スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みら子、歯医者に行く

Posted by みら on   4  0

「英国で歯医者にかかるのは難しい」...という愚痴は、過去にもいくつか書いてきましたし(>> 親知らず)、去年は帰国時に日本で一気に歯科治療!という快感(?)も味わったのですが(「こんなときには...」、「選択の余地はないかも…しれない」、「日本でリトル・ブリテン」)、やはり「なにか起こったときのこと」を仮定すると、近くに駆け込める歯科医院のない状態というのは、非常におそろしいものがあります。

…というわけで、とりあえず情報収集だけは欠かさなかった吾(笑)。
仕事場の友人から、「どうも、歯科医が一軒、NHS系の拡張登録をはじめたらしいぜ」という情報を得、早速電話。(この時点で、オンライン上では、いまだ「Accepting NHS Patients: NO」だったのよね。)
そして、答えは「YES」でした。(やったー!)
(あとから聞いたところによれば、あまりの歯医者不足に、最終的にはウェールズ政府が資金を投入することになったんだそうです。)

ほんの数週間前まではプライベート以外の新患は受け付けていなかった地域なので、友人の多くも、歯医者はプライベート登録。
こういうのを、「待てば海路の日和あり」と言うのだわ(...と言っても殴られるだけなので言わないですけど...)と、早速予約、チェックアップに行ってまいりました。
(最初の電話からチェックアップ予約までが10日あまり...と、UKでは信じられないような迅速対応。)

さて、初診当日。
担当歯科医は、東欧系の訛りの強い非常に若い女医さん。

「これ、日本で治療したんでしょ?」と聞かれ、「そうだけど...」と答えたら、「ゴールドの詰め物、あるもんね。日本人てお金たくさん持ってるからさ。」と、わけわからないこと言われて(orz)初診終了。
「治すところは別にないので、クリーニングの予約をして帰ってください」ってことで(ほっ)(…ってか、8ヶ月前に治療は完了させてきたし…笑)、その予約が2日後。その速さに逆におののきました(怖)。

というわけで以下、参考までに、2006年4月1日から「明瞭会計」になった、NHS系歯科医の料金体系です。
おもしろいのは、イングランドとウェールズで料金が違うことでしょうかね(笑)。(ウェールズは歯科の基本料金も安い上に(*以下参照)、投薬(処方箋で出だされる薬)はすべて無料なので(イングランドは有料です)、数字の上だけで見ればお得です。(質に関しては、どこでもロシアン・ルーレットのようなもんなんでしょうけどね。)

まずは、イングランド。


*ここからダウンロードできます。>> NHS dental charges: what you should pay

そしてウェールズ。(3バンドの内容はイングランドと同一です。)

>> How much does NHS dental treatment cost? (NHS Direct Wales)

虫歯があってもなくても、一年に一度診察を受けないと、登録は抹消されることになりますが、大きな問題が起きない限りは、NHS系の歯医者の料金は、まあ仕方ないかな...と。
ただ、複雑な虫歯とか抜歯とかは、やっぱり旅費をかけても日本に行くかなぁ...と、いまだ思ってますけどね。
(ちなみに、プライベート歯科の料金は、歯科医によって全然違うそうで(怖)、その平均値とピンからキリまでをピックアップしてあるサイトがこちら↓。参考になるかもです。それにしても高いですよね。)
>> The cost of private dental treatment in the UK

ちょっと古い記事なのだけど、「Guardian」紙のこれも参考になるかも...です。
>> Brace yourself for dentist fees

それから子どもに関しては、18歳以下はすべて無料で診てもらえます。(> NHS)
うちの子も今、部分ブレースをつけて矯正治療してますが、これもすべて無料。
日本の(子どもの)ブレースは100万近くかかる...というのを、友人に聞いたばかりだったので、このあたりは複雑な心境ですかね。(もちろん、UKのブレースは日本の最新のものと比べたら、「えええ!」ってなくらい旧時代のものなんですが…苦笑)。

いずれにしても、次回の帰国まで、虫歯になりませんように...(祈)。

関連記事

-4 Comments

snowbees says..."日本の歯医者はワーキング・プアである?"
日本の歯医者の現状です:
http://facta.co.jp/article/200708015.html
2007.12.01 06:52 | URL | #- [edit]
みら says...""
> snowbeesさま
ほんとに医療というのは、どこにいても一長一短ですよね。
しかし、痛くなったらどこかに「歯医者」がある日本というのは、ただただうらやましいです。
2007.12.01 09:47 | URL | #mQop/nM. [edit]
snowbees says..."英国の歯医者は過小である?"
英国の歯医者の人数です。確かに過小である?
http://www.ic.nhs.uk/pubs/dental0607
<The number of dentists on open NHS contracts as of 31 March 2007 is reported as 21,041 in England.
There is a dentist on an open NHS contract for every 2,397 population
61 per cent of all dentists were male and 39 per cent were female. Younger dentists were more likely to be female (54 per cent of all dentists aged under 30) while older dentists were more likely to be male (86 per cent of dentists aged 60 and over)>
2007.12.05 07:38 | URL | #- [edit]
みら says...""
> snowbeesさま
数も少ないですが、質も良くないので(これは、一般の医者も同じですが)、やはり「NHS」制度に問題があるということでしょうね。
2007.12.05 07:58 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1677-b806d72e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。