スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Country for Old Men

Posted by みら on   6  0



暴力には暴力の道があり、結局それは、正義だの法だの良心だの、そんなものでは太刀打ちできないわけで、運命の流れで「暴力」と邂逅してしまったら、その先にあるのは「死」でしかない。「暴力」がコインをフリップして、裏か表か(Head or Tail)聞いてこない限りは...。

…と思った、情け容赦なくおっとろしい映画でした。>「No Country for Old Men

いまだに目をつぶると、「血」「死体」「血」「死体」「血」「死体」「血」「死体」...です。
んが、不思議にグロテスクに思えなかったのは、すべてがメタファーになっちゃうからなのかもしれません。
さらに、こんなにおそろしい映画なのに、笑いどころが満載で、館内、くすくす笑いが途絶えないの。これがまた良き息継ぎになって、2時間が結構早く過ぎました。
しかも最後の30分くらいの急展開が、画面から目が離せなくなるくらいにすごい。

ネタバレになっちゃうと申し訳ないので、詳しくは書きませんが、玄関を出て靴の底を見る...なんていうのは、もう「おおおーっ」ってな感じでしたです。

テキサス訛り全開のトミー・リー・ジョーンズも良かったけれど(...ってか、ほとんどの出演者が見事に良かったのだけど)、しかしもちろん最高に圧巻だったは、ハビエル・バルデム(Javier Bardem)。
一瞬、昔の坂本龍一を髣髴とさせるような(違)トレイラー画像(YouTube -Miramax-)とスチール写真でしたが、ハビさんの怪演なしに、この映画は語れませんよね。
オスカーの「助演」は、ぜひぜひ彼にとっていただきたいな(念)…と。

余談ですが、シガーのトレードマークでもある武器のエアガンのようなものは、家畜を屠殺する際に使うスタンガンなんだそうで、こちらでは「ケトルガン(Cattle Gun)」とも呼ばれるそうです。

さて。
この映画で何が一番難しかったかといえば、テキサス訛りの理解。これ、ほんとに難しいでし。…というわけで、聞き逃した言葉もあったので、も一回観てもいいかな…と。
そしてやっぱり「最後」はいまだに自分の中で咀嚼し切れてません。解釈は、ひとそれぞれらしいですが、その解釈の一歩手前で躓いた状態の私。orz ううむ。

... And then I woke up.
関連記事

-6 Comments

fussyvet says..."見たいけど見れるかな"
こんにちは。
とても興味をそそられましたが、後味悪い映画ではないですか?疲れているときに見たら、よけいに落ち込みそうですかね。
トミー・リー・ジョーンズは結構好きなのですが、スプラッターとか、罪のない人が死ぬとか、そういうのでしょうか?英語のオフィシャルサイト行きましたが、trailer見ただけでドキドキしてしまいました。それ以上に含蓄のある映画ならいいのですが、みらさん的にはどうですか?海外のレビュー読んでも迷っております。
2008.02.21 16:07 | URL | #- [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
私からは素直におすすめです!
直行型ではなく、観終わって、じわじわくるタイプの浸透型な作品でした。
絶賛派は確かに多いですが、でも嫌悪されてる方も多いようで、好き嫌いは分かれそうですね。

> 後味悪い映画ではないですか?
…と、最初は私も思ったんですけど、まったくそんな感じはありませんでしたよん。
ただ、終わり方に、「え?」と思われる方も多いかも。

> スプラッターとか、罪のない人が死ぬとか、そういうのでしょうか?
スプラッターでは、全然なかったです。
もっとリアル…と表現すればいいかな。

「罪のない人が死ぬ」のは確かにそうなのですが、そこに映画の伏線があるのかな...と、私は感じました。戦争とか犯罪とか事故とかテロとか、結局、「罪のない人が死ぬ」わけですよね。
シガーをメタファーと考えると、精神的にじわじわおそろしくなるのだけど、しかし、結局こういう世界(国)なのか...と。

トレイラーを観たときは、観るのはやめようと思ったのですが(笑)(なんだか不気味なだけでよくわからなかったので...ははは)、でもこれはトレイラーにはおさまらないな…というのが実感です。

…で、いたるところに「含蓄」だらけの映画です。
それを直接的に伝えるんじゃなくて、間接的に見せられるのが、さすがコーエン兄弟なんだな…と納得しました。
最後の30分を観るだけでも、行く価値のある映画だと思います。

えと、でも、2箇所ほど、目を背けたシーンもございました。「ぐわぁぁぁぁぁーっ」でした。orz
2008.02.21 20:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
fussyvet says...""
みらさん、詳しくありがとうございました。
「ぐわぁぁぁぁーっ」が気になりますが、見たくなりました。私もトレイラー見ただけでは不気味なだけで訳わからず、ますます興味をそそられてしまいお尋ねした次第です。スプラッターでなければ大抵大丈夫だと思います。念のため、体調を万全にして(?)見に行きたいと思います!ありがとう。
2008.02.22 17:03 | URL | #- [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
今週末は、オスカーの行方が楽しみですね。「No Country for Old Men」はかなり有力視されているようです。
私もスプラッターは全然だめなのですが、これは血が多いわりには、どういうわけか気持ち悪さが少ないんですよ。でも人はばたばた死にますので、ご注意くださいませ。
楽しまれるといいのですが…。(やや不安。...)

2008.02.24 10:14 | URL | #mQop/nM. [edit]
fussyvet says..."遅ればせながら…こぅわぇ~"
みらさんから半年以上遅れて、TSUTAYAから送られてきたレンタルDVDを今日見始めたのですが、次どうなるかわからない怖さに最初の40分で休憩中。怖い、怖い…。何が怖いって、別に死体も気持ち悪くないのだけれど、ハビ様が怖すぎます。いつ、どこから出てくるのかと思うと、怖すぎます。常に指の間から画面を覗かずにはいられない感じ。小心者と笑われるでしょうが、本当に怖い。でも、まだ途中ですが、みら様のこの記事の意味するところがわかるような気がしました。
というわけで、気を取り直して、少しビールを入れて、残り見ます。この調子だといつ見終わるかわかりませんが…、こぅわぇ~!
2008.10.09 22:34 | URL | #1qJCdU76 [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
おおーっ!鑑賞されてますか!
そうなのよーっ、ハビ様こわいですよね。さすがアカデミー賞のこわさですよね。
これならその辺のホラーよりもこわいよね。うんうん。
40分…っていうと、あのあたりですね。むふふ。後半にかけてがまたすごくて、しかし、だんだん納得度が高くなって、「ほお」って気になれるかも。
ぜひぜひ感想、聞かせてくださいまし。
2008.10.10 04:09 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1741-24d20bc1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。