スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェールズ地名読み -2-

Posted by みら on   2  0

ウェールズ地名読み -1-より続きます。)

さて、単語のはじめにくる「Ll」。
日本語表記では「ス」が圧倒的に多く、おそらくそれで間違いないです。…が、実際に発音するときには、「ス」よりも「ク」に近いほうがウェールズ人には通じやすいのではないかと思います。
たとえば、"教会"や"庭"や"村"を意味する「Llan」は、町名や住所の中にも頻繁に登場する単語ですが、これは(英語表記では)「Chlan」か「Thlan」の真ん中あたりを目指して発音する…とうまくいくのではないか…と(笑)。

…で、「Machynlleth」のように、文中にある「ll」は「ス」でOKかと思います。
Llangollen」という町がありますが、私の中では、「スランゴスレン」というよりは「クランゴスレン」です。ただ、この場合、「ク」は思い切り喉に引っ掛けてください。

というわけで、続けてみます。

□□■■□

(なぜかスノードニアの山や湖の名前が多かったのですが…)。

>> Craig Cau
「クライグ・カイ」

>> Craig Llwyd
「クライグ・スロイド」
(*「Craig」はロック(岩)の意味です。)

>> Llyn Cau
「スリン・カイ」
(*「Llyn」は湖の意味。)

>> Mynydd Moel
「マニーズ・モイル」
(*「Mynydd」は山の意味。)

>> Pen y Cadair
「ペナカデー」

...「ウェールズ地名読み-3-に続きます」。

関連記事

-2 Comments

Surbiton says...""
みらさん、Ll の発音は、もうカタカナ発音の限界を超えていますね。みらさんがおっしゃるように、私の耳にも、「ク」と聞こえたり「フ」と聞こえたりします。Lloyd という苗字がありますが、これもウェールズではMr.スロイド などと発音するのでしょうか?

>> Pen y Cadair  「ペナカデー」
については、「ペン・ア・カデー」と区切って発音するのか、「ぺナカデー」とくっつけて発音するのか全くわからなかったので、助かりました。

第三弾、首を長くしてお待ちしています! お忙しいところ恐縮です。
2007.09.07 19:38 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Surbitonさま
「LL」は、使われる頻度がかなり多いだけに(特に住所)、厄介ですよね。

あはは!>Lloydさん
名前の場合、明らかに「英語」のときには、きちんと英語発音になるようですね。
一般の名前でもウェールズ語綴りになっているときは、ウェルシュ発音です。David(英)かDafydd(ウェールズ)かの違いとか…。
ディラン・トーマスは、自分の名前をウェルシュ発音で呼ばれるの(>> ダラン)をひどく嫌っていたんですよね、確か。> Dylan

真ん中に「y」が入っている場合でも、一語として読むケースが多いようです。「y=ア」ですね。
2007.09.09 08:39 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1594-97805339
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。