スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどいていたらく

Posted by みら on   4  0

ほぼ毎日、雨、雨、雨。加えて海から吹きつける豪風は、寒さというよりは物寂しさを醸し出します。
…そんな中でも庭でぐんぐん育つズッキーニ。
受粉もせずに放ったらかしなので成長はしませんが、でも味はズッキーニ。美味しくいただいております(感謝)。


雄花も満開。曇りの日でも黄色い花を見るのはエネルギー・アップに効果あり(…ですかね?)

ここ数日の自分のブログ、ほぼ「The X Factor」ネタではありませんか(苦笑)。
いや実は、実生活が過酷過ぎて(ぶっ)、なかなか平常心ではPCに向かえず、結局「ショーン」だの「ベン」だのでお茶を濁している次第。情けない(笑)。(←あ、これ例の荒らしコメントとは違うことです、はい。)

-----

話変わって…。
これだけ長く生きていると(orz)、気の合わない人たちとも出会う機会があるわけで、で、動物的危機回避本能から、そういう人たちとの交流はなるべく避けよう…と、私なんぞは思うわけです。
んが、そういう私の、"頭を下げる程度のご挨拶"は「気に食わない」とも思われる年輩の方もいらして、興味深いことに、それを私の夫にいちいち愚痴るご婦人もいらっしゃったりする。
いや確かに、表面的にはまったく仲良さそうには見えませんからねえ、うち(爆)。でもおもしろいなぁ…と思いますた。
しかも、私に見せる顔と夫に見せる顔がまったく違ってたりするのを見てしまうと、「女といふ生き物は、いくつになっても女なんだなぁ…」と、妙なところに感心してしまったりして…。
ま、いいんですけどね。
というわけで、「気が合わない」度が10から100に格上げされちゃったりするんだよなぁ。…なんて考える私も女ってこと?(笑)

いやなことがあったときにこそマジックワードの「ありがとう」、本当に嬉しいことがあったら「感謝!」…というのが、"運を呼ぶ言葉"っていうのは定説ですが、「感謝します」はいいとして、心の底からの「ありがとう」はなかなか難しかったりします。
こういうご婦人↑に対峙して、できる女は「ありがとう!」と言うのかな?「げっ」と思って無口になる私はまだだめなんだなぁ。…だから過酷な実生活になっちゃうわけなのね。ふ。(死ぬまでにはなんとかしてみよう…笑)。

そんなこんなで、「そろそろこの小さい海辺の町から脱出したいなぁ…」とぼんやり考えていたところに出張の話。
とびつきました(笑)。
…というわけで、水曜日から久しぶりにロンドン出張でございます。ぐふふ。

そうそう。このエントリーを書くときに、「なんだこの自分の"ていたらくぶりは…"と思って書き始めたのですが、「体たらく」っていう本来の意味は「様子、有り様」のこと。
「てい」は「体」であって「低」ではないので、「ていたらく」という言葉は、ひどいとか自堕落とかいう意味は、本来は含まれないんですよね。ふむふむ。
>> >> ていたらくぶり

…が、使われ方は変わってきてますね。

ていたらく 3 【体たらく/▽為▽体】
〔「体(てい)たり」のク語法。そのような体であること、の意〕ようす。ありさま。現代では、好ましくない状態やほめられない状態についていう。
「散々の―だ」「此の山の―、峰高うして/盛衰記 35」
(goo辞書より)

関連記事

-4 Comments

ぽめ says..."私もつい「女」が出る・・・"
>私に見せる顔と夫に見せる顔がまったく違ってたりするのを見てしまうと、「女といふ生き物は、いくつになっても女なんだなぁ…」

わかるー。階下の御婦人は私が挨拶をしても完全無視(!)。挨拶ぐらいしろっ!と意地っ張りな私は無視され続けても会う度に「はろー」と言っていたのですが見向きもせず・・・。
ある日それを旦那に話すと彼には愛想良く向こうから挨拶をすると言うではありませんか!

それを知った彼が「そんなtwo facedで失礼な人は嫌」とその御婦人に挨拶をするのをやめたら、ななななんと彼女の方から私に挨拶をするようになりました。

>「気が合わない」度が10から100に格上げされちゃったりするんだよなぁ

まさにこの↑心境。女って生き物は・・・。
2006.10.10 20:09 | URL | #MiKfgRIk [edit]
華みどり says...""
 テイタラク・・・

だらしない生活になって、締まらない体たらくです・・・
この「だらしない」も気になる言葉。
元々「しだらない」が入れ替わって出来た言葉らしいんですが、
この「しだら」が「自堕落」から来るとかいう説明を読み、

自堕落な性格ゆえ、だらしない生活になっている、自分のていたらくぶりには…となると…
 う。
言葉が勢揃いしてしまい、ますます落ち込みですぢゃ。
2006.10.10 21:20 | URL | #h6ClnbIk [edit]
ころーる says..."わかります~。"
体たらく・・・確かに最近は私もよくない方の意味に使うことが多いかもしれません。『なれの果て』みたいな意味合いで。

言葉は生き物とはよく言ったもので、時代とともに意味合いが変わってくることがありますね。たまにバラエティ番組などで、そういう言葉のクイズなんかやってて、「ふむふむ」と見入ってしまいます。普段使わない言葉は、あっという間に忘却の彼方ですが(笑)。

登場人物のご婦人、この方のようなタイプの人、私もずいぶんたくさんみてきました。結婚して1年くらいは、同じ会社に勤務していたので、付き合っていた頃も含め、彼と私への態度が違う数々の女性達をみてきました。情報は筒抜けなのに、マヌケですよね(笑)。こういう女性特有の男性に対しての方が態度がよいという行動は、『女』と言われる年齢になる前にもすでに発揮されているようです。娘が小学生の頃、すでにそのような態度を完全に身につけた女の子がいましたよ。末恐ろしい・・・。

2006.10.11 16:27 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
みら says...""
> ぽめしゃん
やっぱり多いんだねえ。
筒抜けになるとは思わんのかなぁ?と私なんかは考えちゃうんだけど、ま、そういう風に間に立つのが好きな人もいるんだろうね。
心理なんてもんはわからんね。

> 華みどりしゃん
おおお、そうだったのか!>自堕落
自堕落過ぎて、語源まで気が回らなかったとです。勉強になりました。ありがとう。
ほんと、どこかにビシっと入れてないといけんよね。

> ころーるさん
そうなんですよね。>言葉
新語とか造語だけじゃなくて、生活や使われ方とともに意味が変わってくる言葉もあって、語源に戻ると新鮮な驚きがあったりしますよね。

男性・女性。人間の心理というのは、深層心理まで含めると、大海のようですよね。わからんです。
…とか言って、きっと私も不可解なことしてるのかもしれませんけどね(笑)。
2006.10.14 06:28 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1234-13957e73
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。