スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立冬/強風/土用明け

Posted by みら on   6  0

風習と言うのは、やはりその土地々々(土壌)に強く根ざすものなのだ...というのは、いくつかの国で生活して感じているが、それでも空がひとつのように、国や文化の境を越えて融合する「もの」もある。

一昨日までの雨が止んで、今朝、かなりの強風が吹き荒れたときに、「あぁ、土用明けなのか」(cc:ぐめ姐さん)と、異国の地でしみじみ感じた。

しかも昨日は、不要な喧嘩まで買っちまったし...。orz
いえね、「私はウェールズ人だけど、すべての教育をイングランドのボーディングスクールで受けているから、国際的なウェルシュなのよ」(←バカみたい by み)といつも豪語している煙たいばあさんが、「中国人の女の子を一人知っているけれど、彼女は自分の子どもに愛情がもてないって言ってたんだわよ。結局、アジア人(←一括り)て、わたしたち西洋人(←一括り)と違って、深い愛情が持てない人種なんでしょ?」と言ってきて、「一人を見て、それですべてのアジアを知った気になるなよ、バーカ」と、ついArgumentativeモードに入っちまいました。あぁぁ、バカだった(>自分)。

それもこれも、このばあさんが、BBC4のドキュメンタリー番組「VISIONS OF THE FUTURE」を見たからで、この番組のガイド役が日系アメリカ人の教授のDr Michio Kakuで、HONDAの「ASIMO」くんや、東京のシーンがいっぱい出てきたからなんですわね。テーマはAI。(息子が見ていたので、私も知っているんですけどね。)

んで、「アジアのこんなちっこい国で、こんなことが起こっているなんて有り得ない。(一番は西洋人のはずなのに...)。」ってモードになって(>ばあさん)、理不尽な怒りを蓄えて、日本人の私に突進してきたらしいですわ。w

しかし、「イングランド」を知っているから国際人だと自分を認識するウェールズ人て、ほんと「冗談でしょ?」と思うほど多いです、ええ。

関連記事

-6 Comments

じゃん says...""
んー、そのおばあさんにも密かに土用が作用してたんでしょうか。
福岡も、雨こそ火曜日まででしたが、今日は北風が
強かったです。
無事土用が明けたのかな?

栗と林檎のケーキ↓、ほんと美味しそうです!
エシレは、福岡でも売ってません(多分)。
今度実家に帰った時にゲットです。
2007.11.08 21:30 | URL | #C9/gA75Q [edit]
きい says...""
この、アジアでひとくくり、欧米でひとくくりでものを話されることで、何度腹立たしい思いをしたか、泣きたくなるような気持ちになったかわかりません。ましてや、それが自分の家族からのコメントだったりすると、ほんとにがっくりしてしまいます。最初はいろいろ反論、細かく説明もしていましたが、もう、最近はそれも疲れてしまい、ため息をつきながら、だまっていることも多くなりました。。。。
自分をより理解してもらうためにも、日本人の名誉のためにもそれではいけないと思いつつも、あまりにも多すぎて。。。(悲)

「イギリスにきてしばらく経つけど、日本とイギリスの生活どちらがいい?」と家族のメンバーのひとりのドイツ人に聞かれた時、「日本」と答えた私に対して、「へぇ、イギリスかと思った。知り合いにタイ人の子がいるんだけど、その子はイギリスっていってたから。。。」って、日本とタイは全然ちがうんですけど???アジアでひとくくりですね。

ついこの間はイギリス人の義理兄嫁(もともとちょっと問題ありの人なんですが(笑))に、永久ビザの申請料が高い(£950)といったら、「高くないよ、医療サービスが無料で受けられたり、いろんなサービスがイギリス人同様にすべてうけられるようになるんだから。マクドナルドと高級レストランのちがいよ~。高級レストランにいったら、高いお金払わないといけないでしょ?」ですって。きっと日本の医療やサービスが発展途上国なみだと思っているからこういう発言がでてくるんですよね。。。さすがに旦那もおこって、「UKがマクドナルドで、日本が高級レストラン。UKはマクドナルドなのに、高級レストランなみの値段をあやゆるところでチャージしてる」って言い返してました(笑)兄嫁、かなり知識レベルの高い仕事してるんですけどねぇ。。。時々、あれ?っと思わせる発言をします(日本て紙おむつあるの?とか(笑)。。。ほんとにがっくりです。)しかも、こういう人達、イギリスに少なくないのが困りものです(笑)高教育層がこれじゃぁねぇ。。。がんばれエゲレス!!」
2007.11.09 19:40 | URL | #- [edit]
みら says...""
> じゃんさん
エシレは日本で買うとほんとに高いから、地の利を生かして(笑)、こっちでたんまり食べるのじゃ!...と思っていたのですが、やはりドーヴァーを越えて、ジャージー乳を越えてまでは、入ってこないようで(苦笑)。

