スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗報なるか…!?

Posted by みら on   2  0

アルコールもしくはシガレットを愛する英国在住者にとって運命の日ともなるかもしれないのが、11月23日
23日は、アルコールおよび煙草(等)の課税に関するEUの新規定の判決が下される日で、もし「GO!」となった暁には、英国に「バカ高い」酒税を払わずに、大陸価格でアルコールがオンラインで購入できるようになる…ということになるのですよ。

これまでは、大陸価格でワインやビールを購入するには、ドーヴァーを渡ってフランスに入って買ってこなければならなかったのが(←これをUKでは、「booze cruise」と呼びます。かなり一般的です。)これからはオンラインでもこれが適用されることになるかもしれない…という新規定。

うぎゃあ。興奮し過ぎて、文章まとまらないので(笑)、リンク貼ります。
>> How cheap drink on the Net could sink the booze cruise (Daily Mail)
>> Duty-free to your door ruling due (BBC)
>> 英国税の支払い不要!――EUが欧州産ワインやタバコの直接販売、許可へ? (UK Today)

安いとはいえ、そこに送料だのなんだのがかかればもちろん高くなるのですが(涙)、でもまとめ買いをすればかなりの節約になるかも…とすでに「取らぬ狸」を目論む今日この頃のわたくし。
しかも、もし私の愛するドイツの「ヴァーシュタイナー(Warsteiner)」なんかがオンラインでドイツ価格で手に入るとするならば、これはもう至福の歓び…となるわけですよ。うはぁ~。

うちは、ドイツの「ドイチェマルク(DM)」最後の年にドイツから英国に引っ越してしまったもんで、この「アルコールの価格差」には恨みがあるんですわよ。(勝手に…笑)。
…というわけで、11月23日の朗報を心待ちにする私。念、念。

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-2 Comments

Curragh says..."実現するとよいですね"
いままで英国の人は大陸産ワインを英仏海峡を渡ってフランスにまで行って買いだめしていたんですね…(汗)。国内の販売業者にとってはずいぶん手厚い政策だったのかもしれませんが、いずれにしてもわれわれ消費者からすれば歓迎すべきことですね。

…今年もあっという間にBeaujolais Nouveauの季節…。日本ではここ数年ユーロ高円安がつづいているせいか、以前にくらべて価格が割高になっています(それでも買いに行く人)。

2006.11.14 11:37 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says..."Curraghさん"
そうなんですよ~~。フランス側にフェリーが着いたらもうそこに、英国系スーパーがフランス価格のアルコールを携えてお出迎えでございます(笑)。近いっていえば近いんですが、やはりこれも酒税の違いのせいですよね。ふぅ。

ボジョレーですねっ。私もいつも狙っていたのですが、このウェールズの田舎では手に入りません。orz orz
あぁぁ、この季節は日本に帰りたい。(飲むために…哀)
2006.11.15 06:44 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1256-1a87868c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。