スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Control

Posted by みら on   0  0

ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division)に関しては何度も書こうと思いつつ、その機会を逃していたのですが、23歳で自ら命を絶ったイアン・カーティス(Ian Curtis)を軸にした映画、「Control」(←音、出ます...)は、私の周りでは非常に評判が良かったです。
やっぱりイギリス人にとっての「Joy Division」や「Ian Curtis」というのは、ある種、記号的に意味があるんだなぁ...と。
いずれにしても、この映画で最高なのは、サマンサ・モートン(Samantha Morton)だったんじゃないか...という気もしますが。

最近、何を書くにしても断片的で、読みづらくて申し訳ないのですが、「Joy Division」は、後に、私の師でもあるコリー・クラーク(Kory Clarke)が、「Drugs, God and the New Republic」でカヴァーしており、個人的にも何かと思い出深いのです。

...きっとまたあとで追記します。おそらく。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1691-3e7b5213
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。