スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレア -終焉の幕開け-

Posted by みら on   2  0

政治の話は書かないことにしていますが、今日、トニー・ブレアさんが退陣の日を明らかにするということで、とりあえず興味深い記事のリンクなど…。

>> The Blair Years (Times Online)
>> Today, the beginning of the end (The Guardian)
>> Blair to announce departure date (BBC)

>> How will Tony Blair be remembered? (BBC -Have Your Say-)

外からはわりと高い評価を受けながら、しかし国内に目を移すと非難の声が大きく、最後は戦争という形で締めなければならなかった首相。
次は、ゴードン・ブラウン(Gordon Brown)です。

The Independentによれば、今後のスケジュールは、

> Today 9am: Blair tells Cabinet that he is to stand down by end of June
> Today Lunchtime: Blair makes public announcement in Sedgefield.
> Tomorrow: Brown launches his campaign.
> Next Mon-Wed: Three-day nomination period for candidates.
> Late May: Start of five hustings meetings
> Early June: Ballot papers sent out
> 6 June: Blair attends final G8 summit in Germany
> 2 June: Blair attends his last EU summit in Brussels
> 23/30 June: Results of elections announced
> 25 June/2 July: New PM takes over

>> End of an era, but Blair vows no retreat

関連記事

-2 Comments

日本カモシカ says...""
ブレアさん、個人的には退陣してくれて嬉しいけどゴードンはもっとイヤ。(>_<)
ブレアって変なことをいっぱいやらかしてくれたけど、結局バカ正直に 「イラクは45分間あれば兵器を使用できる」 とか信じていたんじゃないかと思ってます。
国民のため・・って頑張っていたのは事実だと思うけど、彼の信じていた情報と、多くの国民が信じた情報が異なっていたんじゃないかと。
最初は好きだったブレアだけに残念でした。
2007.05.10 18:57 | URL | #AGleTvxg [edit]
みら says...""
> 日本カモシカしゃん
10年前は、「ブレアなら…」という多くの期待を背負っていただけに、やっぱり9/11以降の流れで、国民の不満が一気に高まっちゃいましたね。
ブッシュと組まねばならなかった…っていうのも悲劇の要因だったんじゃないかと思います。
しかしブレアが退陣して、今後、果たして英国は変わっていくのだろうか…というと、微妙ですよねえ。ゴードンかぁぁぁ~。
2007.05.11 07:56 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1442-6cab192e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。