スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swot

Posted by みら on   0  0


子どもに教わるブリティッシュ・スラング…の巻。

(学校篇)
1. Swot

2. Dobber


さて、どういう意味でしょう?
「swot」と言っても、IT用語ではありません。
「swot up」という動詞もありますが、この場合は、Sが大文字の「Swot」。



1.「Swot」は、
ガリ勉くんとか点取り虫のこと。もしくは、先生に気に入られようと必死になるタイプの生徒。

swot up」で、必死に勉強する…の意味になって、「試験前にすっげー詰め込んだ!」とかいう意味にもなりますが、名詞の「Swot」の場合、ネガティヴ系でもあるみたいです。
完全なオフェンシヴ・スラングではないようですけど…。

…ところで、「ガリ勉」ていまだに使われている日本語なのかな?もしかして死語?(笑)

2.「Dobber」は、
隠語系スラング(特にスコットランド)でもあって、あまりきれいな言葉ではないですが、学校で使われる場合は、「先生に告げ口するヤツ」「チクるやつ」…という意味。
もちろんネガティヴです。

スラングは、知らないとほんとにわからないもんですね。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1604-cec1832d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。