スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚と猫

Posted by みら on   0  0



港町の大衆食堂で、地元民とともに食べる色気も飾りもない巨大な「揚げ魚」。



息子は「揚げ芋と揚げ鱈」で、私は「揚げ鱈のみ」。
(夫は、「目玉焼きに揚げ芋」だったっけ?←デフォルトであるんですよ、このメニュー。「Fried Eggs and Chips」。しかも、揚げた芋と卵だけで、一皿1000円くらいするのよ。

そうそう。目玉焼きに関しては、ものすごおおおおく興味深いレシピを発見。
"You can't get much more British a dish than fried egg and chips."という前文ではじまる、ガーディアン(Guardian)の昔の記事ですが、かの有名な三ツ星レストラン、「The Fat Duck」のHeston Blumenthalの「Fried egg and Chips」レシピ。
>> Good fry day

「チップス(フライドポテト)」は、短冊に切った芋を水につけて、それから流水に5分(!)さらしてスターチを完全に流して、→→ 真水で柔らかく茹でて、パッドにとってから冷蔵庫で完全に冷やし、→→ 130℃の低音で揚げて、冷蔵庫で再び30分寝かして、→→ 次に190℃でからりと揚げる。
…んだそうです。
時間と心の余裕ができたら試してみよう。

「フライド・エッグ(目玉焼き)」は、まず白身と黄身を分けて(!)…、きゃあああああ、書くのも面倒なので、上記記事参照のこと(↑)。
これは興味津々なので、明日にでも真似してみますわ。成功したらアップします(笑)。



...で、なんの話だったっけ?
あ、そうそう。大衆食堂の「フィッシュ&チップス」。
一応、有名な大衆食堂なんですけど、「そんなに言うほどは美味しくない」というのが毎回の感想。

さて。
曇りで風の強い日、仕事前に窓を開けて掃除をしていたら、私になんの断りもなく、猫が一匹、勝手に入って寝てました。orz
しかも近づいたら、「シャー!」言うし。(「シャー!」返したら、黙りましたが…。ってか、私の家ねん!)

どっかで見たことあるよな…と、過去記事を辿ってみたら、 (笑)。
3年前の同じ時期ですやん。不思議なもんだわね。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1743-d9058bee
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。