スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

Posted by みら on   4  0

先週くらいから、町にも新大学生が溢れるようになりました。
正直うるさいです。
特に夜は酔っ払い学生に町が占拠され、警察の出動率も高まります。飲むくらいしか楽しみのない町だからしょうがないのだろうけど、学生のドラッグ普及率も高い町なので、やっぱりうざい。
あとは、クリスマス休暇で再び町が静かになるのを待つばかりなり…(笑)。

今日銀行で、列がなかなか進まないのでなんだろう?と思ったら、窓口をアジア系の学生が占拠してました。窓口のお姉さんと「英語」で話が通じていないようで、会話が延々堂々巡り。あらら。
この時期には、よく見る光景ですなぁ。
(ただ、何年かここで大学に通っても、アクセントが一向に直らないアジア系の子たちも多くて、こういうのもやはり頑固というのでしょうかね?(違))
さて、列に並んで、そのアジア人が終わるのを待っていたおばさんが何度も舌打ちしていたので、「ま、いらいらする気持ちもわかるわな」と思っていたら、自分の番になったときに、今度はその窓口のお姉さんと大声で「ウェールズ語」で悪口大会。(←全部は理解できんかったが、だいたいわかる。)
どっちもどっちだよな。



話変わって。
以前、ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)が、学校給食(スクール・ディナー:School Dinner)改革を大々的に訴え、TV番組を作りキャンペーンを行い、最後には当時の首相のトニー・ブレアとも会見して、子どもの食事の見直しを要望した…って記事をアップしました。
>> ジェイミー・オリヴァーの勝ち!
>> 政府による食コントロール
>> ジェイミーのやり方、セインズベリーズの反発

今日の「Guardian」の記事のよれば、これらのジェイミーの活動は、実際、子どもの食生活を変えるまでには至っておらず、学校給食にも大きな影響は出なかった…ようなんですね。あらら。
>> Children find Jamie Oliver's school food hard to swallow, say inspectors

うちの子どもの通っているセカンダリーには、いまだに炭酸飲料、チョコバー、クリスプス(ポテトチップス)等々、不健康スナックを売る自動販売機がどかんと設置されてますし(orz)、カフェテリアの食事も食事よりもデザートのほうが充実しているそうで…。う。(しかもやけに高い。)
一度、食べ切れなかったから…と、お昼の残りの「マカロニ」を持ち帰ってきたことがありますが、これが茹で過ぎのマカロニにパサパサのツナ(缶)の欠片を混ぜただけ(ほんとに混ぜただけ…)で味付けもなしってシロモノで、「これじゃあ、デザートに走るよなぁ」と納得しちゃいましたけどね(笑)。

-----
また全然違う話題になりますが…。
今日は英国の各紙がいっせいに、ダイアナさん(Princess Diana)のパリでの事故直前の未公開写真をアップしてましたが、運転手の故Henri Paul氏の激突前の表情があまりに生々しくて直視できませんでした。
>> Published for the first time: The most remarkable pictures of the Diana crash
いまだに終わることのないダイアナの死の調査。
ほんとに安らかに眠れているんでしょうか?
関連記事

-4 Comments

Guko says...""
食事に対する各国、というか各文化の違いってすごいものがありますよね。みらさんの日記読んでるとイギリスもすごいものがありますが、私がドイツに住み始めてから驚いたのが、ほとんどのドイツ人が「温かい食事は太る!」と思っていること。たまにドイツ人に1日の食事の内容を聞かれて、朝はパン、昼は食堂、夜は家で料理する、というと「1日2回も温かい食事を食べて、よくその体系が維持できるね・・・・」と関心されます。ってか、温かい食事だと太るわけではなくて、オイルたっぷり、クリームたっぷり、そして肉をガッツリと、のドイツの温かい料理だと太るだけだと思うんですが・・・(汗)

食事に関してはバラエティ豊かに楽しめる日本人で、ほんとうに良かった!と思います。
2007.10.03 16:19 | URL | #- [edit]
あすとる says...""
わかる、わかるよー(T_T) うるさいよね、ほんと。 夏休みが静かなもんでその落差が激しくてさ...
でもうちは一足早く今週から授業始まってるのでずいぶん静かになりました(週末が怖いけど)。 みらちんのとこももうじき少しはましになるんでは?

銀行の件は私は肉屋で同じような経験をしたよー。 肉を買おうと思って並んでいたら、前の方にいた中国人が肉を薄切りしろっていって散々格闘して、巨大なラムの足を半分に切らせたあげくにステーキくらいにしか薄くできないといわれて、なんも買わずに去っていきましたの。 その後並んでいた客全体と店員で大盛り上がりでした(笑) 魚屋でも同じようなことあったなー( ゜┓゜) 中国人はどうも全てを自国と同じように進めようとしがちであちこちで問題を巻き起こしております。うちの大学、中国人の数がものすごいんで、なかなかその手のネタは耐えないのだ...
2007.10.04 02:36 | URL | #vwylbK8w [edit]
みら says...""
> Gukoさん
そういえば確かにそうですね~。>ドイツ
夕食に火を使って料理をする…といって、友人やご近所さんに驚かれたことを思い出しました(笑)。
ドイツは、アーベントブロートですもんね。
(ドイツのパンとチーズは美味しいので、これでもいいんだけど…。それに比べてイギリスのパンは…。ぶつぶつぶつ。)

料理というよりも、ドイツ人が太る理由のひとつは、安くて美味しいビールなんじゃないかと思うのですが(笑)。
2007.10.05 08:53 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あすとるしゃん
そうなんだよううう。夏が静かだっただけに、余計につらいよね。
昨日も地元民と、「クリスマス休暇までの我慢だな」となぐさめあいましたよ(笑)。
これでも、あと数ヶ月も経つと、試験やらエッセイやらで忙しくなるのかだいぶ落ち着くんだけどね。いまは羽目をはずす時期なんだろうなぁ(ぶつぶつ)。

やっぱり…(笑)。>アジア人
ここもかなり多いんだよう。仲の良い中国人もいるので一概には言えないんだけど、でも「もちっと英語、勉強しようよ」と言いたくなる子が多いぃ。う。
2007.10.05 08:57 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1626-4aa70b99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。