スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコール2%

Posted by みら on   5  0

Carling C2

日本に帰る計画を立てながら楽しみにしているもの…といえば、やはりヱビスと豆腐と厚揚げ。
あぁ、夜桜を見ながら飲むヱビス、たまらないだろうなぁ~。
(母との最期の思い出が「桜」だったゆえ、しばらく桜は避けて帰国していましたが、今年は対峙できそうな気がしたので、思い切って桜の時期に帰国する予定。花は咲き続けるんだよね。私も前を見るしかないのさ。)

…というわけで、やっぱり目に付くのは「ビア」がらみのニュース(笑)。
「カーリング(Carling)」は、イギリスのどこにいても手に入るビールですが(…あまり好きではないのですけど…)、今度ここが、アルコール分2%の「Carling C2」というのを発売。

ドイツに比べて、アルコール分の低いビールの目立つ英国。
当然、私はアルコール分が0.1%でも高いものを探すことになるわけですが(笑)、2%っ!!おそらく私が手にすることはないかと思われます。

アルコール分の高い傾向にある大陸ビアに比べ、英国はそれより20%ほどアルコールの低いビアを作る傾向にあったそうで、これからは原点に帰り、軽いビアがもっと増えるのではないか…とのこと(怖)。

>> UK's lager fans switch to weaker brews (BBC)

アルコール分を低くしても、泥酔率はヨーロッパ上位を誇るイギリス。(アルコール価格が(大陸に比べて)格別に高いのに、なんでここまで飲むのかねえ…というのは、皆が語る英国七不思議のひとつ。)
軽いビールの登場で、昼間からの泥酔率はもっと増えることになるのかも(ぇ?)

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-5 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.01.29 16:56 | | # [edit]
庵の軒下 says...""
 櫻灯路です。庵の軒下が代筆しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。日本人の習慣や習俗を中心に書かせて戴いておりますが、みらさんにはいつも読んで戴いて恐縮に存じております。みらさんが日本に櫻を観にいらっしゃるのであれば、どこぞか、ご案内致しましょうか。無論京都の櫻は至るところに素敵な櫻がありますが、奈良も捨てたもんじゃありません。何と言っても吉野がありますからね。豪華絢爛たる又兵衛櫻もありますし、いつ来てもどこかには必ず美しい櫻が咲いています。日本で櫻が咲いていないのは、8月一ヶ月だけですから。多分今年は暖冬の影響でかなり早まるでしょう。3月中旬から4月いっぱいがいいでしょうね。では!
2007.01.29 18:09 | URL | #xxIaUQbE [edit]
みら says...""
> ヒミツさま
その予定なんですよ~。お会いしたいですね!
決まったら連絡させていただきます。楽しみです。

> 庵の軒下さま
ありがとうございます!
いつも楽しみに拝読してます。
吉野の桜は、死ぬまでに一度は見てみたい…と、かなり前から思っております。日本の桜は妖艶で潔く、とにかく美しいですね。今年は少し楽しめたら…と思います。
今年は暖かくて、桜は早めでしょうか?
桜を愛でる心は、何処に住んでいても、いつまでも失いたくないですよね。
2007.01.30 06:01 | URL | #mQop/nM. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.01.30 16:01 | | # [edit]
みら says...""
> ヒミツさま
そうなんです~。今回、桜の季節に帰国します。
東京では、場所的には非常に近いところで私も仕事してました(笑)。桜の美しいところでしたね。いまでもあのあたりは大好きです。
日本で息抜きできるといいですね。ほっとしてきましょう~(笑)。

2007.02.02 05:02 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1323-ddfb6e54
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。