スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バン!

Posted by みら on   3  0

風邪ひきました。
夫→子どもの順で、やはり最後に回ってきました。最後の分ってなぜか重いんですよね(泣)。
ここ数日出張が続いていて、休めなくて困ったな…と思っていましたが、やはり無理はするもんじゃないですね。

夕食も手抜き状態で、正統英国風マッシュ(笑)。
マッシュドポテトにグレイビー。(グレイビーはベジタリアン用インスタント。)
英国料理の場合は、ここにソーセージがついて「バンガーズ・アンド・マッシュ(Bangers and mash)」と呼ばれる一品になるわけです。
Banger」はイギリスでは「ソーセージ」をさすスラングで、言葉自体は1919年より登場しているとのこと。戦時中、ソーセージに詰めるための肉が足りなくて、そこに水を足していたため、焼くときに破裂して「Bang!(バン)」音がしてそれで「Banger」…となったらしいですね。(一説によれば…。)
いまでは嵩を増やすために大量のパン粉を入れている…という話もありますが、いずれにしてもドイツのソーセージとはまるで違うイングリッシュ・バンガーズです。

Bang!と言えば…というわけで、TS エリオット(T. S. Eliot)の詩(「The Hollow Men」)。

This is the way the world ends
Not with a bang but a whimper.


非常に好きな詩のひとつです。>> The Hollow Men

クイズ番組などで、TSエリオットの「TS」とは?っていう設問が時々ありますが(…確か…笑)、これは「Thomas Stearns Eliot」ですね。…とりあえず雑学として。

関連記事

-3 Comments

mika says...""
バンガーズ&マッシュは大好物です!って言っても、本場イギリスで食べた事は無いんですが、アメリカのアイリッシュパブでは、大抵、相方がバンガーズ&マッシュで、私がシェパードパイ、もしくはフィッシュ&チップスというコンビネーション。

でも、名前の由来は今まで知りませんでした。何となくスッキリ。ありがとうございます。

早く風邪落ち着くと良いですね。
2007.02.06 15:13 | URL | #pOdlh5vY [edit]
ぐめ says...""
おおお!
ソーセージが破裂する音は「バン!」なんだ♪
2歳児のクラスの歌で
sausage, sausage, ummmmmm,yum !
one went bang ! two went bang,bang !!
てのがあって、先週生徒がふしぎそ~に
「なんで『ばん』なん?」ってゆってたので。
明日教えてあげるわ~~、ありがとっ!

で、ついでに明日はこのお献立にしよっと(笑)。
2007.02.06 21:49 | URL | #2QgyWGEk [edit]
みら says...""
> mikaさん
ありがとうございます。>風邪
のどの痛みがひどいのですが、早く回復しそうです。(ほっ)
アメリカのアイリッシュ・パブはおいしそうですね~。バンガーズは英国で食べるより美味しいんじゃないか…ってな気もします(笑)。

> ぐめたん
おお、そんな歌があったのか。知らなかった。
確かに日本のソーセージは、爆発しないもんねえ(笑)。
カロリー高いけど(orz)、ぜひ今夜の献立に…。うふ。

2007.02.07 10:41 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1332-9b97d7fd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。