福岡も、風が強かったのですね。
こちらは台風なみになってしまって、今年は水難の年でしたね(UK)。
この週末から、気温もがくんと下がるらしいです。これだけは、さすがに暦どおりでした。夏は来ないのに、冬だけはっちゃんと来る悲しさ(あぁぁ)。

栗は、どんな風に料理しても美味しいですね~。
昨日、「日本では、秋といえば栗なのよ。美味しいんだよ~」と言ったら、「へぇ。主食が栗なのね。Fish&Chipsみたいなもん?」と返されて、がっくりしました。ふ。
2007.11.09 19:57 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> きいさん
おお、やはり、同じような経験をされているのですね(ガシッ)。
私もだいぶ慣れたつもりですが、しかし「西洋至上主義」の発想で、"自称"「学」のあるひと(←一番厄介ですよね)に、偏見だけで「アジア人はねえ」と言われるのは、どうにもこうにもいやですね。

しかし、マクドナルドと高級レストラン...て(唖然)。
(ご主人のサポート、最高ですね!いぇい。)
でも確かに、日本人はいまだに着物を着て生活していると思い込んでる人もいますしね。先日は、「日本人て、ナイフとフォーク、使えるの?」と真剣に聞かれて、力が抜けました(ガクリ)。
でもこういう「ignorant」さが、UKを問題ありの国にしてるんじゃないのかなぁ…と感じることもあるんですけどね。(ま、それはどこの国でも同じか。)

日本で西洋史を学ぶのと同様、こちらでも東洋史なり、世界地理なりを徹底させればいいのにね。

話それますが、"義理兄嫁"さまとのご苦労、お疲れさまです。
私も、スウェーデン系アメリカ人の義理兄パートナーにとことんひどい目に遭わされましたので、お気持ちお察しいたします。大変ですよね、付き合っていくのって。ふ。
このひとも、私を見て「これがすべての日本人だ!」と決め付けておりました。ふぅ。忍耐力の特訓になりますね。ははは...は...は。orz
2007.11.09 20:12 | URL | #mQop/nM. [edit]
kitsch-en says...""
うーん、居ますよね、そういう頭が煮えたぎりそうなことを軽く言う人。しかも結構沢山。私も普通に道を歩いていて「アチョー!」とか太極拳みたいなポーズをとられたときにはどうしようかと思いましたよ。I'm not Chinese mate...と投げ捨てて通り過ぎましたが。。。

教育のことを鼻にかけている人が多いのも難点というか、もう諦めとに近いですよね。ボーディングスクール出身者には仕事のときに時々ご一緒しますがね、いつもしっくりこないというか、胸焼けがすることが少なからずですよ。

イギリスって一般教育のレベルは日本に較べて低い気もします。子どもが居ないのでその辺りはよく判らないんですけどね。

なんせ驚いたのが、インチとポンドで生活してきている人たちだからなのか、1cmx100=mとか、立方、平方とかに換算出来ないとか、2次関数とかも出来ないのとか結構普通らしい。棚を作るときに√を使って計算していたら天才扱いされましたよ。
2007.11.10 01:01 | URL | #- [edit]
みら says...""
> kitsch-enさん
やはり同じような体験されてますねっ(苦笑)。
慣れてしまったとはいえ、時に「ムカっ」としますよね。
特に私のいるところは、ウェールズとイングランドを取り違えただけでも本気で食ってかかってくる人が多いだけに、「だったら、他人にももっと気を遣えよ!」と思うんですけどね。とほほ…です。

「日本と中国って、同じ言葉喋るんでしょ?」と無知なこと聞かれたこともありますし、ほんと、アジアって「Far East」感覚で扱われますよね。ふぅ。

ボーディングスクール出身者への胸焼け!わーっははは。同感です。
ボーディングスクール出身者の子どもへの胸焼け...ってのも最近はあります(笑)。「ぼくのパパは...」「ぼくは世界中を旅した...」「ぼくの家は...」と言い続ける11歳のガキってまったく。

一般教育のレベルは、日本と比べてばかりでなく、他のヨーロッパ諸国と比べても低いらしいですよ~ん。これも階級の悪影響のひとつですかね。
2007.11.12 06:16 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1661-6364a5e7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。