スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Samhain

Posted by みら on   8  0

Samhain(サーウィン)とは、ゲール語で「夏の終わり」の意。
さらに「11月1日」のアイリッシュ名でもあり、ケルト文化での"立冬"でもあるわけです。
そして、Samhainの前夜には、死者や妖精が現れる..という言い伝えがあり、すなわちこの日が「ハロウィーン(Halloween)」の元となった...と言われております。

というわけで、ハロウィーン。
ケルト文化を継ぐはずのウェールズですが、ほとんど盛り上がりません(笑)。
実際、イギリスに「trick or treat」の風習が伝わってきたのは1986年のことだそうで、確かに根付いていないですね。

10月31日の晩に近所をうろうろするのは、ほとんどが「現金」目当てのガキであり、英国内でも結構問題になっているのだとか。
それでも数年前は、うちでも律儀にお菓子の箱など用意していたんですがね。チョコなど有難く受け取ろうともせず、「1ポンドでいいんだけど...」とほざかれて、それ以来、31日は居留守を使っております。ええ。
今夜も、普段着のままスーパーのビニール袋を提げて、近所をうろうろする子どもたちを見かけましたが、周りの家々はしんと静かで、ほぼ興味なし...といった感じ。

伝統や風習の意味が消えて、結局、モノ目当てになる...というのは現代的と言ってしまえばそれまでなんだろうけど、どうにも寂しい気がする。

さて。ハロウィーン違いだけど、やはり思い出してしまうのがこの方たち。


スティフな北ドイツ...と改めて思う(笑)。
が、やはりこの頃が一番の黄金メンバーという気がしますです。ステージでも何度も見ている割には、ほとんど記憶に残っていないっていうのが哀しくもあるけれど。あぁぁ。
キスケくんでなぜか思い出すのは、日本の"使い捨てカメラ"(あの頃って、そんなものが流行っていたのよね。)に激怒していたことなんだよなぁ。つまらない記憶だけが長く残る...。あぁぁ。
関連記事

-8 Comments

ぐめ says..."やっぱり"
ケルトの文化は言葉も含めて妖精のニオイがする。。。なんで?
(妖精がいるからに決まってるじゃんbyケ)

んでも、日本でのハロウィンの流行はあほらしくてあほらしくて、私もつい先日英語教室に辞表たたきつけそうになりまして・・・

自分の文化的背景に無いものって受け入れるの難しいんだけど、私には・・・私だけ?
とんがり帽子かぶってチビにお菓子配るのも「めんどくせぇぇぇぇぇ」としか思わない私は冷血漢?
2007.11.01 11:19 | URL | #2QgyWGEk [edit]
ぽめ says...""
ハロウィンまで小遣い稼ぎのイベントになってしまったのか・・・(悲)。

以前住んでいた所で、ドアを開けるとゾンビのように床を見つめてぼそぼそとクリスマスキャロルをつぶやき、手だけ差し出す子供たちが毎年来ていたことを思い出しました。

少しくらい愛想を振りまかないと儲からないと思うんだけどなぁ(違)。
2007.11.01 16:29 | URL | #MiKfgRIk [edit]
Guko says...""
私は昨日50人以上の子供たちに訪問され、はっきり言って疲れました・・・

でもこちらではまだ小さい子供たちが両親と一緒に近所をまわって、仮装もちゃんとしていて、お菓子を喜んで受け取ってくれる、ってかんじだったからウェールズに比べたらまだましなのかも。

とはいえ、ドイツはもともとハロウィンなんてないんだから、やっぱり便乗しておやつもらってまわっている、ってことには変わりないんですが・・・ いいのやら悪いのやら。
2007.11.01 19:30 | URL | #- [edit]
Piggy says...""
私も昨日は家の電気(フロント)を消して居留守を使いました。
毎年どんどんとうるさいのですが昨日は
誰もを戸を叩かなかったのでラッキーでした。
お金目当てにやってくるのは本当に迷惑ですよね。
外はどんどん暗くなってきてなんかイギリスの冬が
始まったと毎回ハローウィンになると実感します・・・。
2007.11.02 06:53 | URL | #- [edit]
みら says...""
> ぐめたん
アイルランドあたりは、いまだに何かがいるんじゃないか...という気がするのだけれど(知らんけど...)、ウェールズは、妖精も「どんくさ」...と思って、どっかで寝てるんじゃないか?という気がしてならんだよ。
(あぁぁぁぁ、だからわたしは嫌われる。)

さて。
同感じゃ!
日本にはお盆という立派な伝統風習があるのだし、ハロウィンなどいらんと思う。お菓子なら、日本で勝手に作ったバレンタイン・チョコでいいだろうが...とも思うし。
東も西も、いまでは境がなくなっているけど、でも日本の土壌に合わないものってのはあるよね。
でも、ぐめたんのとんがり帽子は見たいゾ。
2007.11.03 09:26 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ぽめしゃん
クリスマスキャロルも迷惑だよね~~~っ!!
最初の年は、「なんでこの子たち歌ってるん?サービスか?」と思って、「ありがとうね~。がんばれや!」と言っただけで返してしまった思い出がある。がははははは。
最近は、開けません。ドア...(爆)。
2007.11.03 09:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Gukoしゃん
ドイツには、11月11日に「聖マーチン」ってのがありますよね?確か。提灯を下げて、家々を周って歌を歌ってお菓子をもらうやつ。
んで、うちのほう(北)ではそれが一番盛り上がって、「ハロウィン」を経験した記憶がないんですよ(笑)。
北はカーニバル(ファッシング)が南ほど大きくないので、聖マルチンとかラテルネとかで冬を呼ぶって感じでした。

こういう習慣が現金化されてしまうのは、すごおおおおくいやですね~。

2007.11.03 10:05 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Piggyさん
やはりそうでしたか!私も居留守作戦です。
開けちゃうと、なにされるかわからないし(ぶつぶつ)。
英国って、時々小学生でも危険な香りがするのでなんだかいやですよね。

ほんと、日が暮れるのが極端に早くなりましたね。
そのうち4時には真っ暗になっちゃうんですよね。うぇ~ん。
2007.11.03 10:08 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1652-13760de5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。