スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Hand That Rocks The Cradle / Is The Hand That Rules The World

Posted by みら on   2  0

また長いタイトルになりましたが…(笑)。

ゆりかごを揺らす手はやがて世界を支配する。
アメリカの詩人、William Ross Wallace による、母親讃歌の詩の一節(およびタイトル)ですが、昨日、同名の映画「The Hand That Rocks the Cradle」を見ていて思い出しました。
映画の中で、この一節を口にするのは、マーリーン(Marlene)役のジュリアン・ムーア(Julianne Moore)ですが、これが彼女の事実上のスクリーンデビュー。(その前はTVが中心)。この頃からお綺麗ですね。さすがに…。
とはいえ、この映画はあまり好きではないです。描写が中途半端なところが多くて、「だぁーっ」となります(笑)。

The Hand That Rocks The Cradle
Is The Hand That Rules The World


Blessings on the hand of women!
Angels guard its strength and grace,
In the palace, cottage, hovel,
Oh, no matter where the place;
Would that never storms assailed it,
Rainbows ever gently curled;
For the hand that rocks the cradle
Is the hand that rules the world.

…という感じで、「すばらしき母性」を讃える言葉がえんえんと続いていきます。(全文はこちらからどぞ。)

この方、アメリカの方ですけど、お名前がウィリアム・ウォレスさんではないですか…。で、「母」とか「女性」とか「母性」とか、ずぅーっと読んでいると、ついメル・ギブソン(@Braveheart)版スコティッシュなウォレスさんが目に浮かんで、「Freedom!!」と叫びたくなってしまうのは、私だけでしょうか?
Aye!
ふん。すみません。

関連記事

-2 Comments

Guko says...""
アメリカのウィリアム ウォレスさんの文章、内容は直接関係ないけれどBraveheartで描かれている時代背景とか、人々の苦悩とかにもなんとなーく通じるところがありますね・・・ 

しかも私つい昨夜スコティッシュのウィリアム ウォレスさんをテレビで見てしまったところなので、タイムリーに映像も浮かんできます。ただしドイツ語吹き替えだったので彼はFreedomではなく「Freiheit!!」と叫んでましたが・・・笑
2007.05.04 06:18 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Gukoさん
わーっははははは!>「Freiheit!!」
あの映画を全部ドイツ語で聞くと、インパクト強そうですね。違う意味で…(笑)。ドイツにいるとなんだか慣れちゃうもんで不思議でしたが。>ドイツ語吹き替え
同名だと、なぜか親近感わきますね(違)。
2007.05.06 07:51 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1430-4e0daa46
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。