スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smoking in Van

Posted by みら on   0  0

ウェールズでは2007年4月2日より、公共の場所(レストランやカフェやパブなど)や仕事場での喫煙は全面禁止という法律が施行されています。(他の3国(スコットランド、北アイルランド、イングランド)も、時期は違えど同様で、英国内全面禁煙です。>> ステージ禁煙

食事中の煙草や、パブで服や髪につくタバコのにおいが嫌いなので、この法律、結構歓迎していたのですが、しかしこのニュース(↓)には呆然。

自営でペインター/デコレーターをしている58歳のゴードン・ウィリアムズさんが、自分所有のヴァン内で喫煙しているのを「違法」とみなしたカウンシル職員に切符を切られ、£30(約6千円)の罰金を請求された…というもの。
彼はフリーランスであったため、移動手段である車(スズキのヴァン)も「仕事場」と認識され、それでそのときはただ買い物途中だったにもかかわらず、即、罰金となったそうです。(げ)
これを不服として、ゴードンさんは異議申し立てを行う…とのこと。
>> Council punishes decorator with on-the-spot fine for smoking in his van (Times Online)
>> Painter fined for smoking in van (BBC)

自分の車の中ですよ。誰に迷惑かけるわけでもないじゃないですかっ。
バスやタクシーの運転手なら、車輌は"仕事場"とみなされて当然かもしれないけれど、彼のような移動や道具の運搬のための使用目的での車輌は、常識で考えても"仕事場"とは呼ばないだろうよ。>ウェールズ
なんだよ、この行き過ぎで理不尽なカウンシルは!? と思ったら、ここのカウンシルでした。orz

…というわけで、英国で吸うタバコにはくれぐれもお気をつけください。
つい、「 Smoking in The Boys Room」(M醇rtley Cr醇・)を歌いたくなったみら子でした。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1845-5d4a1532
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。