スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の責任?

Posted by みら on   6  0

三田佳子さんの二男が覚せい剤所持で再々逮捕されたそうだけど、なぜに親(しかも母親ひとり)がマスコミの矢面に立たされなきゃならないんだろう...?と、不思議に思った。
責任を追及されるべきは、27歳の二男本人であるはずなのに、マスコミや社会によって、それが母親に責任転嫁される状況っていうのがよく理解できなかった。
(海外で文面を追っているだけなので、私の判断が誤っているのかもしれないですが。その場合はすみません。)

もちろん「女優」という職業が三田さんの立場をここまで弱くしているのかもしれないが(それもよくわからないけど...)、親の責任としての記者会見ならば、カメラの前に立つのは「両親」であるべきなんじゃないのか?

...なんて思う私のほうが間違っているのだろうか?


-----
日本とは比にならないほどドラッグが横行するこのあたりの国々。
もちろん、ドラッグの不法所持者は逮捕されるが、しかしその流通量が半端じゃないためか、取り締まりきれないっていうのも事実なんだろう。
そのせいもあるのか、小学校高学年になると(日本で言えば小学4年生くらい)、それ専門の警察官が学校に来て、かなりきちんとした教育を生徒に施している。
それがあまりにリアルで(10歳からコカインを吸入していた少女の4年後の、鼻が潰れている写真を大きくスライドで見せられたり...)、軟弱なうちの息子は、しばらくそれらの残像が消えなくて苦しんでいたようで...。
しかし、通学路や公園やらで注射針等を発見するのが珍しくないところにいれば(...とはいってもこの町は、犯罪率の非常に少ない町のひとつなんですがね)、そうやって若いうちに注意を促すのは間違ってないようにも思える。

だから、ドラッグに関して厳しく取り締まるのはいいのだが、
...が、27歳の責任を66歳の母親に追及するのは、本末転倒のような気がする。

関連記事

-6 Comments

ふっちゃん says...""
結局マスコミが叩きやすい部分を率先して叩いているだけという印象ですね。マスコミに姿を晒し謝罪しなければ、今後芸能人としての活動が難しくなるという無言の圧力があるんでしょう。知名度から言っても息子を叩いても記事にならない、叩くなら母親だ、という安直な発想…ああ、気持ち悪い。
別に当人の反省を促すためでも、ドラッグの違法性を知らしめるためでもない、ただの視聴率稼ぎなんですよ。外国は知らないけど、日本のマスコミは昔と比べて明らかに自分たちの利益のためにしか報道しなくなり、本当に中身が薄っぺらになったと感じます。

ちなみに我々もよく叩かれます。エヘ。
2007.11.19 19:41 | URL | #SFo5/nok [edit]
fussyvet says...""
もう全く同感です。私もブログに記事を書こうと思ったくらい。
30歳近い息子のしたことを、母親の子育てが間違っていたと責め立てる。だったら、この世の中に模範的な素晴らしい子育てをしている親がどれほどいるのかと思います。
三田さんの私生活の顔を知るわけもありませんが、女優業という仕事で、一般的な母親像らしくないかも知れなかったとしても、あの姿は本当に気の毒です。マスコミも罪人を裁くような態度にも以前から辟易しています。
2007.11.19 22:10 | URL | #1qJCdU76 [edit]
みら says...""
> ふっちゃん
マスコミの退廃はこっちも同じだわ。
大衆に媚び、大衆に流され、しかも情報操作にも加担する...と。結局は白い虚像か。

ってわけで、これもやっぱり視聴率なのか。気味悪いね。
映像を見たわけではないのだけど、一問一答を読んで、公開処刑みたくてぞっとした。

「ドラッグ。だからなに?」みたいな欧米セレブ(なにをもって"セレブ"なんだかわからんが...)を見ていると、しっかり制裁される日本の現状は潔いとも思うんだが、でもやっぱり27歳の「母親」が、なんでカメラの前で号泣せねばならんのか、全然わからんかった。
それと、再三繰り返してすまんが、父親はどうしたんじゃいっ(怒)!と、「子育てはなんでも母親」な日本のトラディション(?)を不気味に思ったぜい。
2007.11.20 08:47 | URL | #mQop/nM. [edit]
fluffy says...""
三田さんも見てて気の毒でしたが、本人も有名人の息子だった為に未青年のうちに三田佳子の子供だって事で名前と顔が出てしまったのが可愛そうだったのですが・・・
本当にマスコミの酷さにはあきれます。
報道されてる事もどこまで本当か解らないし。
2007.11.20 08:56 | URL | #- [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
ほんと、いったい「子育て」の正誤っていうのは、誰が決めるんだろう?と、私も思います。
問題が起こると、「だからやっぱり」とか「それがいけなかった」とか、一斉にもぐら叩きのようになりますけど、そんなに単純なことじゃないですよね。

そしてやっぱり、27歳の責任を、女優だからと言ってすべて「母親」に押し付けるのも(by マスコミ)、すごくアンフェアな気持ちがしました。
プライベートに十分に葛藤があっただろうものを、なぜ母親が「国民」に向けて謝罪しなければならないのか??? どうもよくわかりませんでしたよ。

誰だって不完全ですもんね。二男氏も、有名人の息子としての、他人にはわからない苦悩があったかもしれないですし(...って別にドラッグをジャスティファイするつもりはないですが...)、こういう歪んだ形でも糾弾は、別の形でのイジメを呼びそうでおそろしいです。
2007.11.20 08:59 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> fluffyさん
そうか。最初は未成年のときだったんですもんね。>二男氏
宿命とはいえ、子どもは親を選べないだけに、こういった苦悩は本人にしかわからないことですよね。
もちろん、違法なドラッグに手を出したことは間違いだけど、でも「法」を超えて、マスコミという一群が「ひと」を裁くのは絶対におかしいと思います。
個人だったら絶対できないことでも「集団」になると平気になってしまうという心情、おそろしいですね。
2007.11.20 09:06 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1670-7ea4525a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。