スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子

Posted by みら on   8  0




英国社会は、障害者に優しい。

さて、とある晴れた日。
学校そばの大きな鉄のゲートの前で、車椅子に乗った男性を見かけた息子と友人君。ゲートを開けるのに困っていた様子だったので、息子が助けようとしたときに、友人君が息子を引き止めてひと言。

"He's gonna get off soon."

「へ?」と思って、近くで黙って見ていたら、実際、椅子からさくっと立ち上がり、歩いてゲートを開けて、車椅子でゆうゆうと通り過ぎていったらしい。

友人君は、隣町のワーキング・クラスが多い地域に住んでいる。
「多いんだよ、こういう人たち。車椅子だと何でも優先してもらえるから、わざと乗ってるんだよな。」とのこと。

すごい!
待遇が良すぎるのも考えものなのか…。

-----
ネタは山ほどあるのに(それもどうかと思うが…)、帰国後なかなかブログに集中できません。orz
こういうときは、ガツンと映画を観ると気分転換になるのに、見たい映画もなく…。
倦怠期かしらねえ(違)。

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-8 Comments

Yuki says...""
こんにちは。昨日まですごく暑かったのに、今日はまたひどく寒いです。ぶるぶる。(このままだとまた夏なし?)そちらはいかがですか?

私には障害者の友人がいるのですが、彼の住んでいる地域はものすごく荒れていて、そこに住んでいる子供達は、彼が歩いていると、石や空き瓶を投げつけて喜んだりします。障害者のことを考慮できる社会というのは(たとえそれを悪用する人がいたとしても)それができない社会よりはずっと良いと思いますが、その裏で、障害者に石を投げることが楽しいと思うような環境に育つ子供もたくさんいるわけで、彼らが大人になってまた同じような子供達が育って行く、、、と思うと、本当に心が暗くなります。そういうのもこの国の持つ一つ大きなの問題だなあ、と感じます。
2008.04.24 17:59 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Yukiさん
昨夜は夏のような(...)蒸し暑さでした~。
今日はまだ暖かいですが、だんだん寒くなるのかな(ぶるっ)。

障害者や老齢者を虐めて楽しむ子どもは、残念ながら多いですよね。>英国
なんか、社会の歪みが子どもを通して弱者に向けられているようで、悲しい...というか、おそろしいです。
2008.04.24 19:24 | URL | #mQop/nM. [edit]
ころーる says..."す、すごい。"
へぇ~、そんなことする人がいるほど、優遇されてるんですねぇ。

そして、Yukiさんが書かれているような、障害者に石や空き瓶
を投げつけるような地域があるというのもビックリです。

実は私、先週テニスのレッスン中に肉離れやっちゃいまして、
それ以来松葉杖生活なんです。
現在は、ギブスもとれ松葉杖1本になったんですが、
それでもかなり不自由な生活を強いられています。

病院と自宅の往復くらいしか外出していませんが、それでも
社会の冷たさはひしひしと感じます。
会計の際にまとめて呼ばれるんですが、松葉杖で必死に
並ぼうとしていても、サッと横から割り込む人がいます。
お財布を探すために立ち止まってバッグを探っていると、
その隙にもサッと割り込んだり。
なんだか、ムカつくというよりも悲しかったです。
子どもじゃなくて、大人(それも年配者)だったりするんですよ。

日本では、電車内で席を譲るだけで美談になるというほど
弱者には厳しい状況です。
とにかく段差とか階段とか多くて、松葉杖じゃ出かけられない
場所ばかりですしね・・・。
この経験を忘れずに今後の人生に生かしたいと思っています。
2008.04.25 21:37 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
ぽめ says...""
Little Britainだ(笑)。
2008.04.25 22:24 | URL | #MiKfgRIk [edit]
みら says...""
> ころーるさん
うわぁ、肉離れ、痛そうです。だいじょうぶですか?
慣れない松葉杖生活は大変そうですね。
どうぞお大事に!

私は子育てをドイツで行ったのですが、時々日本に帰って、赤ちゃん連れのお母さんたちに、町や公共の場所(電車とか駅とか)がいかに冷たいかをしみじみ実感しました。これはきっといまでもそうですよね。
バリアフリーや障害者への気配り、心配りなんかは、さすがにドイツや英のほうが進んでいるなという気がします。
…が、そのせいで、それを悪用する人も出てくるんですよねえ(とほほ)。
逆に、弱者にとっては、格好の餌食にもなるわけで、悲しい状況も多かったりするんでしょうね。ううむ。

そうそうそう!階段、多過ぎですよね!同感です。
2008.04.28 06:45 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ぽめたん
そうなのよん。アンディとルーの世界だわよね。がはは。

(私信: まだ「禁止」になってるよううう。しくしく。)
2008.04.28 06:46 | URL | #mQop/nM. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.28 23:25 | | # [edit]
みら says...""
こらーーーっ!!!飛び込むなぁーーーっ!(笑)
でもよかった、解決して。ほっ。v-91
2008.04.30 07:22 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1771-504206c6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。