スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ法

Posted by みら on   2  0

勤めている会社の実名を出したり匂わせたりしつつ、ブログに仕事がらみの本音を書いてそれで会社を解雇された人たちの話っていうのは、過去にも何件かありましたが、会社名をまったく出さずに、本人や関係者も匿名で、それで解雇通知が来た例っていうのは、少ないかもしれないですね。

…で、このニュース、ブログ名を見てびっくり。
実は、時々お邪魔していたブログでした。
もちろん見ず知らずの方ですが、ブログを通じて親近感がわく…っていうのはありますよね。別に私がショックを受けることはないのですけど(笑)、ブログのあり方についても考えさせられるニュースでした。

>> Sacked UK blogger sues Paris firm (BBC)
>> Wrote blog and got the sack. V bad. Will sue (Telegraph)
>> Online 'Bridget Jones' diary gets secretary sacked (Daily Mail)

このブログは、「petite anglaise」なのですが、パリで3歳の娘をシングルマザーとして育てながら秘書として働いているイギリス人女性の普通のブログで(普通の…っていうと御幣があるのかな…。ま、でも家と会社と子育てとボーイフレンドの話っていう普通のブログ)、ニュースでは「ブリジット・ジョーンズ風」ブログと表現されてます。

会社の言いぶんのひとつは、「就業時間中にブログをしていた」ということだそうで、確かに一理あるけど、でも解雇はかなり厳しい気もします。
というわけで、彼女は会社を相手に闘うようですが、判決、どうなるか。
ブログが定着したことを受けて、新しく「ブログ法」っていうのも今後出来るんじゃないかという予想も出てますね。

よそさまの等身大の生活をのぞいてみたい…というブログ読者側の心理も手伝って、人気ブロガーさんは、「何か(いわゆるネタ…)を提供する」っていう義務感にも追われるだろうし、このあたりの相関関係って微妙ですよね。
ま、しかし。
匿名で通していた「La petite Anglaise」さんが、この件をきっかけに、本名が出て会社名が出て上司の名前まで出る…(そしてメディアとAnonな人たちに叩かれる)っていう状況になったっていうのが皮肉といえば皮肉でしょうか。

関連記事

-2 Comments

m says...""
こんにちは。毎日拝見しております。
イギリス夫とパリ在住です。彼の会社の同僚(ゲイ)がこの女性と友達らしく、さっそくDaily Mailかなんかが記事を書かないかといってきているらしいです。本人はこれで本の出版の依頼でも来ないかなあ、と期待しているらしいのですが。どうなるのでしょうね。
2006.07.20 20:30 | URL | #- [edit]
みら says..."mさま"
こんにちは!コメントありがとうございます。
おおお、そんな身近にそんな話題がっ!
確かにネタを探すのは、タブロイド誌も同じですもんね(笑)。
アプローチがすごそうですね。ほおおお。
どうぞよろしくお伝えください(ぇ?…笑
2006.07.21 08:08 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1120-c6358d64
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。