スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前、当たり前、

Posted by みら on   2  0

適当な訳を考えていたのに、「当たり前田のクラッカー」しか思いつかない私って…。orz

…というわけで、再び英語スラングのご紹介。

「そんなの、あったり前じゃないっ!」と、あまりにも顕著なことを言われたときに呟く英語とはなんでしょう?




No shit, Sherlock

-----
たとえば、「Little Shop of Horrors」(←懐かしいなぁ)の中でも出てきます。

Seymour: Every household in America? Thousands of you eating... that's what you had in mind all along, isn't it?
Audrey II: No shit, Sherlock.



それ、日本語では「当たり前田のクラッカー」って言うんだよ。
…と、息子に教えてしまいましたが(汗)、おそらく日本ではもう誰も理解してくれないかも…(あらら)。
関連記事

-2 Comments

ぐめ says..."いやいや"
当たり前だのクラッカーはまだまだ現役よ。
まあWちんの世代は使わないけど。
カッパにゆうと「ちっ」て顔するけど。
「やったぜセニョール」よりはだいぶマシだと思う(爆)。→まだ使ってるわし。。。
2007.09.16 11:15 | URL | #2QgyWGEk [edit]
みら says...""
> ぐめたん
現役なのかぁーっ!(疑)
最近、赤い疑惑のテーマが頭の中でぶんぶんなるのよね。
「やったぜセニョール」は、もう私でさえも使わない。orz
がんばれ!>カッパちゃん
ぇ?
2007.09.17 08:18 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1608-f8fd0390
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。