スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな勘違い

Posted by みら on   6  1

たとえば大陸から来ると、英国という国がいかに環境に優しくない国か顕著にわかる。徐々に変わってきてはいるが、ゴミの分別や処理の杜撰さ、乾電池などへの無頓着さ、そしてスーパーや一般小売店でのビニール袋(Plastic Bags)の濫用…。

…が、やはり世界の「エコ・フレンドリー」ブームに乗って、少しずつではあるが、布製のバッグを売るスーパーも目立つようになってきた。(それを使っている人は少なかったりするけれど…。)
そんな「プラスチック・バッグ打破作戦」のひとつとして登場したのが、有名デザイナーによるエコ・フレンドリー・バッグ。しかも、シエナ・ミラーやキーラ・ナイトレイに持たせて既にセレブ化もする…という力の入れよう。そして、もちろんたくさんは売らない。人の心をそそる限定商品。

それが、大手のセインズベリーズ(Sainsbury's)が水曜日の朝に売り出した、アニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)による布製バッグ。>> I'm not a plastic bag

早朝(深夜)から長蛇の列で、即完売。(午前9時には概ね売り切れ、お昼前には、450店舗全店で完売。)
>> Handbags at dawn (or how thousands started queueing at 2am for a £5 cotton carrier) (Daily Mail)
>> Chaos at checkouts as women chase the £5 carrier bag (Times)

普段は400ポンド以上するトートバッグが、5ポンドで買える!ってわけだから、ハインドマーチ・ファンにはたまらないバーゲンだったんだろう。きっと。
(…で、もちろん即日eBayに売りに出されて、最高200ポンドくらいになったらしい。>> Anya Hindmarch shopping bag (eBay)

環境を考えるキャンペーン・グループ、「We Are What We Do」とのコラボで、「ビニール袋の使用を少なくするように再考してもらえれば…」っていう趣旨があるとは言うけれど、でも、そんなの、デザイナーだのセレブだのプレミア的バッグだのに頼らずにわかれよ…と、ぶつぶつ思ったりする。
ま、主催者側自体、一番重要なのは、このバッグが生み出すパブリシティ…と思っているようで(十分に果してるな…笑)、それはそれでみんなハッピーなんだろうけど、でもこういうのは結局ワン・オフ(one-off)で終わってしまうんじゃないのか?おそらく。

ただ、英国のプラスチック・バッグ事情っていうのは、おそろしいものがありますね。一人が一年に使うプラスチック・バッグは平均167枚!リサイクルされるのは、200枚に一枚!
この深刻度からしても、やっぱり環境対策はファッションに終わることなく、もっと違う方面から国民全体に浸透すべきだと思うのだけど…。でもこの国って、肥満対策も一種のファッション化しちゃってるし、なかなか難しいのかもね…。
>> It's in the bag, darling (BBC)

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-6 Comments

Chika says...""
すごーい。
でも、私も居たら並んでたかも・・・。笑)
思ったよりもしっかりした作りですしね。

で、気になったんで早速日本のヤフオクを見てみたら、
既に出品されてました。(早っ)
既に3万以上の値がついてました・・・。(怖)
みらさん、大量に買い占めておけばいいビジネスになりましたぞ。爆)
2007.04.26 14:45 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Chikaさん
えーっ!既にヤフオク…(早っ)。
確かに、エコバッグというよりは、ブランドものがこんなに安く…って感覚なんでしょうね~。一人一バッグ制限もあったそうですが、高く売るためにエコバッグを買う人もいたんですね~(How pathetic....)。
早々に忘れ去られるか、チャヴ化するかのどちらかでしょうね(笑)。
2007.04.26 18:09 | URL | #mQop/nM. [edit]
ぽめ says...""
>チャヴ化するかのどちらかでしょうね
しそう・・・・。

"I'm NOT a plastic bag."というロゴもいまいちセンスないなと思うんですが。
2007.04.26 21:38 | URL | #MiKfgRIk [edit]
みら says...""
> ぽめしゃん
デザイナーの名前を隠して、女の子(ちゃうか、女優さんたち)も持ってなかったら、これだけ群がらなかったんだろうねえ。
来年あたりは、これ持ってるだけで恥ずかしい…ってことになりそうな気がするよ(笑)。
2007.04.27 08:09 | URL | #mQop/nM. [edit]
ころーる says...""
おもしろいですね。エコバッグ定着のためにやることも、国が違うと全然違いますね~。エコバッグにもこだわりがあるんですね。
私は、エコバッグを買ってもっていますが、いつも買い物に行く時に忘れてしまって、結局レジ袋に入れて帰ってくるんです(-_-;)。
先日、旅行した台湾では、コンビニではすでにレジ袋は有料化していました。
なので、「袋に入れて。」って言わない限り、レジの台の上に、買った物がだーっと並べられてしまいます(笑)。
いつもの習慣で、袋がでてくるのをじっと待ってしまい、お店の人に変な目で見られてしまいました。
でも、いっそのこと、有料にしてしまえば、皆、バッグを持参するのかなぁと思います。
近所のスーパーの袋詰めの台の上に小分け用のビニール袋が
ロール状になっておいてあるんですが、それをぐるぐると手に巻き、ぶちっと切って十数枚持ち帰るおばちゃんをよく見ます。
きっと何かに使うのでしょうけれど、その様子を見るたびに、すごいなぁと脱力してしまいます(笑)。
2007.04.28 02:43 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
みら says...""
> ころーるさん
そうですよね。いまや、ほとんどの国が、レジ袋を有料化しているんじゃないかと思うのですが、英米は遅いですね。
台湾の状況は、まさにドイツと同じです。
ビニール袋をぐるぐる持ち帰るっていうのもそっくりで、爆笑(ははは)。
ドイツでも、「買い物=布袋」が常識でした。忘れると痛い目にあいますよね(笑)。
うちでは、折りたたみ式のケースをいつも車に積んでます。これも便利ですが、カートと車がないと難しいかも…。

いすれにしても、イギリスは環境面でダメダメですね。(あと、歯医者も…。しつこい?(笑))

2007.04.29 23:56 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1419-1e77afe0
あのバッグがエコでない理由
アンモナイトのみらさんも書いていますが、Anya Hindmarchデザインで、セインズベリーズで売り出された5ポンドのショッピングバッグが、全くエコでないと、批判が出ているそうです。まずは、これを買うためにたくさんの女性達が車でセインズベリーズに押し掛けたことで....
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。