スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪んだ社会

Posted by みら on   2  0

やはり銃規制が…とか、やっぱりブッシュのやり方が…とか考えてしまうのは、これを海外で見ているからなのかもしれないが…。
>> Gunman kills 30 at US university (BBC)
>> 31 dead in US campus shooting spree (Times Online)
>> Massacre at Virginia Tech: 33 Confirmed Dead (ABC News)

動機も方法もいまだ不明だけど、ひとりの人間がこれだけの命を一瞬にして奪うことを可能にする銃。しかもその武器の入手が難しくないアメリカ。
これだけ長きに渡って議論されている「銃」の問題が今日の最悪の事件と無関係とは思えない。
それと同時に、じゃあ、戦争という名の下、軍という名目で打つ「銃」はなんなのだ?と、隣り合わせになっているニュースの見出しを見ながら考える。

なにを考えても、失われてしまった命は永久に帰ってこないし、私たちは呆然とニュースの映像を見つめるしかない。無力だ。
しかし確実に言えるのは、誰もが明日、被害者にも加害者にもなり得る社会に生きているということ。

そして私は、くだらないブログを書き続ける…。

関連記事

-2 Comments

ふっちゃん says...""
時を同じく…というほどでもないんだけど、昨夜日本でも銃で亡くなった方が。
33人だから大事件で、一人だからちょっとはマシ、という問題ではないな、と思いました。規制しようとしまいと、間違った目的に使う人間が一人でもいれば悲劇は起こります。

戦争での武装は自分の権力を誇示するためという側面があるのかな。
個人の武装は弱い自分を取り繕うだけのものと思います。
日本とアメリカでほぼ同時期に起きた二つの銃撃事件、どちらも弱い人間が間違った力を使ってしまった結果ということになるのでしょうかね…
でも、もし私がとことん追い詰められ(たという錯覚に陥り)、そのときに身を守るものが銃しかない(と思いこんでしまった)としたら…絶対にその力を振るわない自信はありません。だから犯人を赦すということではなくて、みら子も書いていたように誰にでも加害者に、そして被害者になる可能性があるということを、誰かのせいにして目をそらす前に思い出しておきたいなぁ、と。
2007.04.18 21:47 | URL | #SFo5/nok [edit]
みら says...""
> ふっちゃん
長崎での狙撃事件、(比較する問題ではないのだけど)私も、見比べて暗澹としちゃいましたよ。
それぞれの屈折が、やっぱり社会(世界的な)の歪みに見えてね。

> 個人の武装は弱い自分を取り繕うだけのもの
うんうん。弱さを出せない世の中になってもいるんだろうなぁ。
結局孤独なまま、憎しみを内にも外にも同時に向けてしまうような…。

社会や大統領や権力批判は簡単なのだけど、自分がそこまで強い人間かどうか、自信はないんだなぁ。
昨日まで安心して見ていたことが、一瞬のうちに瓦礫になるっていうのも最近経験して、土台と思っているものは所詮流れ行く海の砂にすぎないっていうのも肝に銘じるようになったさ。

…と、ふっちゃんへのレスを書きながら、ぶつぶつヒトリゴト。
2007.04.19 04:23 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1404-c229dbbf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。