スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処方箋薬の複合摂取 -ヒース・レジャー-

Posted by みら on   6  0

1月22日に28歳の若さで亡くなったヒース・レジャー(Heath Ledger)。ニュース映像に愕然としてしまって、憶測でいっせいに流れた「オーヴァードーズらしい」という報道をそのまま書き残してしまいましたが(>> ヒース・レジャーの死)、ヒースの死因が正式に発表されたので(2月6日)、誤解が残らないよう、記載しておきます。

死因は、処方箋薬(Prescription Medications)の複合摂取による急性中毒(Acute intoxication)。つまり事故死。
ドラッグのオーバードーズでも睡眠薬の過剰摂取でもありませんでした。

複合摂取してしまったものは、
oxycodone(オキシコドン) / hydrocodone(ハイドロコドン) / diazepam(ジアゼパム) / temazepam(テマゼパム) / alprazolam(アルプラゾラム) / doxylamine(ドキシラミン)

これら(↑)を、より耳慣れている薬品名で示すと、
Oxycontin(オキシコンチン):痛み止め。癌性疼痛の治療薬としても使われるくらいの強いもの。
Valium(ヴァリウム):抗欝剤/抗不安剤
Xanax(ザナックス):抗不安剤(*日本では、「ソラナックス」として知られているそうです。)
Unisom(ユニソム):抗ヒスタミン系の睡眠薬(*日本では「ドリエル」?)

それから、「Daily Mail」の報道なんかでは、「Hydrocodone is another name for ibuprofen.」と書かれていますが、
>> Coroner rules Heath Ledger died of accidental overdose from deadly cocktail of six different pills
これは、ちゃうです。
イブプロフェンは、ハイドロコドンの別名じゃないです。
一瞬ひやりとしましたが…。

アメリカ同様、抗欝剤や抗不安剤がいとも簡単に処方され、さらに睡眠薬の購入もまったく問題がない英国ですが、複合摂取がいかに危険であるか...と、再認識させられた人も多いかもしれませんね。(…と、ヒースのお父様も語ってらっしゃいましたが。)

自殺や意図的なODではなかったことに、ややほっとしつつも、「でも、なんでこんなにミックスして飲んじゃったんだよ~(号泣)」と、再び悲しくなったのでした。
合掌

関連記事

-6 Comments

ぽめ says...""
どうしてそんな闇鍋パーティーみたいな摂取のし方したんだよおぉ~~(涙)。バカばかばかあぁ~~(鼻水)。

数日前、夜中にTVで彼の映画(タイトル失念)をやっていたのを見て泣けてきました。なんで、なんで・・・しくしくしく。
2008.02.09 04:34 | URL | #MiKfgRIk [edit]
ninny says..."こんにちは"
ヒースの亡くなった原因、明らかにされていましたね。
でも新聞の見出しだけだと、「薬物の過剰摂取」で誤解が解けないままになりそうで、悲しいです…。

しばらく『ロック・ユー』のDVDのパッケージを見ながらまた切なくなって棚に戻す今日この頃です。
葬儀にはかつての彼女や友人たちが駆けつけたようで…もっと、色んな場面で彼を見たかったなあ。
2008.02.10 00:12 | URL | #w1HgZK1c [edit]
ころーる says..."残念ですよね。"
亡くなったことはとても悲しく、残念でしたが、自殺じゃなかった
んですね。
でも、こんなにたくさんお薬飲んでたんですね。ストレスの
かかるお仕事なのでしょう。
それにしても、事故だったと知ると、ますます残念な気持ち
が強くなります。
2作品しか出演作を観たことがありませんが、印象的な
俳優さんだなぁと思っていました。
つい最近、もう一度「ブロークバック・マウンテン」を観ました。
フィルムの中で生き続ける姿が、悲しく感じました。
2008.02.10 17:04 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
みら says...""
> ぽめしゃん
睡眠薬、抗不安剤はわかるとして(納得してしまうのも悲しいが...)、なんでそんなに強いペインキラーまで...と、余計に悲しくなってしまいました。
本人は、絶対死にたいなんて思わなかったんだよね。そこがさらにつらいっすね。RIP
2008.02.11 08:09 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ninnyさん
そうなんですよね。新聞の見出しは酷なもので、「薬物」とか「過剰摂取」とか「薬物中毒」とか、一語一語は正しいとしても、こういう時期なので、もう少し違う見出しをつけてほしいかな…という気もします。
ほんと。もっとたくさん、映画で観たかったですね~。
まずは、この夏の「ダーク・ナイト」で切なくなりそうです。
2008.02.11 08:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ころーるさん
そうなんですよね。自殺やドラッグのODによる自暴自棄な死でなかったことだけは確実になったので、ほっとはしましたが、でもさらに悲しいですよね。
私も、「ものすごいファン」...というわけではなかったのですが、でも映画の中での存在感が強かったし、なんせ今年は「ダーク・ナイト」の年なので、さらに衝撃が大きかったです。
映画の中や音楽の中で永遠に行き続けるアーティストは、ある意味「美しい」のかもしれませんが、しかしそこにはいつも、残酷な悲しみが残りますね。
合掌
2008.02.11 08:15 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1733-30e4eacf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。