スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロッコリーとタラゴンのスープ

Posted by みら on   8  0



事件続きの先週末。…で、Police Constable(PC)が、仕事上で知り合いだったりして、こういうとき、小さい町は困る(苦笑)。
そんなわけで今月唯一の休みがつぶれ(orz)、お返事とかご挨拶巡りが遅れております。すみませぬ。

ストレス・レベルはいまだ高く、「新年で気分切り替え」とは簡単にいかないもんです。当たり前ですが…。
こんなときに有難いのが新番組(←所詮、単細胞>自分)。「DHDesperate Housewives)」シーズン3が先週からはじまって、毎週水曜日の楽しみが増えた、増えた…と。おほほほほ。(うちの男どもからは完全にバカにされてますが。ふん。)



>> いつもなぜか納得がいかないこと。
仕事柄、陶器や美術品を扱う場所に出没することが多いのですが、こういう場所で子どもがパタパタ走り回っているときに(>危ないっちゅうねん)親の言うひとこと。

「だめよ!もし何か壊したら、すごいお金払わなきゃならないんだからね!」

いや。確かにお金の問題もあるかもしれないけど、その前に、ものを壊す可能性のある行動は、そのものやアーティストや店主へのマナーに欠けているからいかんのじゃないのか!? そういう場所でのマナーをまず教えるべきなのではないのか?とか思うんだな。

同様に、電車やバスや公共の場所で騒ぐ子どもに対して、
「静かにしなさい。じゃないと、誰かに怒られるでしょ!」
…ってのもあるな(苦笑)。
これも根本的に間違っているような気がする。

小さい子どもを叱るときっていうのは、ついうっかり親の本音が出てしまったりするもので(笑)、このあたり、自分への反省も含めて再考。

関連記事

-8 Comments

chika says...""
毎日電車で通勤しているといろんな人がいるもんですが、
騒いだり、靴のまま座席にあがってもしからないお母さんって多いかもなー。
もしくは「他の人に“怒られる”から、静かにしなさい。」とか、
「あそこのおばちゃん(え?アタシ??)が怒ってるわよ。」とか(←違うだろ)
人のせいにするんじゃなくて、マナーとして教えれば子供だって彼らなりに納得するのになぁ、って
思いましたよ。

何年か前に、車内で小さな子供が座席に座りたいとだだをこねてたときに、
一緒に居たお母さんが「あなたは小さくて、まだ電車賃払ってないわよね?
だから立ってようね。他の人はちゃんと電車賃を払っているのよ」と説明しているのを聞いて
「ほほー、お母さんしっかり説明してるよー。」と感心したのを覚えています。
子供だからわからないだろう、じゃなくて子供だからこそきちんと説明すべきだと思いました。

うーん、それにしてもおいしそうなスープ・・・。
いつも写真が素敵ですよね。
私はケータイで撮った写真ばかりなのでなんかイマイチ。
今年はデジカメ買います。
2007.01.10 15:11 | URL | #- [edit]
りあん says...""
連続で失礼します。いつもながらスープがおいしそう!元気の元ですねー。
公共の場所で騒ぐ子供への親の叱り方、日本でも気になることが多いです。「私が迷惑するから止めなさい」的叱り方も納得行かないですが、最近は叱りもせずに子供が走り回るままにしている親も多いような。
疲れているのだろうなというのも分かるし、自分が以前よりそういうことが気になる年になったのか...などと思ったりもしますが、ここ数年特に目につくような気もしますね。
2007.01.10 15:31 | URL | #mkIiVffo [edit]
日本カモシカ says...""
ちょっと話がずれるんだけど、先日もみらさんが書いてたように肥満大国イギリスですが、昨夜BBC3で見た番組で思ったこと。
16歳の超肥満の男の子が、アメリカに行って胃にリングをつけて、食欲そのものを調節する手術を受けたという1時間番組だったんですが。。。
その男の子の姉兄はスリムだったから、どう見ても遺伝的な肥満ではなく食生活による肥満だと思うんですが、そこでお決まりのようにその男の子の両親も肥満でした。
手術のために息子を連れてアメリカへ渡った両親。
息子は手術前に少し体重を落とさなければならないので、レストランではシーザーサラダかなにかを注文(これもカロリー高いとは思うんですが・・・)。
そして両親は 「You don't mind, do you?」 と言って、巨大ステーキを注文。。。
肥満両親2人で、ステーキをモリモリ食べてました(汗)。
これもなんだか間違ってるなぁ、と。^^;
手術させるとか以前に、親が手本を見せなきゃ子供も痩せないだろう!
この親にしてこの子供あり、と感じることもシバシバあります。^^;

