スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2%

Posted by みら on   2  0

久方ぶりに、テンプレを変えてみました。
以前から、ぜひお借りしたい!と狙っていた、Nefertさんの「Amaris」を、マイナー・カスタマイズ。感謝です。

今週は、「The Apprentice」で、唯一の「クラス」だったレイフ(Raef Bjayou)が、ほとんど意味なくFireされて、やけに悲しい週の後半。orz
下馬評では「今年の勝利者」と確信されていただけに、かなり不満な途中経過。
実力の面では確かに「んん?」なところもあったのだけど、しかし、彼のマナー、言葉、洋服、髪、ルックス、仕草...、どれをとっても、「目に麗しゅう」ものだっただけに落胆(笑)。

インタビュー読むと、おもしろいんだけど…。
>> Proud to be pompous (Guardian)



話変わって、Guardianの「The end of easy meat?」を読んでいて、英国でのベジタリアンの割合が、2%...というのに、「嘘でしょ!?」と首を傾げました。(時々魚なんかも食べる、いわゆる「なんちゃってベジタリアン」は、5%...とのこと。)
2%で、この「ベジ食材普及率」というのは、一体…。
んと、記事の内容は、昔から言い古されていることの使い回しで、「いまさら、なんねん?」て感じですが、なぜか数字のみに目が行きました。

いまはうちもかなりの「フレキシタリアン(Flexitarian)=菜食が基本なのだけど、時と場合によっては、肉も魚もいただく」になっていますが(以前は、強固なベジタリアンでした)、息子はいまだに、赤身の肉はかたくなに食べません。
7月に学校でフランス旅行してくるんですが(*フランス語を履修している子たちの語学研修というのが名目だけど、ドイツ語を履修している子も参加可能な学年末旅行)、食事の選択肢は、「バーガーとかベーコンなんかが出たら絶対に食べられないから」という理由で、ベジタリアンを選択。
「2%」(←こだわる!笑)でも、ベジタリアンの選択肢があるんだよなぁ。日本だったら考えられないような気がします。ま、宗教も入り組んでいるから...ってこともあるんでしょうけどね。>UK

晴れの日が多かった先週に比べて、今週はいきなり初春に逆戻り。雨も多く、「これで夏は終わったのか!?」と危ぶむ日々。(去年のことがあるからねえ...。)
来週の月曜日がバンクホリデー(Spring Bank Holiday)なため、週末はさんで3連休の大英帝国。祝日が異様に少ない国なので、連休が晴れてくれるといいんだけどなぁ...と、贅沢な希望を唱えております。(洗濯したいものがたくさんあるのよううう。)

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-2 Comments

じゃん says...""
2%、私もビックリですー。
レストランやカフェでもベジメニューがあるし
食材も多いので、もっとベジタリアンの割合が高いのかと
思ってましたよ。

こちらも今日は午後から雨でした。
週間予報でも傘マークが増えてきたので、梅雨入り近しかも(涙)。
2008.05.24 23:06 | URL | #C9/gA75Q [edit]
みら says...""
> じゃんさん
意外と少ない数字ですよね!
結構、いろいろ食べるベジタリアン(?)が多いのかもです(笑)。あとはやっぱり、故リンダ・マッカートニーの影響がいまだにかなり強いのかなぁ...と。

うわああ、梅雨入りですか!!こちらも雨続きで、一年中梅雨のようなもんです。orz うわぁぁぁん。
2008.05.26 09:04 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1788-cab9dc9d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。