スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナオミ・ワッツとウェールズ

Posted by みら on   2  0

London Film Festival」のためか、ここ最近英国のTVにも登場回数の多いナオミ・ワッツ(Naomi Watts)。
昨日(水曜日)のオープニングを飾ったのが、「Eastern Promises」でしたしね。
(*クローネンバーグ(David Cronenberg)とヴィゴ・モーテンセン(Viggo Mortensen)の「A History of Violence」コンビ再び…ってことで、観たくてしょうがないのだけど、でも最近の私には、クローネンバーグ流のヴァイオレンス・シーンはヘヴィ過ぎて、きっと無理だろうなぁ(悲))。


ところでナオミ・ワッツと言えば、ニコール・キッドマンとお友達のオーストラリア女優…というイメージが強いのですが、今朝のニュースに出ていた彼女を見てびっくり。
彼女のお母様がハーフ・ウェルシュで、彼女も北ウェールズ育ちなんですってね~。(へぇ~、知らなかった。)
イギリスはケント生まれですが、お父様が亡くなって以降、7歳からは母方の祖父母とともにウェールズのアングルシー(Anglesey)で育ったため、当然のことながらウェールズ語も数語知っているそうで、今朝のニュースでは、例の「駅名」を、すらすらすらーっと言ってました。(驚)
そういえば、アングルシーですもんね。
その「駅名」というのは、これです(笑)。>> 世界一長い駅名

しかし、ウェールズ語でも、ナオミ・ワッツが言うと、なぜか上品に聞こえるので不思議です(笑)。喉にひっかける「グゥエー」音を一般のウェルシュのように強調しないからだろうなぁ…。
関連記事

-2 Comments

mika says..."eastern promises"
観ましたよ~。内容も知らずに。
で、かなりブルータルでした。最初っから。
ちょっとゴッドファーザーを彷彿させる様な感じ。
でも大変、良い映画でした。

普通は、私もブルータルな奴は、自ら好んで観ないんですけど、今回は、何も予備知識無しに、挑みましたが(誰が出てるかも知らなかったくらい)観て良かったですよ~。

しかし、その長い駅名、ホント、長いですね。ナオミワッツがウェルシュ&イギリスに住んでたと知って、納得。どおりでイギリス舞台でも違和感を感じない発音だった訳ですね。
2007.10.19 01:13 | URL | #pOdlh5vY [edit]
みら says...""
> mikaさん
おお、ごらんになったのですね。いいなぁ。
確かにこの映画、前もって構えながら観るよりも、前情報なしに観るほうがいいのかも…。

モーテンセンが好きなだけに(くぅ~っ)、見逃したくないのですが、でもあとでDVDでちびちび観るかも(へたれ)。
クローネンバーグは、強烈ですしね。あぁぁ。

確かにナオミ・ワッツの英語発音て、あまりオーストラリアっぽくないですよね。基礎が英国英語だからなんでしょうかね。
2007.10.20 07:02 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1639-92967546
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。