私はみらさんのブログを見て、アールグレイ&バニラ茶とグリーンティー・チャイを購入しました。^^
写真にそそられます(笑)。
2007.01.10 19:28 | URL | #AGleTvxg [edit]
華みどり says...""
今頃おめでとうございますー。年賀状も遂に書かなかった不精者。。。食べては椅子にもたれて寝る正月でした~(下っ腹がえらいことに)。

 高価なものの前でほたえる子供に、私がつい言っちゃう言葉
「えらいことになるで!」
全く無責任な言葉ですね…今頃反省してもしょうがないんですが、懲りずに使っちゃってます。
 電化製品付けっぱなしで
「電気代えらいことになんで!」
 食べ続ける娘に
「ジーパンサイズがえらいことになんで!」
 朝、自力で起きないと
「お母さん死んだらえらいことになんで!(!)」

 上記は正しい使い方なのか…どうか…?

本年も、呆れながらでよいので、どうぞよろしくお願いいたしまーす♪
2007.01.10 21:00 | URL | #h6ClnbIk [edit]
あすとる says...""
タラゴンってなんかイギリスっぽいハーブのひとつだよね。このスープもとってもおいしそう。 今度レシピ教えて~(*ノノ)
2007.01.11 17:28 | URL | #vwylbK8w [edit]
みら says...""
> chikaさん
スープ、美味しかったです~(笑)。
確かに叱り方って難しいんですよね。そういう中でも「おお、確かにそうだな」っていう諭し方が咄嗟にできる方、尊敬します。
そうそう。子どもが納得して、「そうか、こういうことはしてはいけないんだな」って思えるようにもっていけると一番なんですけどね。
いずれにしても、誰か他人のせいにするのは、納得できないですよね。

> あそこのおばちゃん(え?アタシ??)が
わははは!私も、これ、言われた経験あります(笑)。
「げっ」って思いますよね。ははは。
2007.01.12 08:17 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> りあんさん
ああ、そうか。確かに、何も叱らず、そのまま…っていうのが、一番困りますよね。日本でも多いのですね。英国もかなり多いので、時にすごく迷惑です。orz
私も年々気になる率が高くなってます。(私の)年のせいなのか、ただマナーが悪くなっているだけなのか…。う。
2007.01.12 08:36 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> 日本カモシカさん
ひょ~~、すごい話ですね、それ(驚)。
肥満でも、胃を切ればいいとか手術すればいい…とかいう考え方も、ある意味、総整形外科みたいで私にはホラーです。
が、まあ、手段としては仕方ないにしても、でも親だってしっかり考えるべきですよね。うんうん。

このお茶、美味しいですよね~。冬はお茶に限りますね。ふふふ。

> 華みどりしゃん
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
> 「えらいことになんで」!
…って、一語にして含蓄があっていいかも。深い思考が生まれそうです。
私も、子どもが大きくなってからは、「文間を読め!」形式の叱り方に変わりました(笑)。

> あすとるしゃん
日本のものが変えないから(号泣)、意地で(笑)こっち風の料理にしてるわよっ(わははは)。
2007.01.12 08:56 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1300-79399275
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。