スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロトニンと林檎とレモン

Posted by みら on   4  0



マイグレン(片頭痛)で苦しむ私にGPが処方したのが、アイブプロフェン2錠とパラセタモル(アセトアミノフェン)2錠のミックス(合計4錠)に吐き気止め+パラセタモル混合剤。これを4時間おき。しかし痛みのピークのときには、こんなにのんでも効かないんだな、これが…。
(ちなみに、痛みに対して効果が強いのはアイブプロフェンなのだけど、オーヴァードーズして危険なのは、パラセタモル(アセトアミノフェン)のほうね。)

片頭痛はセロトニンに関係がある…からかどうなのかわからないけど、やはり今日、欲しくなったのは甘いもの。
というわけで、勝手に粉を混ぜて、りんごを乗せたドイツ風りんごケーキ(大味)を作りました。



ほんとに片手間に作った割には、味もまあまあ。
「このりんごケーキに、最後に絞ったレモンをたっぷりかけるのがドイツの大叔母風なのだ!」という夫からの助言により、半分はレモン+シュガー。ふうん。

関連記事

-4 Comments

yogibear says...""
みらさん、ご機嫌いかが?
リンゴのケーキは物凄くおいしそうですが、頭痛心配です。
アメリカ人は物凄い量のアイブプロフェンを頭痛でも腰痛でも
何かしらにつけ飲んじゃいますが、私も日本のものが
あんまり効かなくなってきました。恐ろしいことです。

そうそう、私はぎっくり腰になったとき、アイブプロフェンを大量摂取
していたのですが、偉い中国人の鍼灸のお医者さんに、
”大丈夫、もっと飲んで良いわ” と言われたのですが
あれはなんだったのでしょうね~(もっと気合で直してくれ!って思いましたよ)
2006.12.07 12:25 | URL | #- [edit]
桂樹ミミ says...""
だだだダイジョブですか奥さんっ!
私はあまり頭痛になったことがないだけに
たまーになると、ものっそい苦しいので
とても心配ですよ~~ぅ!

治ったら酒盛りしましょうっ(笑)
じゃっ!(←一升瓶抱えて逃走)
2006.12.07 17:29 | URL | #- [edit]
みら says...""
> yogibearさん
こんにちは!
今日の頭痛は、以前のハンマーで叩かれるようなものから、周りをぐいぐい圧迫されるようなやつに変わってきました。(…って、これは既にマイグレンじゃなくて別のものなんじゃないかという話もあり…。orz)
まだ、痛み止めは離せません(泣)。

アメリカ人、摂取の量が他とは違うんじゃないか…て気がしますね。アイスクリームのジャーも大きいけど、薬も大きそう(←それは違う)。
イギリスでは、パラセタモルはスーパーでも一度に数箱は変えないくらい規制が厳しくて、巷でも「飲み過ぎ危険!」の風潮があるんですよね。コーラはがぶ飲みしてるけど…(笑)。

きゃあああ。> 鍼灸のお医者さん
ほんと。西洋薬なんぞ使うな!と言ってほしい気もしますね~。ははは。

2006.12.08 10:16 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ミミしゃ~ん
泣。ぐすぐす
ありがとうございますうう。
いつもなら、「頭痛なら飲んで酔って早く寝て治す!」ってな感じだったんですけど(←バカ)、今回のは、飲酒もままならないほどの痛みでしたよ。ずきんずきん。
歯痛もいやだけど頭痛もいやですね。はぁぁ。
とにかく一升瓶、まだ抱えてますからっ!!(←アホ)
2006.12.08 10:18 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1266-df490bae
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。