スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quaversで罰金

Posted by みら on   7  0

英国警察の行き過ぎを先日書いたばかりですが、今度は行政の取り締まりの話。

ウエスト・サセックス(West Sussex)のクローリー(Crawley)。
病院の帰りにバス停でバスを待っていた20ヶ月のエミリーちゃんとその母親とお祖母さん。エミリーちゃんが、クウェイヴァーズ(Quavers)(←カルビーのチーズビットのようなもの…)のミニパックを袋ごと道路に落としてしまったため、これを拾い上げたお祖母さんのバーバラ・ジャブ(Barbara Jubb)さん。このとき、開いていた袋からQuaversがふたつ(大きさは大人の親指の先くらい)こぼれたが、これは拾わずに道路脇の溝に落としたら、市のゴミ管理官(リッター・ウォーデン:Litter warden)(日本だと、生活環境課って感じになるのでしょうか…)が即座に飛んできて、その場で£80の罰金となったそうです。
“Dropped crisps in gutter. Didn’t pick up.”との理由で、違法行為となり、罰金と相成ったとのこと。

>> Woman fined over dropped crisps (BBC)
>> Toddler fined £89 for dropping two crisps (Daily Mail)

話がえらい昔に遡りますが、私がはじめてロンドン郊外に足を踏み入れたのはパンク全盛期の70年代後半。その当時のロンドンで、ベイクドビーンズ以上に記憶の残像に刻まれているのが、「イギリスは汚い」。
道路のいたるところ、ゴミ、ゴミ、ゴミ…で、「げっ。こんな場所、やだ」…と思ったものでした。その汚さの印象はいまも変わりなく、この町も、もんのすごく汚いです(笑)。特にドイツなんかから来ると、外観のあまりの違いに驚かされます。(ドイツは綺麗過ぎて、家周りやらバルコニーの鉢植えやら窓の掃除まで他の人に指摘されるわけで、それも息が詰まるのですが…笑)。

…というわけで、ゴミの投げ捨てを取り締まる行政や警察には決して反感はないし、「そうだ!そうだ!」とも思うのですが、でもね、このポテトチップスの欠片を道路脇に落としたのが、もしアズボ(ASBO)っぽい子たちだったら、凶悪な匂いのする集団だったら、果たしてリッター・ウォーデンズたちは同じように取り締まったのだろうか…と思うと、多いに疑問です。
…と考えると、20ヶ月の赤ちゃんが落としたポテチを拾わなかったことで、バギーを押す57歳のご婦人にいきなり書状を突き出すっていうのは、ただの「見せしめ」「点数稼ぎ」なんじゃないか?とも疑うわけですよ。(違うかもしれないけど)。

そうそう。参考までに追記しておきますが、英国でもゴミのポイ捨ては違法行為に当たり、罰金支払いの義務が出てきます。日本人はそういうひと少ないと思いますが、旅行などでゴミを捨てるときはどうぞご注意ください。
>> Dropping rubbish is a criminal offence under section 87 of the Environmental Protection Act 1990.

関連記事

-7 Comments

hiroko says...""
よくいろいろな記事を見つけてくるな~って感心してます。
私は英国に住んで長いですけど、ゴミのポイ捨てが罰金なんて初めて知りましたよ~。じゃあ、道に落ちているあのゴミは、勇気ある人たちがポイポイと・・・?って、冗談ですけど、なかなか徹底してないので、かわいそうな親子が見せしめになり、ニュースになったんでしょうね~。(かわいそうじゃなかったら、誰も同情しないし、ニュースにはならないでしょうからね)。

昔に比べれば街がきれいになったと思うは、私だけでしょうか?日本やドイツと比較するとまだまだですけど、昔よりはマシになったような気がします。

いや~、お巡りさんが厳しいのは分かるんですよ。昔、日本でも稲垣吾郎君が公務執行妨害で逮捕されちゃったでしょう?素直に誤っていれば、駐車違反の切符だけで済んだのに・・・。全世界、何があっても、お巡りさんには逆らっちゃいけません。

でもね~。この記事は、市役所の職員が罰金を請求する権限があるということなので、ちょっと違うかもしれませんね・・・。まあ、あまり過剰だと世論が許さないはずなので(そこら辺は、公正な国だと思うんですよ)、もう少し街がきれいになるまで、様子を見てみましょう。
2007.05.18 17:48 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Hirokoさん
BBCサイトでは、昨日はずっとトップページにありましたよ。klのニュース。一昨日の警察の「ターゲット」のニュースがあったので、余計に目立っていたのでしょう。

世論が許さなくても過剰でも、「ターゲット」のような例がありますからねえ。(戦争も然りですが)。世論が反映されている国とはとても思えないですね。
2007.05.18 18:33 | URL | #mQop/nM. [edit]
hiroko says...""
すみません。ニュースは日本語のサイトでしかチェックしてないので、イギリスのニュースはほとんど知らないのです。テレビも見ません。たまに電車に乗るときに無料新聞を取りますが、見出しだけ見て、sudokuをやっています。だから時事問題を扱ってくれているサイトを見るのが大好きなんです。これからも、いろいろ教えてくださいませ。
2007.05.18 19:20 | URL | #- [edit]
foxryo says...""
いつも思うんですけど、イギリスのニュースって、個人名バリバリに出てますよね。
個人情報保護法はないんですか????

日本だと、極悪犯人でさえ、少年Aだし。
テレビニュースで街頭インタビューされている人の顔も、ときどきモザイクかかってたりします。
それも変な気もするし。
2007.05.20 02:00 | URL | #- [edit]
みら says...""
> foxryoさん
そうなんですよねっ!!>個人名
地方紙なんかでも、被害者、加害者は大人だろうが子ども(幼児)だろうが、実名、住所、勤務先までバリバリです。ネット上では顔写真なんかもばっちり公開されてるし…。
この20ヶ月の赤ちゃんの写真も公開されていて、驚きました。
2007.05.21 07:59 | URL | #mQop/nM. [edit]
foxryo says...""
信賞必罰、いいことと悪いことがそれぞれ議論されるってのも社会を形成していく上で必要なんでしょうね~。
日本人はやっぱり子供社会なのかな。
2007.05.22 01:40 | URL | #- [edit]
みら says...""
> foxryoさま
> 日本人はやっぱり子供社会なのかな。
いえいえ。英国もナニー・ステイトと呼ばれておりまして(笑)、ほんと、国によっていろいろですよね。良いところだけを見ていければいいのですが(難しい)。
2007.05.22 08:19 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1453-e7004848
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。