スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pompeii -ポンペイ-

Posted by みら on   3  0

Pompeii / Robert Harris去年日本に帰ったときは、「映画の前に読んでまおう」…と、ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)の和書版を買って読みましたが、今年は絶対これですね。英版を読む気がしなくて(←へたれ)、取り残してあった「Pompeii」(ポンペイの四日間)。

映画化決定です。しかも監督は、私のもっとも敬愛するロマン・ポランスキー(Roman Polanski)。
ポランスキーなので、この場合は「映画を観てから読む」でもいいのだけど、でもいずれ読むつもりでいたので、この機会に…と。

著書のロバート・ハリス(Robert Harris)は、ポランスキー映画に影響を受けており、この作品もポランスキーの「チャイナタウン(Chinatown)」から多大な影響を受けている…とのことで、願ってもない組合せ。
楽しみだ!

>> Polanski to direct Pompeii film (BBC)

関連記事

-3 Comments

sarasa says...""
みらさんもポランスキーが好きなんですね。私も大好き!彼が作ったものは古いものも新しいものも良いと思います。
新作か……楽しみだなぁ。いつ公開予定ですか?
2007.02.04 07:04 | URL | #- [edit]
iris says...""
私もPolanski、大好きです。
そして、彼の奥さんの、EMMANUELLE SEIGNER も大好きです。彼女も大変魅力的な女性だと思います。
ポランスキーは、アメリカではいろいろたたかれたりすることが多いけど、芸術家としては才能があると思います(過去の未成年者への性行為について。アメリカ、あなたたち、うるさすぎるのよ、ってここでアメリカの文句を言ってもしかたがありませんが)
Pompeii、私も読んでみたくなりましたし、映画もみたいです!みらさん、よい情報、ありがとうございます!

2007.02.04 09:46 | URL | #- [edit]
みら says...""
> sarasaさん
ポランスキー、大好きです!私も古いものが特に好きなの。いいよね。
この映画はこの夏から撮影に入るそうで、完成は早くても来年だよね、きっと。楽しみです。

> irisさん
確かにアメリカでは、絶対に赦してくれないですね。この執拗さがアメリカらしいのかも。
ポランスキーの妻というと、私はどうしても「シャロン・テート」が浮かんでしまって、いまだアップデートできていないのですが(…かく言う私も過去に引き摺られているのか…orz)、そういう奥さまがいらっしゃるのですね。
いずれにしても鬼才というしかないですよね。引き続き、彼の作品に期待しています。
2007.02.07 10:34 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1331-245094cf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。