スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス人のための東京ガイド

Posted by みら on   2  0

シドニー・ポラック(Sydney Pollack)死去のニュースをいままで知りませんでした。合掌
監督作品として私が最後に観たのは「The Interpreter」でしたが、出演しているのを最後に観たのは「Michael Clayton」だったかな...。ただ、個人的にもっとも印象に残っているのは、「オーケストラ・シート(Fauteuils d'orchestre)」です。
ご冥福をお祈りいたします。

さて。
ちょっと興味深かったので、以下メモ代わり。
>> The best way to find meaning at work? Don't look for it (BBC)

次のさて。
ここ1週間ばかり、日本の動物のニュースがふたつ、報道されてました。
まずは、自分の名前と住所を喋って(!)無事帰宅できた、流山市の迷子ヨウムのヨースケくん。
>> Yosuke the escapee parrot knew his name and address (Times Online)
それから、和歌山県・貴志駅の猫のタマ駅長。
>> Cat puts Japan rail firm on track (BBC)
すごい。宮沢賢治の世界みたいだ。

日本関連で、イギリス人のための東京ガイドが載っていて、ちょっとおもしろかったので、再びメモ。
>> Tokyo: the insider’s guide (Times Online)
新橋のガード下っていうのは、「日本に行くならここ!」見たいな感じで英国では必ず出てきますが、日本のサラリーマンの象徴のような場所なんでしょうか?
さらにおかしかったのが、

..., Mitsukoshi and Matsuya, both of which have basement food halls that make Harrods look like Woolworths.


日本人のハロッズ人気からすれば逆の視点ですが、でも確かに言えてるかも(笑)。日本のデパ地下は偉大です!
東京国際フォーラム(Tokyo International Forum)も出てきますが、これは、ネオ屋台村とかいうやつのことかな?前回ミスしたので、次の帰国の時にはチェックしなければっ。

ところで、ザ・ペニンシュラ東京を利用した東京5泊の旅(英国発)は、£1,695(35万円)からとのことです。なんだか、安いんだか高いんだかわからなくなってきた。
関連記事

Category : UK
Tag : UK

-2 Comments

Le souffle mysterieux says..."Re: イギリス人のための東京ガイド"
管理人様、はじめまして。いつもブログを拝見しています。

「たま駅長」の記事を取り上げていただき、ありがとうございます。実は私はこの貴志駅の近くに住んでいます。赤字続きで廃止寸前だったこの貴志川線が、持ち直すことができたのは、まさにこのネコちゃんのおかげです。

貴志川線は、かつては大手私鉄の南海電鉄が運営していましたが、過疎化や自動車依存の田舎で、業績改善の見込みが立たず、正式に撤退を表明しました。南海電鉄も見込みのない路線経営に力をいれなかったので、確かに、今までは地元の人も乗るのを敬遠するような、おんぼろで汚い路線だったので、なおさら客足が遠のいてしまいました。

しかし、なくなれば困る人たちがいるのも確かなので、地域住民の存続を望む声で、和歌山電鉄が新たに後を引き継いでくれました。この会社、常に斬新なアイディアで、地域の活性化にとても貢献しています。

全国初の「猫駅長」や、若い女性や子供たちが喜ぶ「いちご電車」「おもちゃ電車」などを導入し、昔なら考えられないほど、この地域は元気になりました。

ネットで検索して見ますと、「たま駅長」は世界各国で紹介されているようです。先日も「日本を代表する猫」として、フランス映画の撮影も行われました。

今では国内のみならず、海外からもお客さんが来られるようになりました。一昔前なら、考えられなかったことです。管理人様も、日本に帰国される際には、ぜひお立ち寄りを (^_^)
2008.05.29 07:24 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Le souffle mysterieux さま
はじめまして!コメントをありがとうございます。
そうでしたか。そのような背景があったとは…。確かに鉄道の赤字による閉鎖は、地元の方には大きな打撃ですよね。そういう意味では和歌山電鉄さんのアイディアはすごいですね。
猫の駅長さんということで、最初は「一日駅長」かと思いましたら、本格的な駅長さんだそうで、まるで童話の世界にいるような気がしました。
こうやって海外でも紹介されて、さらに業績が上がると頼もしいですね。
私も一度行ってみたいです。機会があったらぜひ!そのときはタマ駅長にもお会いしたいものです。
2008.05.31 07:44 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1794-a49b4c74
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。