのは、ヨークシャー・プディング生地の中にソーセージを埋め込んだものです。すごく油っぽい。

昔、子供が小さい頃は、マカロニ・チーズも結構(おやつに^^)作ったのだけど、最近は登場回数少ないし、やっぱり英国家庭料理には、縁がなかったなぁ…としみじみ回想してます(笑)。
(明日のお弁当は、巻き寿司を所望されましたし…爆)。

Shaheen Jafargholiくん

Posted by みら on   18  0

今年の「Britain's Got Talent」(←音、出ます)は、予選第1週目にして、スコティッシュのスーザン・ボイル(Susan Boyle)さんがYouTubeヒットになって、デビューも決まってしまう…とかいう展開で、なんだか「ふうん」て感じなんですが、(ポール・ポッツ(Paul Potts)ほどのインパクトはなかったような気がするんですよね。確かに外見とのギャップとか、それなりに上手いとかいうのはありましたが…。)
>> Susan Boyle debut song uncovered (BBC)

本日2週目にして、「おお」っと唸る12歳の少年登場。


(いつの間にか、Embedding不可になってました。あらら。リンク貼っておきます。>> http://www.youtube.com/watch?v=3e5z8evjMmE


ウェールズ地区予選で登場した、シャヒーン(Shaheen Jafargholi)くん。
Amy Winehouseを歌おうとしてサイモンに止められて、セカンド・チョイスのマイケル・ジャクソンを歌いだして、一同「ざわざわざわ~~」。
12歳にして、この歌唱力はいったいなんなんだー!!って感じでございました。
私には、先週のボイルさんよりインパクトありました。(ま、しょせん母親目線ですし。すみません。)
で、お母様もキュートで好感度最高。

というわけで、一昨年、昨年に引き続き、今年もちゃんと見てますです(笑)。なんだか好きなんだよなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。