スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBCドラマ -Born Equal-

Posted by みら on   4  0

幼児虐待を防ぐために活動しているチャリティ団体「NSPCC」。この団体のTVコマーシャルに、「寄付をしましょう。ほんのわずかの寄付を毎月すれば、虐待されている子を救えます。」…というのがあった。
もちろん団体の活動によって救われている人は多いだろうし、実際、活動されている方たちのことを心から尊敬する。他意はない。…が、こういった寄付や団体の介入によって解決できる幼児虐待は、ほんの氷山の一角であり、本当に考えなければならないのは、表面に出てこない虐待のほうだろう。

たとえばこの州では、シングルマザーに家やフラットを貸す家主は非常に少ない。だから家を出たとしても、まず住む家が見つからない。家を買うのは容易ではない。無料の仮の住処となるのはレスキューセンターの駆け込みフラット。しかしここも毎回満杯で、長いこと待たなければならない。学校や職場から遠く離れている場合もあり、物理的に困難な場合もある。法的別居や離婚にしても、莫大な時間がかかるし、そこには弁護士からの請求書とストレスも加算される。
そしてこの不条理は、貧しければ貧しいほど加速度を増す。暴力や虐待に耐える人(自分を無理に慣らしてしまう人)も多い。

英国に来て驚かされるのは、その貧富の差だ。
数日前に何かの統計で、ドイツの貧困率も13%になった云々…という記事があったけれど、英国の貧困率はさらに高い。しかもブレアになってから、学業を簡単に放棄する子も増えている。(そりゃそうだよねえ。13とか14とかで子どもを産むほうが、仕事をするよりも、もっとベネフィットがもらえちゃったりするんだもん。)

こういう歪んだ英国社会の中では、慈善団体やわずかの慈善心だけでは守れない問題のほうが多い。
小学生のホームレス(つまり、家族全体がホームレスなのだが…)のニュース(←こういうケースが多いのもまた英国)を見ながら、しかし現実では、クリスマスのストッキング・フィラー(Stocking Filler)と称して、人々は必要のないものを買い続ける…というのが現状。

今年は私生活において、(普通なら経験できないような)ことを垣間見る機会があったので、ついつい年の瀬に考えてしまったりする。

Born Equal

…と考えていたら、明日(日曜日)の「BBC1」のドラマは、コリン・ファース(Colin Firth)主演の「Born Equal」。
(コリン・ファース主演のドラマがTVで見られる、しかも共演は「マグダレンの祈り(The Magdalene Sisters)」のアン・マリー・ダフ(Anne-Marie Duff)…なんていう好機もイギリスならでは…なのだけどね。…笑)
コリン・ファース演じるのは、「富」のあるシティ・バンカー。ダフが演じるのは、夫の暴力から、子どもを連れて逃げてきた妊婦。「貧」のほう。その他、アサイラム・シーカーやロバート・カーライル(Robert Carlyle)演じる刑務所出の男…など、英国に多いキャラクターを取り上げている。
ダフいわく、

"We're all only a few steps away from some dark corners.
"Everyone likes to think they're safe, but we're not, that's the eye-opener."


英国にいると、確かにそう思う。BBC1で、9pmより。

>> BBC drama tackles homelessness
>> Born Equal
関連記事

Category : UK
Tag : UK

-4 Comments

あすとる says...""
わーこれ、見ごたえありそうなドラマだね。見たかったなぁ。 
2006.12.17 16:52 | URL | #vwylbK8w [edit]
mana says...""
こんばんは、みらさん
 やはり住んでいる方からの生の情報って貴重ですね。
 ポンドがものすごく強いので、UKはいいなぁ~と思っていました。景気がいいのだろう、と簡単に考えていたんです。実際、フランスのシャモニーのスキー場はイギリス人であふれ、毎週末、飛行機で来ているという人たちにも出会いました(苦笑)。だから、福祉面もいいのだろうなぁ~と(これまた単細胞なんですけど)思っていたんです。
 そういえば、裕福層の割合が高い国のランキングにUKは3位、ヨーロッパでは1位だったはず・・・。だけどこれも一部の人なのですね~(あたり前か・・・苦笑)。
2006.12.18 03:03 | URL | #tl.z6klY [edit]
Jacqueline Amano says...""
TSUTAYAのサイトでこんなニュースになってました。(URL参照)
2006.12.18 08:22 | URL | #SFo5/nok [edit]
みら says...""
> あすとるしゃん
最初から最後まで暗くて、まったく救いようのない、しかもオープンエンドな結末。ガツンと暗くなりましたわ。orz
でも、コリン・ファースは、いやぁ~な憎まれ役が上手いね。

> manaさん
そうなんですよね。ポンド強過ぎですよね(泣)。
私もUKに移る前までは、いくばくかの夢を抱いていたのですが、現実を見て凍りつきました。いまだに固まったままですが…(う)。
リッチ層は、ほんとにリッチですよ。うん。でも、ギャップは広がるばかりのような気がします。
片手落ち福祉で、冬の寒さに亡くなるお年寄りもいる…という現実。医療費はタダでも、医療のスタンダードが先進国とは思えないし、当たりはずれが多過ぎ。バカバカしいほどの高額の税金を差っ引かれて、しかしベネフィットで儲けるバカな10代の顔をニュースで見たりすると、ほんとにもう情けなくなります。あぁぁ~。バタリ(笑)。

> Jacqueline!(ふっちゃん)
おおお、情報はやっ。さすが日本だ。いいなぁ。
うんうん。そういう場面あったあった。「絶対同情されない役だよなぁ」ってコリンも言ってたけど、ほんと、そんな憎まれ役でございましたわん。最後、殺されちゃったけど。
2006.12.18 10:44 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1274-09823c97
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。