スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

People in Groups

Posted by みら on   4  0

「日本人は集団主義的で、欧米人は個人主義的である」云々...という一般論はよく聞きますが、「どこが!?」と疑うことのほうが多いです。

子どもがセカンダリーに進学して以来、同年代のみならず、いわゆるティーンたちと接する機会も多くなりましたが、そのグループ分け、カテゴリー分け、レーベル付けには驚くばかりですよ、ほんと。

というわけで、いくつかの名称(グループ)をご紹介。
まず、以前もネタにしたことがある「Emo(イーモ))」。(>> emo
ティーン以上でも目にすることの多い「Goth(ゴス)」。
どのカテゴリーに分類されるのも嫌っている...というカテゴリーの(笑)、「Mosher(モッシャー)」。(←旧き良き時代のメタラー風)
(このみっつは似ているようで、でも一緒にすると嫌がられます。)

これら(↑)と対極にあり、お互い嫌悪の対象となっている「Chav(チャヴ)」(>> チャヴ -Chav-)。目印はナイキのトレイナー(スニーカー)。
この「Chav」寄りの「Townie(タウニー)」(*イギリス/英国で使われる「Townie」は、他の国で使われるそれとは全然意味が違うのでご注意を。ちなみに、もちろん自転車ではないです(笑)。)

さらに、「Sk8r」。(←敢えてこう書いてみましたが、もちろん「Skater(スケーター)」。)
説明はいるまい...「Punk(パンク)」。

そして、「Emo」と似ているけど、でももっと"トレンディ"(笑)でライトウェイトな「Scene Kid(シーン・キッド)」。
日本では死語かもしれないけど、ここでは別の意味で存在する「Trendy(トレンディ)」。

違いは、音楽とファッション。とにかく単純(笑)。
しかし学校内では、Chav対Emo とか Chav対Goth なんかの抗争(...ってほどのことでもないだろうけど)もあるそうで、しっかり派閥しているそう。ふうん。

次回、それぞれの「ステレオタイプ」なファッションと音楽についてまとめてみましょう~。

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-4 Comments

ぐめ says..."古過ぎ"
若者の派閥と聞いて、シャーク団とジェット団しか思い浮かばない私。。。(涙)
2008.01.31 21:08 | URL | #2QgyWGEk [edit]
Dill says...""
我が家の2人の子もセカンダリーに行き始め、意味のわからない単語をぽんえぽん使うようになりました。
みらさんの説明に、2人ともそうそうと乗り出してきて、詳しく追加解説してくれました。 
とりわけ娘曰く、タイプによって、アイライナーの入れ方が違うそうです・・・そう中学にして学校は化粧OKです。(どうもこの辺の学校はどこもそうらしい。娘の学校はどうっちかと言えば地味な方)
マスカラは必需品という娘の主張に、京都出身の父親は、目が腐る、と意味不明のことを言って煙たがれています。
2008.02.01 03:19 | URL | #- [edit]
みら says...""
> ぐめたん
わーっははは!>West Side Story
って、それかなりプロですからっ!普通、ウェスト・サイドに行き着きませんからっ!(笑)
2008.02.01 10:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Dillさん
おお、やはり、セカンダリー効果!(同感デス)
ほんと、プライマリーからセカンダリーって、わずかの差ですが、しかし急に大人になるものですよね。
そうかそうか。女の子の場合は、アイライナーにも特徴ありなんですね。深いなぁ(感慨)。←違うか...笑

もちろん、こっちも化粧OKです。ピアスは小学生の頃から、男女に関係なく当たり前のようですし(うっ)、かなり濃い化粧の子って多いですよね。ちなみに男子もアイライナー、ありです。(> emoとgoth)
驚かされること、多し...です。
2008.02.01 10:59 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1725-0ab0b1b3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。