スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリエール -Molière-

Posted by みら on   0  0

Moliere観終わったあとの余韻が静かに長く美しく。久しぶりに良い映画を観た…と実感してきました。今年観た中では、とりあえず最高点。
「モリエール(Molière)」

夫に付き合わされて行ったため、ほぼ下調べなし+期待もそこそこ状態でしたが、(ついでに連日の深酒で頭痛もひどかった…笑)、それも逆に良かったのかも。
モリエールの書く喜劇のように、笑いながら最後に涙するような、よくできた内容だったと思います。好きです、こういう映画。
日本でも公開になっているのかな?


Moliereさらに、役者さんたちが秀逸。
不覚にも、モリエールを演じたロマン・デュリス(Romain Duris)を知らなかったのですが、(帰ってきて確認したら)「Pot Luck」(L'Auberge Espagnole:スパニッシュ・アパートメント)のひとだったのかぁ。

Moliere夫が、「若きバーグマンのようでないか!」と呟いていたラウラ・モランテ(Laura Morante)は、これまた良かった「オーケストラ・シート -Fauteuils d'orchestre-」にも出てましたが、今回は主役級で、美しさとともに演技の上手さも光っておりました。最後は、泣かせてくれますね。

Moliere: Ce genre de comédie n'existe pas!
Mme Jourdain: Alors, inventez-le!(Then, invent them!)

は、心に残るセリフのひとつ。(言い回し、微妙に違っていたかもしれませんが、忘れてまいました。間違ってたらすみません。orz)

(余談ですが、「Fauteuils d'orchestre」組では、Annelise Hesmeもちょい役で出てます。>> Va Va Voom -英vs仏-

観る前夜、トレイラーだけはチェックしたのですが、ここでヴィヴァルディ(Vivaldi)の「夏」(>> Le Quattro Stagioni)が使われていて、「へ?」と思っていたものの、実際映画では出てきませんでした…よね?確か>V
このあたりの時代はよく混乱するのですが(>私)、モリエールは「1622年 - 1673年」で、ヴィヴァルディは「1678年 - 1741年」。自分用にメモしておきます(笑)。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1557-d9b7eccd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。