スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめもないこと

Posted by みら on   6  0

PIN」というのは「Personal Identification Number」の略であって、「PIN Number」というのは厳密にいえば間違い。( "PIN number"="Personal Identification Number Number"と、ナンバー・ナンバーを繰り返すことになる。)
そうしてみると町の中では、しっかり「PIN」で止める人が多く(Enter your PIN please.とかね)、「ほぉ」と改めて思う。(「PIN Number」も結構一般に使われているので、それを間違いとは呼ばないのだろうけど。)
…と、そんなとりとめもないことを考えながら…(笑)。

検索ワードを見るのが結構好きです。ふふふ。
今日笑わせていただいたのは、これ!
>> 「David Coverdale 整形」
えええーっ!(爆)
どうなんだろう?(←マジで考えるなよ!>自分)
うーむ。DCの友人のCくんにあとでこっそり聞いてみよう(違)。
うちの夫もよく知っているJTさんについては…。うっ、やめとこ。

そうそう。検索と言えば、「i.e.」と「e.g.」でここにいらっしゃる方も多いんですよね。
これに関して、ここで何か書いた記憶がないので、ちとまとめておきましょうか。
i.e. は、 ラテン語で「id est」。つまり「that is」とか「in other words」(すなわち/言い換えれば)の意。
e.g. は、 ラテン語で「exempli gratia」。つまり、「for example」(例えば)のことです。
いじょ。

そうそう。先日、「and etc.」と言っていた英語ネイティヴがいましたが、これは厳密に言えば間違い。
Etc.」はラテン語で「et cetera」で、「and other things / and so on」の意味。「and」をふたつ重ねる必要はありません。
ついでにイギリス人て、「et cetera」(正)じゃなくて「ex cetera」(誤)と間違って言うひとが多いですけど、これは大間違い。息子の小学校にも、生徒の前で「ex cetera」(誤)と言い続ける教師がいて、一度息子が訂正したそうですが(ぶっ)、一向に直さなかったそうです。(ドイツ人と日本人のミックスのガキに「英語」を教わりたかないよ、ヴォケ)とか思っているんでしょうかね?>教師
ま、他人のことはどうでもいいんですけど。

自分でもここで「ウェールズは嫌いだ」と散々書いておきながらなんですが(笑)、ドイツ人数人を見ただけで、ドイツに実際住んだこともないくせに「ドイツ人は最低~」とか言う人たちって、なんだかなぁ…ですね。個人的に。(彼らは、ドイツの北と南、西と旧東がまったく違う…という事実も知らなかったりする。)
どうでもいいけどね。

田口ランディさんの公式ブログで、ランディさんが、

バーベキューも、宴会も、一生分をやり尽くした。そういうことになんの興味も関心もなくなってしまった。めんどくさい……と思う。
あんなに好きだったことに、興味を失うのだなあ……と、自分でも不思議なくらいだ。
しかし、いまそれに興味がある人に「いつか関心がなくなるのよ」と言っても、絶対に実感できないだろう。
>> 休息

と書かれていたが、大きく頷いてしまった。
私も20代~30代前半で、多くのことをやり尽くした感がある。一般には経験できないようなことも体験したし、多くの興味深い人たちと出会い、仕事してきた。多くの友人を得、多くのかけがえのない親友を失った。
いまは、好きなものが結局仕事に結びついてしまう不幸に、もがいている自分を見る。
あぁ、ただのファンのままでいたかった…。
関連記事

-6 Comments

fussyvet says...""
みらさんもランディさんのブログをお読みでしたか。私も最近見つけて読ませてもらってます。引用部分に大きくうなずいていた点でも同じです。20代から30代前半はとてもエネルギッシュな時期であり、精神的に不安定な時期でもありました。ありあまるエネルギーが心を不安定に揺さぶっていたのかも。酒もさんざん飲んだし、今思えば本当にとんでもないこともした。そして、今はその頃を懐かしく思うことが時々あっても、戻りたいとは思わないし、あんなに楽しんでいた”遊び”にも興味がなくなってしまった。まさしくやり尽くした感です。その代わり、以前とは違うことにも興味が出てきたりして…。
そういう年齢なんでしょうね(しみじみ)。
2007.08.19 21:48 | URL | #- [edit]
みら says...""
> fussyvetさま
やはりお読みでしたか!
そうなんですよね。頷ける文章がとても多くて、力をいただいております。
「他人を変えようと思ったときに、ストレス負荷が高くなる。」…っていうのも、まさにどんぴしゃりで、最近はツボにはまり過ぎてます。

確かに年代っていうのはありますよね。人生落ち着くには早過ぎるも、しかし若い頃とはまったく違う。
外側から来るものは既に見尽くしてきたので、あとは自分の内面と向かい合う時代なんでしょうね。…そして、それが一番難しいんですよね。若い頃には絶対できなかったことでもあります。
2007.08.20 08:12 | URL | #mQop/nM. [edit]
ぐめ says..."しんくろ~"
昨日オーラソーマのセミナーでノートとりながら、なんとなく習慣でi.eとe.g使い分けてるものの、果たしてコレってほんとはどーゆー意味?と思ってたのでした。ダンケシェ~ン♪

しんくろその2。
あんなに気も狂わんばかりに愛していたスミレイさん、あっさりどうでもよくなってしもた(爆)~。どうでもいいってゆーか完全に「昔好きだった人」。サヨナラ公演のポスターを見ても胸がちくっとする程度。人生これの繰り返し。
我ながらどーよ、と思う。。。ま、いいんだけど☆
2007.08.20 09:01 | URL | #2QgyWGEk [edit]
みら says...""
> ぐめたん
おおお、京都に飛んでいたか…っ。私の気のWave。
ビッテ・シェ~ン♪♪

私も時々、情熱と冷却の狭間がくっきり見えることあるわ。しかも一昨年あたりから、冷める加速度つき過ぎ。しかも振り返りもしなくなったし。瞬間冷却剤…と呼んでくれ!氷はじゃかじゃか作れるぜ~(違)。霜取りだけはちゃんとしとかないとね。
残り少ない人生、去るもの追ってる暇なし…ってことかしらね。v-540
2007.08.20 10:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
Yuki says...""
私は、「好きなことを仕事にしたのは大きな間違いだったのでは、、、」と本気で悩んだり、「これが仕事じゃなかったら、こんなにジレンマを感じることもないのに~」と思うことが良くあります。自分で選んだ道なので仕方ないんですけど、気分の重い日などには、ちょっときつく感じてしまいます。
2007.08.21 04:49 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Yukiさん
好きなことを職業にするっていうのは、ある意味恵まれたことでもあるのですが、しかし反面、好きなことにビジネス(特に暗い部分…笑)を見出さねばならないってことで、ジレンマに陥ることってありますよね。
2007.08.21 08:37 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1565-c1b88ed4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。